フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日に迫ったマイキー・ガルシアvsエイドリアン・ブローナーのジュニア・ウェルター級ノンタイトル12回戦。

スタイリッシュな人気者と、破天荒な野獣の激突。35年前のアーロン・プライアーvsアレクシス・アルゲリョのような名勝負が期待されています。

…と、この注目の一戦について書こうと思っていたのですが、上海で木村翔がとんでもない大番狂わせを起こしてくれました。

マカオでは20−1、欧米でも10〜15−1とブックメイカーが軒並み一方的なオッズを立てたWBOフライ級タイトルマッチで、王者ゾウ・シミンを11ラウンドTKOに屠りました。

海外でも Big upsetを通り越して、Massive upset、とんでもない大番狂わせと報道されています。普通に考えたら、今年のUPSET OF THE YEARは決定、日本ボクシング史上でも過去最大の大番狂わせです。

試合前の会見では「そりゃ日本でやるのがいいですが、僕はそういう選手じゃないので」「ゾウはスーパースター。僕は日本でもうんこ、下の下」と卑下しながらも、「ここまで来たらやるだけ」と異常な闘志を燃やしていた木村でしたが、なにしろ相手はゾウ。

ただし、ゾウは五輪2連覇とはいえ、プロ入り後の評価は決して高いものではありませんでした。36歳という年齢は、単なる経年劣化だけではなく、長年染み付いてしまったアマチュアスタイルをプロ仕様にモデルチェンジするにはあまりにも厳しい数字で、過去の10戦からもゾウの能力に伸びしろがないのは素人目にも明らかでした。

それでも、この中国人が難攻不落と見られていた根拠はたった一つです。強い相手、危険な相手を徹底的に避けて保護されてきたからです。フライ級時代のローマン・ゴンザレスと戦っていたら中盤までも持たなかったでしょうが、ロマゴンのいるリングに上がらなければ、負けることはありません。 【リング誌9月号:STATE OF THE GAMEから。ゾウは、フライ級で「MOST PROTECTED(最も過保護な選手)」に挙げられています。そして、河野公平との試合が決定しているやはり中国のレックス・ツォーもジュニア・バンタム級で「MOST PROTECTED」。河野も木村に続いて、過保護なスターを蹴散らして、大番狂わせを起こしてほしいものです。】

アマチュアスタイルから抜け出せないまま36歳まで保護されてきたゾウの試合は中国だけで数千万人が視聴し、その報酬は50万〜80万ドル、ロマゴンも凌ぐ高級取りです。

さらに、この試合はトップランクと袂を分かち、自ら立ち上げたプロモーションが取り仕切る、記念すべき最初の興行でした。

無名の日本人を豪快に倒して、その門出を祝おうという腹づもりだったのでしょうが、この貴州省出身のアマエリートには、国ぐるみで過保護に担ぎ上げられたデビュー時点から、スターダムに駆け上がるプロボクサーに絶対必要条件であるハングリーさも、煮え切らない試合を繰り返す自身への反省も見えませんでした。

それにしても、まさか木村がゾウをTKOするとは…。プロテクトされてきたとはいえ、それはアマチュアで飛び抜けた実績を持つが故です。対戦相手を吟味しているというのも、ゾウが弱いボクサーというわけではけしてありません。

ジョージ・フォアマンやオスカー・デラホーヤがそうであったように、ゾウが保護されるのは傑出したアマエリートが辿る鉄板ロードだったのですから。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
パウンド・フォー・パウンド
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ボンバーレフト三浦引退とジャイアントキリング木村王座奪取【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

観戦記1345 UFC211 デミアン・マイアvsホルヘ・マスヴィダル【人生マイペンライ】

【読者参加企画】若年層を相撲ファンにするために、今すべきことは何か。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1547148

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss