フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜③

このエントリーをはてなブックマークに追加

具志堅用高の時代、1970年代までは軽量級のボクサーに「ラスベガスだ」「世界の舞台だ」と煽るようなファンはほとんどいませんでした。それは1980年代に入っても変わりません。

1986年に日本史上最高の1ラウンドを演出して WBCジュニア・ウェルター級王者となった浜田剛史は、ライバル王者は地味なパトリツォ・オリバだったものの、1階級下のライト級にはヘクター・カマチョとリビングストン・ブランブル、更にすぐ上のウェルターには統一王者ドナルド・カリーが君臨していました。浜田は期せずして、途轍もないホットゾーンのど真ん中に飛び込みましたが、この状況に興奮したのは一部のボクシングマニアだけでした。

浜田の衝撃的な王座奪取に狂喜乱舞したファンにとっても、カマチョやカリー、この年にカムバック宣言するシュガー・レイ・レナードら世界的なスーパースターは日本人が挑むのもおこがましい存在で、そのことをファンの方がわきまえてしまっていた時代でした。

世界ジュニア・ミドル級王座も、中量級でありながら当時の日本人には馴染みの深いタイトルでしたが、輪島に「カルロス・モンソンを倒して2階級制覇だ!」なんて発想は本人にもファンにもなく、悪い意味でも身の程をわきまえていたのです。

今なら、浜田に対して「カマチョを日本に呼べ!」「カリーとベガスでやれ!」とネットは大盛り上がりだったでしょう。

そんな牧歌的な時代、ファンが世界戦をおとなしく楽しむ謙虚だった時代に、超日本級の天才が現れ、謙虚なボクシングファンも「こいつなら本物の世界でも通用するのでは」と色めき立ちました。「ファイティング原田以上の天才」と呼ばれた倉敷出身の少年の注目度と評価は、プロ入り前から傑出したものでした。

最近では亀田兄弟、井岡一翔、井上尚弥らがプロ入り前から注目されていましたが、辰吉丈一郎に注がれた視線の熱度は彼らをはるかに凌駕していました。 【デビュー前からその注目度は群を抜いていました。浪速のジョーは、最初はニュー〝浪速のロッキー〟。世界的なボクサーになると確信された才能は、ファンが最初に期待した場所に辿り着くことはありませんでしたが、47歳の今なお現役と言い張り、生き様で多くのファンを魅了する浪速節に昇華しました。】

渡辺二朗をスパーリングで圧倒し、チャベスやタイソンの動きを簡単にトレースする器用さを披露した辰吉にはデビュー2戦目で、マイク・タイソンの世界戦〝東京ショッカー〟の前座、東京ドームが用意されます。前タイ王者を2ラウンドKOで倒して、大観衆は狂喜しましたが、このときすでに致命的な欠陥を露呈していたことに気づいていた人はいても、指摘する人は誰一人いませんでした。

晩年再三指摘された、ガードの甘さです。特に右のガードが不用意に下がるクセは最後まで修正されることはありませんでした(失礼しました!まだ引退していないのでこの言い方は間違いですね)。

フロイド・メイウェザーが典型ですが、防御とガードの高さは、絶対的なペアではありません。

実はボクシングの技術で最も有効なブロックは手と腕によるガードではありません。ショルダーロールです。

そして、ショルダーロールはガードを低くしてこそ機能します。ただ、この技術はエイドリアン・ブローナーですらマスターすることが出来ない難解な技術です。そして、ブローナーを見るまでもなく、完全に習得できないなら、これほど危険な技術はありません。現役選手でまともに体得しているのは、アンドレ・ウォードただ一人だけでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

村田対エンダム【猫と観るスポーツ】

画像庫御開帳(キック編181)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜②【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:752
  • 累計のページビュー:1547899

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss