フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜④

このエントリーをはてなブックマークに追加

王貞治の756号本塁打に沸き立ち、具志堅の連続防衛記録に拳を握りしめたスポーツファンの純真は21世紀になって完全に絶滅しました。

Jリーグの誕生により世界と無縁ではいられない最も国際的なスポーツが日本でも確固たる地位を獲得、偉大な野茂英雄が重厚な扉を竜巻のごとく吹き飛ばしてメジャーリーグを席巻して幸運な後輩たちに頂点への道筋を示し、この国のスポーツファンは「本物」に目覚めてしまいます。

それまで、五輪を除くと世界を感じることができるスポーツはボクシングしかありませんでした。日の丸を見上げ、君が代を聞く具志堅用高を応援する1970年代のファンの気持ちは、現在ならサッカー日本代表や日本人メジャーリーガーに対する思いとなんら変わらない、もしかしたらそれ以上のものが確かにありました。

しかし、時代は変わってしまいました。

サッカーとベースボールはもちろん、テニスやゴルフも日本人が世界を感じることが出来るスポーツになってしまいました。ボクシング世界戦の地位が相対的に下落するのは致し方ないことです。いろんなスポーツがメジャーになるのは、その国のスポーツ文化が豊かな証拠です。

しかし、そんな〝外敵〟だけではなく、世界的な統括団体を持てないままのボクシング界は、承認団体と階級だけをいたずらに増殖させ、自ら世界王者の価値を暴落させていく愚行に走るのです。そして、一般人は日本人世界王者の名前すら知らないのが当たり前のマイナースポーツに成り下がりました。

「王がハンク・アーロンの持つ本塁打世界記録を更新する」「具志堅が挑戦するのは〝リトルフォアマン〟の異名を持つ強豪王者」。メディアが一方的に流す情報に素直に感動し、声援を送った20世紀のスポーツファンは、インターネットの登場によって狭量で懐疑的で陰険な性格に変質してゆきます。

この時代の風が最も厳しく吹き付けたボクサーが長谷川穂積でしょう。彼が1970年代までのリングに上がっていれば、純情なファンから惜しみない声援を受けるだけだったでしょう。もちろん2団体時代は、王者はもちろん世界ランカーも現在よりも2倍濃縮になるわけですから、10度防衛はその半分の5度に…ましてや1団体時代では世界王者になるのも難しかったでしょう。

長谷川が世界王座を奪ったのは、タイのウィラポン・ナコンルアンプロモーション。14連続防衛中でしたが、世界的に評価が高かった王者だったかというと?ですね。実際に引退から5年以上経過してますが、殿堂にはカスリもしていませんし、PFPランキングでもお呼びじゃありませんでした。

ウィラポンの世界評価が低い理由は、まともな相手に勝ってないからです。世界王座を奪ったのは辰吉丈一郎、14度防衛も辰吉との再戦に西岡利晃との4戦、計5戦が莫大な報酬が得られて安パイ、ローリスク・ハイリターンの日本人相手でした。

もちろん、層の薄い軽量級は強豪も少ないという事情はありますが、西岡と4年足らずに4度もやったというのは、これはもう世界タイトルを冒涜する犯罪的な行為です。

「(本来なら優先順位が低いのに)世界戦が出来たのはスライマン会長のおかげ」(辰吉丈一郎)、「 WBCには(いといろ便宜を図ってもらって)感謝している」(長谷川陣営)。

亀田兄弟という素晴らしい教師のおかげでWBAが芯まで腐った団体であることは日本のボクシングファンに浸透しましたが、なぜか「WBCはいい団体」みたいな明らかな誤解もあります。アルファベット団体はどこも同じです。全て芯から腐ってます。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜④」へのコメント

雑魚と言う言い方は選手に失礼かもしれませんが、
主さんも言うように世界ランカーに
相応しくない選手が多く居るのも事実です

石ころはどんなに取り繕っても石ころですし、
宝石はどんなに貶しても宝石です

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜④

隅々までお読みいただき、ありがとうございます。
「世界ランカー」としては、雑魚としか表現のしようのない選手が少なくない現状は嘆かわしいことです。

内容はともかくですが

選手にたいして「雑魚」はないんじゃないでしょうか?
プロフィールでどんなに気取ったこと言っても御里が知れますよ。

こんな記事も読みたい

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜③【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

村田対エンダム【猫と観るスポーツ】

画像庫御開帳(キック編181)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:541
  • 累計のページビュー:1549155

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss