フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①

このエントリーをはてなブックマークに追加

真の世界王者を決めることが極めて難しいプロボクシングでは「何回防衛した」とか「何階級制覇した」とか、そういう数字は大きな意味を持ちえません。

「誰に勝ったのか」が全てです。

一方で、日本人、特にジュニア・ライト級以下の軽量級の日本人の場合、最も報酬が見込めるのは国内で戦うことです。大手ジムでしっかりスポンサーを確保している井上尚弥や井岡一翔、山中慎介らは国際的にも評価の高い世界王者ですが、より評価の高いローマン・ゴンザレスやレオ・サンタクルスとの対戦は旬の時期に実現するには至りませんでした。

日本人の世界王者が、海外でビッグマッチのリングに上がる…日本ボクシング界、積年の夢ですが、軽量級に限っては既に世界王者になっていたり、国内で十分な報酬を約束されている人気選手の場合、海外で戦うビジネス的なメリットは全くありません。

人気と実力を兼ね備えた井上や井岡が国内に引きこもり、日本ではマニアでなければ知らない村中優や木村翔が、地元で絶大な人気を誇るカリド・ヤファイやゾウ・シミンの咬ませ犬として英国や中国の華やかなリングに放り込まれる、というのが現実です。ボクシングファンなら井上vsヤファイ、井岡vsゾウを大きな舞台で見たいのですが、リングの外で怪しく渦巻く大人の事情が、人気のある日本人絡みの軽量級のビッグファイト実現の大きな障壁となっています。

かくして、素質あふれる若き日本のボクサーは世界王者になっても、そのプライムタイムに海外で評価の高いビッグネームと雌雄を決することなく、大切な全盛期の時間を国内でレベルの低い挑戦者相手に防衛戦を重ねて浪費しながら徐々に劣化、挙句に凡庸な挑戦者に惨敗して、そのキャリアを閉じてしまうのです。

近年の日本人世界王者が〝世界ランカー〟相手に戴冠前よりも圧勝を重ね、まれに日本人挑戦者を迎えると苦戦する…これはその選手が世界王者になって急に覚醒したということもあるのかもしれませんが、世界王者になるとある程度相手を選べる、強豪や有名選手は日本に呼ぶのが非常に難しいという事情もその背景に潜んでいます。

つまり、近年の優れた日本人世界王者は、例外なく「誰に勝ったか」の点で世界に爪痕を残すことはなく、「あんなのに負けてしまったのか」というファンの忸怩たる戸惑いの中でリングを去ってしまうのです。

ブライアン・バスケスを一蹴した2012〜13年バージョンの内山高志なら、今のワシル・ロマチェンコのポジションに屹立していたユリオルキス・ガンボアや、当時もすでに眩い輝きを放っていたマイキー・ガルシアと拳を交えても面白い試合になったと思います。もちろん、当時から手と足のスピードのある相手には分が悪いと見られていましたが、それでも反射能力が衰えていない内山には一撃の可能性が十分にありました。

もちろん、こんなタラレバは無意味です。内山は誰に勝つこともできずに、ジェスレル・コラレスというスピード以外は世界水準を上回るものを何一つ持たない怠惰なパナマ人に敗れ去ったのが現実なのです。

ビッグイフでガンボアやマイキーと戦っていても、内山のパワーに可能性はあったとはいえ、苦手なスピードタイプに翻弄されてコラレスとの第1戦が何年か早く演じられるだけだったのかもしれません。そうなると、B級以下の挑戦者相手とはいえ圧倒的な強さを誇示して打ち立てた連続11度の防衛記録も無かったことになります。

もし、コラレスに負けていなければ、今の内山はロマチェンコやジャーボンタ・デービスとの対戦が日本のファンの間で熱望されていたはずです。しかし、もしコラレスに負けていなくても内山がウクライナのハイテクと同じリングで戦うことも、デービスをマネジメントするメイウェザーのトラッシュトークを浴びることも、〝大人の事情〟が壁となって実現することはけしてなかったでしょう。 【当時ジュニア・フェザー級最強の呼び声高かったリーロ・レジャバの対戦相手がドタキャン、パッキャオにオファーが届いたのは試合まで2週間を切っていましたが、勇敢なフィリピン人は報酬の金額を聞く前に快諾しました。試合後に「いくらなんでも準備期間が短すぎるとか迷いはなかったのか?」と多くの記者から聞かれたパッキャオは「逆に教えてくれ。世界中が注目するデラホーヤの6階級制覇がかかる興行のセミファイナルだぞ?このリングに上がらないかと聞かれたボクサーに断る理由なんてあるのか?」。もし、パッキャオが日本人ならこんな正気の沙汰じゃないオファーは100%断っていたでしょう。これもビッグイフですが、もし内山がフィリピン人なら米国のリングでビッグネーム相手に何試合も激闘を繰り広げていたかもしれません。】

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①

お読みいただきありがとうございます。

井上の報酬は40万ドル、4400万円はたいせない手を考えたら悪くない金額です。日本並みの報酬で、ロマゴンのキャリアハイ50万ドルに迫る金額ですが、日本のエースが海外に出ることを考えるとやはり少ないと思います。モンティエルやリゴンドーでも日本に来たら50万ドルですから。

このHBOが仕掛ける「SUPER FRY」の狙いの一つは、年々削減されるボクシング予算の中で、ファイトマネーが安い軽量級で継続可能な興行を打ちたいという思惑があります。中量級レベルの100万ドルファイターへの期待は薄いとはいえ、世の中、何が起こるかわかりません。パッキャオもHBOから一足飛びでPPVのスーパースターになりました。

今回、ロマゴンが順当(?)に勝てばエストラーダとの待望の再戦、最短でその次が井上戦となりますが、興行的にはこれは日本でやるべきでしょうね。

「誰に勝ったのか?そして、誰に負けたのか?〜具志堅から内山まで〜①」へのコメント

いつも記事を楽しく拝見させていただいており、同意しております。

批判等ではなくお聞きしたいのですが、9月に予定されている井上尚弥の試合のファイトマネー40万ドルについてどう思われておりますでしょうか?

こんな記事も読みたい

観戦記1348 日本スーパーフェザー級王座戦 尾川堅一vs内藤律樹【人生マイペンライ】

画像庫御開帳(修斗編99)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

観戦記1347 Krush.76 木村ミノルvsKENJI【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1316547

(09月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss