フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①

このエントリーをはてなブックマークに追加

9月に西海岸のリングに上がる井上尚弥を熱烈に支持します。日本で防衛戦を行った方がビジネスとしてははるかに美味みがあったはずなのに、ビジネスを度外視したわけですから。

井上がこのスーパーフライ級史上最大の興行を勝ち抜いて、ロマゴンやクアドラスらの強豪との決戦にコマを進める時は、やはり十分な対価が用意される日本のリングで戦わせてあげたいですね。対戦する強豪王者にしてもその方がはるかにビジネス的なメリットがあります。

「誰に勝ったか」を成し遂げることなく、というかそもそもそのチャンスすら与えられずにリングを去った名王者を振り返っていきます。



2ページ中2ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①

お読みいただきありがとうございます。

井上の報酬は40万ドル、4400万円はたいせない手を考えたら悪くない金額です。日本並みの報酬で、ロマゴンのキャリアハイ50万ドルに迫る金額ですが、日本のエースが海外に出ることを考えるとやはり少ないと思います。モンティエルやリゴンドーでも日本に来たら50万ドルですから。

このHBOが仕掛ける「SUPER FRY」の狙いの一つは、年々削減されるボクシング予算の中で、ファイトマネーが安い軽量級で継続可能な興行を打ちたいという思惑があります。中量級レベルの100万ドルファイターへの期待は薄いとはいえ、世の中、何が起こるかわかりません。パッキャオもHBOから一足飛びでPPVのスーパースターになりました。

今回、ロマゴンが順当(?)に勝てばエストラーダとの待望の再戦、最短でその次が井上戦となりますが、興行的にはこれは日本でやるべきでしょうね。

「誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①」へのコメント

いつも記事を楽しく拝見させていただいており、同意しております。

批判等ではなくお聞きしたいのですが、9月に予定されている井上尚弥の試合のファイトマネー40万ドルについてどう思われておりますでしょうか?

こんな記事も読みたい

観戦記1348 日本スーパーフェザー級王座戦 尾川堅一vs内藤律樹【人生マイペンライ】

画像庫御開帳(修斗編99)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

観戦記1347 Krush.76 木村ミノルvsKENJI【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:1766
  • 累計のページビュー:1560359

(12月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  6. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss