フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

マイキー・ガルシアvsエイドリアン・ブローナー〜〝21世紀版〟のプライアーvsアルゲリョ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、明日、ニューヨークはバークレイズセンターでゴングが打ち鳴らされるマイキー・ガルシア対エイドリアン・ブローナー。

スーパースター候補と騒がれながらも、マイキーはプロモーターとの契約問題のコジレから、ブローナーは身から出たサビと防御の欠陥が曝け出されたことから、遠回りを余儀なくされた二人の激突です。

【「マイキーとブローナーの未来は明るい」。今から5年前、2012年頃は世界中のボクシングファンが期待していましたが、マイキーはリングの外(契約問題)で、ブローナーはリングの内外で大きな壁にぶつかってしまいました。】

スタイリッシュな人気者マイキーと、リング内外で奔放な野獣ブローナー。この二人の試合は、ちょうど35年前1982年に拳を交えたアーロン・プライアーとアレクシス・アルゲリョが繰り広げたジュニア・ウェルター級の名勝負(第1戦)のような素晴らしい試合になると煽られています。

確かに、140ポンド、ジュニア・ウェルターという階級だけでなく、マイキーとアルゲリョのボクシングはどこまでも美しく、プライアーとブローナーの破天荒な野生も類似しています。また、プライアーとブローナーは同じシンシナティ出身。

共通点はそれだけではありません。マイキーとブローナー、そしてプライアーの3人は身長168㎝、リーチ175㎝と全く同じなんです。ただし、アルゲリョだけは身長178㎝、リーチ183㎝と頭抜けています。

プライアーがジュニア・ウェルター、ブローナーがライト、マイキーがジュニア・ライトと近接した階級からデビューしている一方で、3人よりも10㎝も長身のアルゲリョはバンタム級デビューという点からも、このニカラグア人だけ明らかにシルエットが違います。

そして、明日のニューヨーク決戦の見所は試合だけでなく「ブローナーが140ポンドの体重を作れるのか」という点にも注目が集まりました。

前の試合(エイドリアン・グラナドス戦は140ポンド契約ながらブローナーが体重を落とせなかったことから147ポンドに変更され、試合もグラナドスが勝っていたと見られています)で一悶着を起こしたブローナーは「気を抜いて180ポンド(86.2㎏)まで体重が増えたんだ。そこから40ポンドなんて落とせないだろ?147でも20㎏近く減量したわけだから」「そんな状態だから気持ちも入らないし、体も動かなかったんだ」と言い訳にならない泣き事を並べていましたが、今回は138ポンド3/4で計量を一発クリア。

契約では、1ポンドオーバーにつき50万ドルのペナルティが課せられていましたが、これも払わずに済みました。

この試合はノンタイトルの12回戦(ジュニア・ウェルター級のダイアモンドベルトがかかっていますが、この試合を「階級最高の試合」と認定するとは恐れ入ります、さすがWBCです。もはや「階級最高」の試合にかけるなんて言わなきゃいいんですが…)ですが、トップ戦線に復帰した無敗のガルシアは、キャリア最大のビッグネームとの対戦に無敗のレコードを賭けます。

一方でマルコス・マイダナ、ショーン・ポーターというゴリ押しファイターに二つの黒星を付けられているブローナーは、直近の試合の出来も悪く、評価は急降下、生き残りの一戦となります。

35年前は王者プライアーにアルゲリョが史上初の4階級制覇を賭けて挑む「THE BATTLE OF THE CHAMPIONS(真の王者同士の決闘)」と銘打たれたボクシング史に持つ意味でも大きな試合でしたが、今回は「THE BATTLE OF 〝A〟 CHAMPIONS(数多くの王座が溢れる中で4階級制覇したブローナーと、3階級制覇しているマイキーの戦い)」ですね。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ビッグファイト/メガファイト
世界のボクシング:階級/キャッチウエイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

ボンバーレフト三浦引退とジャイアントキリング木村王座奪取【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

観戦記1345 UFC211 デミアン・マイアvsホルヘ・マスヴィダル【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:717
  • 累計のページビュー:1548615

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss