フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

アントニオ・ニエベス 戦う銀行員は井上尚弥から大番狂わせを狙う〜リング誌から

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月9日、井上尚弥が米国初上陸を果たす、HBO BOXING AFTER DARK、SUPERFLY まであと1ヶ月。

リング誌電子版で対戦相手のアントニオ・ニエベスが紹介されていたので、そのまま拙訳しちゃいます。

★★★ニエベスは、プロキャリアを通じて一貫したルーティンを守ってきた。起床したら早朝ロードワークに出かけ、帰宅したらすぐにPNC銀行に向かい住宅担保融資の銀行マンとしてフルタイムで働き、業務を終えたらストロングスタイル・ジムでプロボクサーとしての練習に励む。

プロボクサーと銀行マン。二つの顔を持つクリーブランド生まれの30歳は「みんなから大変なのによく出来るなと感心されるけど、ずっと続けていることだから苦にならないよ」と笑う。

しかし、キャリア最大の試合を控えてニエベスは銀行の仕事を休み、無敗の日本人に黒星をつけるべくボクシングに集中している。

HBOが全国生中継するBOXING AFTER DARKの興行、世界タイトルマッチの舞台に自分が選ばれたことに、ニエベスは驚きを隠せない。

「直近の試合(NABOバンタム級タイトルマッチ:ニコライ・ポタポフ戦)で負けているし、何よりジュニアバンタム級で戦った経験が一度もないしね。スーパーフライじゃないんだけど、スーパーフライって興行に出るんだから、驚きだよ」。

確かにニエベスはフェザー級でプロデビュー、最近はジュニア・フェザーかバンタムで戦っているが、ジュニアバンタムでリングに上がったことは一度もない。

井上の咬ませ犬扱いされていることについては「それだけ評価の高い相手と戦えるのはモチベーションが上がる。井上はほとんど見たことなかったけど、今回の試合が決まって調べてみると好きなように戦っているね。彼の思い通りにさせないこと、嫌がることをやることが作戦になる。こっちはジュニアフェザーやバンタム級で戦ってきたから、体格的には有利、体力で押し込んでラフな展開に持ち込みたい」。

長年、ニエベスのトレーナーをつとめてきたジョー・デルガイドは「速いし、パンチがあるのは認めるけど、対戦相手はやる気がないように見える。デビッド・カルモナなんかは勝つ気が無いじゃないか。今回はそうはいかない。井上は東京から出て戦ったことがない。彼が、東京以外の場所で同じように戦える保証はどこにもない」と、日本最高のボクサーにも付け入る隙があると考えている。

ニエベスが初めて格闘技に触れたのは、両親にマーシャルアーツの教室に連れられていった7歳のとき。次にキックボクシングを始めて、それからボクシングの道へ進んだ。両親のルーツ、プエルトリコの英雄、フェリックス・トリニダードに夢中になったニエベスは、次第にこのスポーツにのめり込んでいく。

ニエベスによるとアマチュアでは約90戦をこなし、クリーブランドのゴールデングローブ大会で5度優勝、2011年には全米ゴールデングローブで2位になりロンドン五輪出場にあと一歩まで迫った。

デルガイドは「中学時代から野球部のスター選手で運動神経は抜群、勉強も出来る優等生だった。チャンセラー大学に進学したニエベスから『プロボクサーにななりたい』と相談を受けた時は、卒業が先だと止めたんだ。卒業式に参列した私を見つけたニエベスは『さあ、約束を守ってくれよ。今日から私はプロボクサーだ』と駆け寄ってきたんだよ」と呆れ顔で、ボクシングへの情熱の炎を絶やさなかったニエベスを回想している。

いきなり飛び込んできた世界タイトルマッチ。ここで勝てば、ニエベスが描く大きな目標を叶えることが出来る。

ニエベスが目指すのは、ストロングスタイル・ジムで「二人目の現役世界チャンピオンになる」ことだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
THE SUPER FLY
世界の軽量級
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

怪物・井上、ついに9月に米国デビューへ【角海老-ボクシングコラム】

8月27日。亀海喜寛が日本ボクシング史上最大のビッグネームに必ず勝ちます。【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

画像庫御開帳(キック編182)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:26020
  • 累計のページビュー:996303

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  5. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  6. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  7. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  8. それでも、山中慎介の13連続防衛には、確かな意味があるのです。
  9. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  10. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss