フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

亀海喜寛は生きる伝説に勝てるか?②

このエントリーをはてなブックマークに追加

2年近いブランクがあり、今年で37歳になるコットに全盛期の実力が無いことは明らかです。

加齢によって最初に失われる要素はスピードだと思われがちですが、現実には「反射」です。技術や理屈ではなく、反射的に防御したり、攻撃に転じたりする一瞬の反応は加齢によって真っ先に鈍化してしまいます。現在のマニー・パッキャオはその典型です。

次に衰えるのが「動体視力・視野」です。全盛期のフロイド・メイウェザーは相手のつま先(実際に動きだす方向)と目(フェイント)を同時に見ることが出来たと言います。余程の距離を取ればありえますが、マネーは接近戦でも見えたと言うのですから驚きです。これは川上哲治の「ボールが止まって見えた」と同じ話ですね、現実にはありえないことです。そして、その超人的な〝動体視野〟が衰えてからは、防御優先のタッチボクシングに傾倒していきました。

加齢によってじわじわと進行するのが「打たれ脆さ」です。激戦を重ねることで、鋼鉄のアゴでもグラスジョーに変質してしまいます。鋼鉄のアゴと聞いてすぐ思い出すフリオ・セサール・チャベスも、エリック・モラレスも、晩年は打たれ脆くなりました。

さらに、脚のスピードと、試合でのスタミナも年齢とともに失われてしまいます。練習のインタバルで若い頃よりも速いタイムで走れても、現実のリングではその脚は動いてくれません。パッキャオもメイウェザーも、そしてコットも加齢に伴い省エネボクシングに傾いていきました。

しかし、ハンドスピードの喪失の執行猶予は、意外なほど長い時間が与えられています。アンチエイジングの象徴的な存在であるジョージ・フォアマンと、バーナード・ホプキンスはそのことをリング上で実証しました。

そして、年齢を重ねても最後まで残るのがパワーです。

「私の左ジャブは40半ばでもイベンダー・ホリフィールドを止め、シャノン・ブリッグスを幻惑させる速さがあった。そしてパンチの威力は若い頃よりも間違いなく大きかった」(フォアマン)。「とにかく相手に考えさせることだ。まずパワーパンチを見せて警戒値を膨らませ、ジャブを差し合ってチェスのような展開に持ち込むことだ」(ホプキンス)。

【多くのスーパースター同様、プロモーターやトレーナーとの関係は長続きしないコットですが、フレンチブルドッグの愛犬とはどこへ行くのも一緒、良好な関係を続けています。】

今のコットは、往年の反射や動体視力・視野、軽快なフットワークを失っています。それでも、フォアマン並みのジャブの名手であることはパッキャオやカネロ・アルバレスとの一戦を見るまでもなく明らかです。

身長、リーチでコットを上回る亀海ですが、コットとジャブの差し合いをしても勝負になりません。

偉大なプエルトリカンの全盛期はスピード自慢のザブ・ジュダーとシェーン・モズリーを破った2006〜2007年のウェルター級王者時代ですが、その左右フックのパワーは階級を上げた今でも健在です。

一発殿堂確実、コットのジャブとフックは、世界のトップレベルで戦った経験のない亀海にとっては異次元の代物です。序盤でコットの左右フックの威力に怯んで、左ジャブで翻弄される展開になると、試合は早く終わってしまうでしょう。

一方で、マルガリートとの2戦で露呈したようにコットは体力で押してくるスラッガーへの対応能力は高くありません。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ミゲール・コット
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

何故 碧山は上位に当てられなかったのか?【巨人 大鵬 卵焼き】

亀海喜寛は生きる伝説に勝てるか?①【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1343 WBAスーパーフェザー級スーパー王座戦 ジェスレル・コラレスvsロビンソン・カステジャノス【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:9852
  • 累計のページビュー:1271996

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss