フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ガラパゴスの星②

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングの世界王者のステイタスは時代とともに低下、今では数だけなら過去最高の王者を抱えながら、その名前は一般の人にはほとんど知られていないのが現状です。60年代、ファイティング原田の名前は長嶋茂雄を凌駕する重さを持っていました。巨人大鵬卵焼きの時代のテレビ視聴率で原田は巨人戦をはるかに上回る数字を叩き出していたのですから、それも当然でした。この傾向は具志堅用高の70年代まで何とか続きますが、世界戦ですらテレビで放映されないことがある今日では考えられません。

世界戦があった翌日の学校の教室で男の子を中心にその話題で持ちきりだった時代は、今や遥かに遠い昔です。山中慎介や井上尚弥を知っている子供や主婦がどれだけいるでしょうか?

もちろん、観戦スポーツが相撲と野球、ボクシングしかなかった時代と同じように語るのは不公平です。事実上の国技・野球にしても60年代の長嶋茂雄と、現在のイチローや大谷翔平の存在では前者の方が比べようもなく巨大であったことは仕方がありません。一元的な価値観で測れる幸せな時代は、とっくの昔に終わっているのですから。

しかし、プロ野球がその出発点、原点である「アメリカ野球に追いつく」という素晴らしい理想に限りなく近づいている一方で、プロボクシングの世界は世界的な趨勢で日本だけの問題ではないとはいえ、階級と王者の粗製濫造によって自らの価値を貶めてしまっています。日本人がメジャーリーグやオリンピックで大きなタイトルを獲れば号外、ニュース速報ものですが、ボクシング界では何を成し遂げたら号外が出るのか全く見えてきません。

錦織圭が4大大会で優勝したらもちろんですが、陸上100mで9秒台の日本記録が出てもニュース速報が流れるでしょう。ボクシングで世界王者が誕生してニュース速報のテロップが走るなんて、まず考えられないですね、世界王者なのに。

ボクシングのことをよく知らない人でも、スポーツファンなら皮膚感覚で「ボクシングの世界王者は他のスポーツの『世界王者』と同義語でない」という真実がわかっているのかもしれません。多くのスポーツファンは「世界」と名のつくスポーツは世界で戦うものだと思い込んでいますが、ボクシングの世界王者はそれに全く当てはまらないということも、大きな違和感を感じられているはずです。

この10年ほどの短い期間で長谷川穂積、内山高志、山中と二桁防衛を重ねる「世界王者」が乱造されましたが、3人合わせると40近い世界戦は一つの例外もなく国内で実施されました。

ボクシングの世界王者がドメスティックに傾く最大の理由が経済面にあることは、前回お話ししました。世界の軽量級ボクシングは日本がメッカです。ほんの一部のヒスパニックの人気選手や、空前のブームを迎えている英国のスター選手を除けば、世界中の軽量級ボクサーにとって最も稼げる場所は日本なんです。

もちろん、ヒスパニックの人気選手が待ち構えるアメリカや、熱狂的なサポーターがひしめく英国の敵地リングに、蛮勇の剣を振り回して乗り込むのはカッコイイです。でも、報酬を含めて条件は劣悪です。超ハイリスクなのに超ローリターン。ファン目線では栄光こそがリターンだ!と無責任に叫ぶこともできますが、ジムの経営者目線では大切に育てた選手にそんな危険な橋を渡らせるわけには絶対にいきません。

ビッグイフですが、ボクシングがフライ、バンタム、フェザー、ライト、ウエルター、ミドル、ライトヘビー、ヘビーの8階級しかなく、ガン細胞のように増殖する承認団体ではなく、しっかりとしたたった一つの統括団体が存在していれば、話は単純です。世界王者になるには8人のチャンピオンの誰かを倒す以外に方法がないのですから。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ボクシング 夢の対決 2017<スーパー・フライ級>【運動科楽からスポーツ再考!!】

観戦記1279 IBFスーパーフェザー級王座戦 ホセ・ペドラサvsスティーブン・スミス【人生マイペンライ】

山中慎介、神の左炸裂して12度目の防衛・・・さて次は【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:577619

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミゲール・コットとは何者か?
  2. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  4. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  7. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  8. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  9. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  10. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss