フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ミドル級戦線異常アリ! 風雲急!

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本時間今朝のニューヨーク、バークレイズセンターで行われたマイキー・ガルシアvsエイドリアン・ブローナー、この興行のセミファイナルで元ジュニア・ミドル級王者ジャーマル・チャーロが、ミドル級に初見参。154ポンドで見せた圧倒的な動きを、160ポンドでも披露、ホルヘ・セバスチャン・ハイランドを4ラウンドでストップしました。

「ミドル級のビッグネームと戦いたい。俺はトミー・ハーンズの再来だ、この階級は俺に合っている」。今日の相手、ハイランドのレベルを差し引いても、ジャーマルが160ポンドでもトップファイターであることに、疑う余地はありません。

この勝利で、ジャーマルはゲンナディ・ゴロフキンが持っているWBCタイトルへの使命挑戦権を獲得。ゴロフキンが9月16日にカネロに勝てば、早ければ次戦でジャーマルがタイトルマッチのリングに上がることになります。

ここで、ややこしくなるのが、もしカネロがゴロフキンに勝ったケースです。9月16日のメガファイトではWBCのタイトルは賭けられない可能性が高いというのです。そうなると、カネロが勝つとWBC王座は空位となります。

【リング誌:STATE OF THE GAME(各階級詳説)のミドル級から。トップ戦線の一角を担ってきたアッサン・エンダムを事実上圧倒した村田は今や、ミドル級スターウォーズで注目される惑星の一つです。】   さらに、根本的な問題としてカネロ、というかゴールデンボーイ・プロモーションがジュニア・ミドル級時代からチャーロ兄弟との対戦を徹底的に避けてきたという背景があります。もちろん、プロボクシングはスポーツである前にビジネスですから「強いけど名前がない」チャーロ兄弟は、ハイリスク・ローリターン、戦う意味がありません。

カネロファンは、オースティン・トラウトやエリスランディ・ララは「強いけど名前がない」ボクサーじゃないのか?と反駁するかもしれませんが、トラウトとララの拳は優しく、危険はありません。もし、カネロがゴロフキンに勝ったとしても、すぐに凶悪な拳を持つジャーマルと戦うことは無いでしょう。

現状でこの階級で最もパンチがあるのはゴロフキン、スピードはカネロではなくジャーマルでしょう。ガードの固さと、純粋な1発のパンチなら村田がトップでしょうが、それでは攻撃力とデフェンスはトップなのかとなると、悔しいかな、現状では一番とは言い切れません。

黒人特有のバネとスピード、パワーを自在に操るジャーマルは、日本人が最も劣等感を感じてしまう存在ですが、村田にはその時が来たら、倒して、勝って、重たい霧を晴らして欲しいですね。

さらに、ここにウェルター級最強と目されているエロール・スペンスJrも食指を伸ばしています。

IBF王者スペンスはWBA/WBC王者キース・サーマンとの統一戦、あるいはマニー・パッキャオとのメガファイトを熱望していましたが、サーマンが肘のケガから戦線離脱、復帰は早くても来年前半、パッキャオもジェフ・ホーンに負けていなかったとしても危険極まりないスペンスを対戦相手に選ぶ理由はありません。

スペンスは「キースの復帰は待ってられない。ゴロフキンとカネロの勝者と戦いたい。普段の体重は160ポンドを超えている。9月16日の勝者とミドル級タイトルを争うことに何の問題も無い」と、BOXING NEWS 24に語っています。

さすがに、ミドル級ではパワー不足でしょうが、カネロ相手ならスペンスのジャブは有効でしょう。トラウトやララ、フロイド・メイウェザー、ミゲール・コット、ジャブの名手にことごとく手を焼いたカネロが、卓越したスピードと回転力のあるスペンスのジャブをさばけるとは到底考えられません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

マイキー完勝、ブローナーはトップ戦線から落伍【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

三浦隆司よ、お疲れ様【スポーツ えっせい】

観戦記1346 WBAライトフライ級王座戦 田口良一vsロベルト・バレラ【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:678
  • 累計のページビュー:1545827

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss