フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

夏はまだまだ終わらない〜マイキーvsブローナーから GGGvsカネロまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦隆司、大方の予想とオッズの通りの結果になってしまいました。残念無念です。

今回の三浦の報酬は19万5000ドル(約2140万円)、ミゲール・ベルチェルトは28万ドル(3000万円)、セミファイナルに出たジェスレル・コラレスは7万5000ドル(820万円)、ロビンソン・カスティジャノスは5万ドル(550万円)でした。

三浦の1試合2000万円は、いわゆる6フィギュア、プロボクサーとして胸を張っていい数字ですが、7、8ともっともっと大きな金額が約束された舞台を目指していたでしょうし、夢半ばでした。

三浦には復活を期待したいですが、厳しいですね…。決して強豪王者とは言えないベルチェルトにかわされる姿には、悲しい限界を感じてしまいました。

左のボンバーだけでなく、打たれ強さと精神力も十二分に発揮した三浦でしたが、技術的な部分では拙さばかりが目立ったまま、試合は終わってしまいました。

エリートファイターにとっては、Sフェザー級はジャンピングボードであり、通過階級。オスカー・デラホーヤやフロイド・メイウェザーもこの階級を始発駅にして、スーパースターの終着駅まで走り抜き、マニー・パッキャオもこのSフェザー級で、彼が何者であるのかを世界に知らしめました。

今のSフェザー級では、まさに発車したばかりのジャーボンタ・デービス、次なる跳躍を睨んでいるワシル・ロマチェンコ、二人の評価が抜きん出ています。

特に、ロマチェンコは多くの専門家がPFP1位に推し、完全無欠のボクサーと考えられています。デービスをプロモートするフロイド・メイウェザーでも「ロマチェンコとの統一戦を急ぐ必要はない」と公言しているのは、「現時点では勝てない」と見ているからです。

三浦が敗れたベルチェルト、辛くも2度目の防衛に成功したコラレスは、いずれもゴールデンボーイ・プロモーションのボクサーで、この二人が統一戦を争う可能性は十分ですが、トップランク傘下のロマチェンコはもちろん、メイウェザーの秘蔵っ子デービスとの絡みはなさそうですね。もしやってもベルチェルトとコラレスでは圧倒的不利のオッズ・予想を立てられるでしょう。

さて、注目の試合はまだまだ続きます。

7月29日にはマイキー・ガルシアとエイドリアン・ブローナーが激突。オッズは5−1でマイキーに大きく傾いており「ブローナーが初めてKOされる」という予想も見られます。

マイキーはホルヘ・リナレスの対抗王者。一時は統一戦も期待されましたが、ブローナー戦は140ポンド、スーパーライト級の試合になります。多くのタレントがひしめき、最も層が厚く人気も高いウェルター級まで意識しているマイキーが、5ポンド下げてライト級でリナレスと戦うことは、残念ですがないかもしれません。

【リング誌8月号でもリナレス対マイキーの統一戦を現役選手、トレーナー、専門記者が徹底予想。ライト級最強決定戦の実現へ期待が膨らんでいたのですが…。】

そのマイキーが照準を合わせているスーパーライト級の主役が、テレンス・クロフォードです。試合は面白いのですが、ライバル不在、地味な印象もあって注目度は高くありません。とにかく人気が欲しい実力者クロフォードと、高評価に飢えた人気者マイキーとの対決は、相思相愛でしょう。

このWBC、WBO王者クロフォードは8月19日に、WBAスーパー、IBF、IBO王者のジュリウス・インドンゴと完全統一戦を行います。無敗同士の好試合になりそうな気もしますが、オッズは驚くほどクロフォード寄りです。試されていない部分が多いとはいえ才能あふれるナミビア人の勝利は6倍の高配当、クロフォード勝利はなんと1.08倍、ほとんど見返りがないオッズです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ミゲール・コット
世界に挑む日本人
ビッグファイト/メガファイト
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

三浦隆司‘ボンバーレフト’空転【スポーツ えっせい】

観戦記1340 K-1 65kg級王座戦 ゲーオ・ウィラサクレックvs野杁正明【人生マイペンライ】

さらば、アクロバット力士:宇良。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:3702
  • 累計のページビュー:1288608

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 山中は戦った、そして敗れた。「セコンドを心配させた」の真意は?
  2. ミゲール・コットとは何者か?
  3. いったい誰がロマチェンコに勝てるというのか?
  4. 膠着、ミドル級。あからさまな不当判定、ボクシング界は腐っている。
  5. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。③
  6. 日本ボクシング史上最大の番狂わせ!木村がゾウをTKO!
  7. 具志堅用高は本当に強かったのか。13連続防衛は本当に偉大なのか。②
  8. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  9. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  10. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss