フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜②

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的な統括団体が存在せず、任意の承認団体だけが乱立、階級も17までに増殖した現在のボクシング界では、アルファベット団体の世界王者は数多く存在する世界王者の中の一人に過ぎません。

承認団体が一つしか無かった時代、8階級しか存在しなかった時代では、たった8人しかいない世界王者を倒す以外に世界王者になる方法はありえませんでした。もちろん、世界王者に挑戦するには、唯一無二の本当の世界ランキングに入らなければなりません。

今、WBAやWBC などアルファベット団体が発表している世界ランキングは、どれもこれも欺瞞に満ちたインチキランキングです。リング誌では「OLD SCHOOL 8」というミニコーナーで「もし今も8階級だったら誰が世界王者か?」を4人の専門家が独自の8人を挙げています。

ここで、編集長のマイケル・ローゼンタールをはじめ4人中3人が、井岡一翔(フライ級)と山中慎介(バンタム級)を「世界王者」に推してくれています。とはいえ、このランキングもリング上で決着したものではなく、専門家の脳内で作られた妄想でしかありません。

羅針盤を失った現在のプロボクシング界では、世界王者という「肩書き」や、防衛回数や複数階級制覇という「数字」には大きな意味はありません。

ボクサーの価値は、肩書きや数字ではなく「誰に勝ったか」の一点で決まります。

しかし、長谷川穂積や内山高志、山中慎介が国内限定で長期政権を築くと、必ずスポットライトが当たるのが13度防衛という日本記録、数字です。世界王者が4団体で一人ずつ乱立するだけでなく、スーパーやレギュラー、暫定、名誉王者にダイアモンド王者…節操もなく世界王者が粗製乱造され、今や「世界王者=世界一」という他のスポーツでは当たり前の方程式が完全に崩壊しているのがプロボクシングの世界です。現状では、数字を意識すれば、今後も防衛10度を超えるボクサーは間違いなく何人も現れるでしょうし、複数階級制覇でも4階級、5階級を果たす日本人が近い将来現れるでしょう。

この13度の防衛記録を打ち立てたのが、言わずと知れた具志堅用高です。沖縄返還からわずか4年で国民的なヒーローがその地から誕生したという歓喜の沸騰は、「新設のジュニア・フライは水増し階級、王者の価値を貶める」という非難も木っ端微塵にノックアウトしました。

獰猛なカンムリワシがファン・グスマンからWBAジュニア・フライ級王座を強奪したのは、1976年10月の事でした。戦慄の闘争本能を見せつけて強打の王者を圧倒した沖縄の青年に日本中が熱狂しましたが、この年の日本列島はもう一つの記録にも沸き立っていました。王貞治がベーブ・ルースの714号を抜く715号を放ち、ハンク・アーロンの世界記録755号の更新へのカウントダウンが始まったのも1976年でした。

1976年を起点に、具志堅と王は〝記録〟に向かって日本中の注目と応援を集めながら偉大な並走をしていたことになります。当時の王の年俸は8000万円(実際にはもっともらっていたという説もありますが)、具志堅の1試合の報酬は最高で7500万円×年4回を普通に戦っていました。具志堅は、プロ野球で超がいくつも付くトップ選手の年俸とほぼ同額を、たった1試合で稼ぎ、年収にすると約4倍を稼ぐプロボクサーだったのです。

具志堅以前のプロボクサーの報酬には、さらに凄まじいものがありました。白井義男が1試合で稼いだ最高額は1000万円といわれていますが、今の貨幣価値に換算すると優に2億円を超えていました。もはや1950年代当時のプロ野球選手では比較対象にもなりません。1960年代はやはりファイティング原田、ピーク時は1試合で5000万円以上を稼いだといいますから当時の貨幣価値では5億円、とんでもない金額です。30年後の1990年代にマイケル・カルハバルとウンベルト・ゴンザレスが軽量級では破格の100万ドルファイターになりましたが、原田はもちろん、具志堅でも彼らの報酬に対する憧憬は微塵も抱かなかったでしょう。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1349 WBCスーパーフェザー級王座戦 ミゲール・ベルチェルトvs三浦隆司【人生マイペンライ】

8000円~1万円の大幅値上げを批判しないプロレスのメディア 新日本プロレス G1クライマックスの値上げが酷い 理由を説明するべき【極上の“T-1二見激情”見参】

村田諒太、アッサン・エンダムとの再戦決まる【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1547899

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss