フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

亀海喜寛は生きる伝説に勝てるか?①

このエントリーをはてなブックマークに追加

あと1ヶ月余りとなりました。

WBO世界ジュニアミドル(ボクシングの水増し階級は一部団体が「スーパー」呼称していますが、リング誌やESPNなど大手メディアと同様、世界的に主流の「ジュニア」で書きます)級王者決定戦。ミゲール・コットvs亀海喜寛。

カネロ・アルバレスに完敗してから約2年もリングから遠ざかっているコットが不条理な1位、世界的な実績ゼロの亀海が摩訶不思議な5位と、今回のWBO世界戦には厳しい批判もありますが、当日は HBOがボクシング番組の最高グレード、World Championship Boxingで、全米生中継されます。

何より、日本のボクシング界にとっては「世界的なビッグネームと拳を交える」という一点においては、史上最大の決戦となります。

全盛期のコット相手では到底勝ち目が無いだけでなく、試合そのものが成立しようがないカードですが、「栄光のキャリアの最後の相手(カネロともファン・マヌエル・マルケスとも噂されています)」を模索しているコットが、ジェームズ・カークランドら有力候補が怪我で脱落するなど、対戦相手は二転三転、紆余曲折の末に亀海を選んでくれました。 【2016年リング誌の年間最高試合賞のRUNNNERS UP(次点)に選ばれたヘスス・ソトカラスとの第1戦は「チケットが発売されるやいなや、一部のファンはすぐさま購入した。彼らは面白い試合になることを確信していたのだ。そして、彼らは正しかった」。】

そもそも、次の引退試合、グランドフィナーレへのチューンナップと位置付けられているわけですから、オッズも予想もコットに傾いています。

ただ、この10月で38歳、全盛期はウェルター級王者時代の2007年、まともな強豪に最後に勝ったのは2008年のジョシュア・クロッティという、とっくの昔にプライムタイムが終わっているプエルトリカンにとって、亀海は膝に大きな爆弾を抱えていたユーリ・フォアマンやセルヒオ・マルチネスよりも危険な相手になる可能性は否定できません。

ジュニアウェルターとウェルター級という最もレベルが高い階級で最強と評価され、ジュニアミドルではカネロやオースティン・トラウト、フロイド・メイウェザーには完敗したもののアルファベットタイトルを獲得、ミドル級では「幸運以外の何物でもない」と揶揄されながらもマルチネスからリネラル(正統)王座、リング誌王座を強奪したコットが、一発殿堂確実のグレートであることには、誰も異論はないでしょう。

しかし、意外というか、思い返せばその通りというか、コットは非常に勝負弱い面も持ち合わせています。特に、西海岸のビッグファイトでは痛すぎる敗北を重ねて、1勝4敗。勝ったのは、ポンコツ状態のリカルド・マヨルガだけです。

この痛い4敗、悪夢の西海岸を振り返ると…。

無敗の快進撃に急停車を余儀なくされた2008年7月のアントニオ・マルガリート戦。この対決は誰もが認める当時のウェルター級最強決戦。メイウェザーもオスカー・デラホーヤも対戦を避けたティファナの竜巻の猛威に、プエルトリコの英雄は完全に飲み込まれてしまいます。さんざん打ちのめされた末に、最後はパンチではなく、凶暴なメキシカンの追撃から逃れるべく自ら膝を折ってしまう姿には「クイッター(試合を諦めたヤツ、ボクサーにとって最も屈辱的な言葉の一つ)」の烙印まで押されてしまいました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング殿堂
ミゲール・コット
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1343 WBAスーパーフェザー級スーパー王座戦 ジェスレル・コラレスvsロビンソン・カステジャノス【人生マイペンライ】

観戦記1342 Krush.76 60kg級王座決定戦 レオナ・ぺタスvs安保璃紅【人生マイペンライ】

ワクワク感を感じないボクシングのWタイトルマッチ【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:717
  • 累計のページビュー:1548615

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  5. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  6. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  7. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss