フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

8月27日。亀海喜寛が日本ボクシング史上最大のビッグネームに必ず勝ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間8月27日、カリフォルニア州カーソン・スタハブセンター。WBO世界ジュニアミドル級タイトルマッチ。ミゲール・コットvs亀海喜寛。

いよいよ、その時が迫ってきました。

コットは、過去に日本人が戦ったどのボクサーよりもビッグネームです。

1960年代にはファイティング原田が当時のPFP1位、エデル・ジョフレを相手に2連勝を収めて世界のボクシングファンの度肝を抜きましたが、当時はヘビー級の時代、あのモハメド・アリを旗頭にソニー・リストンやフロイド・パターソンら最重量級のボクサーこそが世界のビッグネームでした。

世界的に人気の高い中量級の殿堂入りボクサーから世界戦で勝利を挙げたとなると、1992年にWBAジュニアウェルター級王者のエドウィン・ロサリオを1Rで粉砕した平仲明信の快挙が思い出されます。ロサリオはコットと同じプエルトリコ人で、メキシコのダニエル・サラゴザと共に、いわゆるボクシング大国ゆえのコネ殿堂入と揶揄されることもありますが、殿堂クラスかどうかはさておき、世界的な強豪王者であったことは間違いありません。

コットとロサリオ、時代が違うので単純比較は出来ませんが、評価・人気ともにコットが上です。両者ともにキャリア最大の大勝負(コットはマニー・パッキャオ、ロサリオはフリオ・セサール・チャベス)で惨敗を喫したという共通点がありますが、強豪とより多く戦い、より多くの勝利を積み上げたコットに軍配が上がります。

もちろん、ロサリオを叩きのめしたリングで、コットをも上回るビッグネーム、ドン・キングからも手を挙げられ惜しみない賞賛を受けた平仲の偉大さは、全く揺るぎませんが。 【1992年4月10日、メキシコシチーのエル・トレオ闘牛場で世界的なビッグネーム、エドゥイン・ロサリオをわずか92秒でストップ。日本ボクシング界は、井岡弘樹、鬼塚勝也、辰吉丈一郎と合わせて4人の世界王者を抱えることになり「ボクシング黄金時代到来」と盛り上がりました。たった4人程度で黄金期なら、常時10人前後がひしめく現在は何と表現すればいいのでしょうか。】

話を8月27日に戻します。

コットは36歳、戦績は40勝(33KO)5敗。亀海は34歳、27勝(24KO)3敗2分。

年齢的にはわずか2歳差、試合数はコットの方が多いものの、負け数が少なく、KO率も高い亀海の方が数字的な内容では上回っているようにも見えます。

もちろん、ボクシングは数字ではありません。しかも、相手は一発殿堂確実の伝説的なボクサーです。

ボクサーの評価は「誰に勝ったのか」で決まります。これに「誰と戦ったのか」を加えて、二人のキャリアを振り返ってみます。

まず「誰に勝ったのか」。

コットはケルソン・ピント(WBOジュニアウェルター)、ランドール・ベイリー(元WBA暫定ジュニア・ウェルター/未来のIBFジュニアウェルター/未来のIBFウェルター級)、デマーカス・コーリー(元WBOジュニア・ウェルター)、リカルド・トーレス(未来のWBOジュニア・ウェルター)、ポール・マリナッジ(未来のIBFジュニアウェルター/WBAウェルター)、カルロス・キンタナ(未来のWBOウェルター級)、ザブ・ジュダー(元IBF・WBOジュニアウェルター/元WBA・WBC・IBFウェルター級/未来のIBFジュニアウェルター級)、シェーン・モズリー(元IBFライト/元WBCウェルター/未来のWBA:スーパーのウェルター)、ユーリ・フォアマン(WBAジュニアミドル)、リカルド・マヨルガ(元WBA:スーパー・WBCウェルター/元WBCジュニアミドル)、セルヒオ・マルチネス(WBCミドル)、ダニエル・ギール(元IBFミドル)、12人の現役、元、未来の世界チャンピオンから勝利を収めています。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ミゲール・コット
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「8月27日。亀海喜寛が日本ボクシング史上最大のビッグネームに必ず勝ちます。」へのコメント

頑張ったけど負けた

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(キック編182)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

観戦記1351 WBO中南米ライト級王座戦 フェリックス・ベルデホvsファン・ホセ・マルチネス【人生マイペンライ】

いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:541
  • 累計のページビュー:1549155

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss