フシ穴の眼 〜スポーツ編〜

ジョニー・タピア MI VIDA LOCA 〜俺には狂った歌しか唄えない〜③

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年ボクシング名誉の殿堂の式典が先週末で終わりました。

今年、モダーン部門で殿堂入りを果たしたイベンダー・ホリフィールド、マルコ・アントニオ・バレラの他にも、すでに殿堂入りしているマービン・ハグラーやマイケル・スピンクス、ピピノ・クエバス、これから殿堂入りのレガシーを築いていくデオンティ・ワイルダーや、ダニエル・ジェイコブスらもオープンカーのパレードに参加しました。

残念ながら殿堂入りのキャリアには届かなかったジェリー・クーニーやフェルナンド・バルガスや、アンドリュー・ゴロタら元人気選手も、専用のオープンカーで行進、栄えある式典に花を添えました。

さて、この式典に参加することが叶わなかったジョニー・タピアに代わって、スピーチの演台には未亡人のテレサが上がりました。

「ジョニーにとって殿堂入りすることの意味は計り知れません。初めて世界王者になった時に、彼はここ、カナストータの殿堂に連れて行ってくれたことがあります。

彼は『あのモハメド・アリやジョー・フレージャー、あまたの伝説がここを歩いたんだよ』と感慨に耽っていました。

彼がこの世に生を受けた時、父親はいませんでした。8歳の時には、乱暴された挙句に惨殺された母親の死体を見てしまいます。彼は、自伝にも記しているように地獄の底で生きてきました。

地獄の記憶から逃げるために、ドラッグと酒に何度も、何度も溺れました。

それでも、悪魔が跳梁する日常から逃れられる場所を、どんな幻覚も現れない、どんな幻聴も聞こえない、神聖な場所を、たった一つだけ見つけました。

ボクシングのリングの上です。

リングにさえ上がれば、そこまでは悪魔は追いかけて来ませんでした。リングの上では、母親の悪夢を見ることも、幻覚も現れません、幻聴も聞こえません。リングの上だけが彼にとって、唯一無二の清廉な安らぎの場所だったのです。

その彼が、殿堂入りするのです。彼の人生は幸せだったのか、それとも不幸せだったのか?…彼がいつも自問自答していた答えが出ました。本当に幸せな45年間の人生でした」。

【ジョニーが亡くなった後も、ジョニーの家族からひどい暴力を受けるなど波乱の人生を送っているテレサ・タピア。かつて、夫と訪れた夢の地、カナストータで淡々とスピーチする姿には、彼女の人生こそが「幸せだったのか?それとも…」、複雑な思いが交錯してしまいます。】

タピアは2002年4月、マヌエル・メディナを下してIBF世界フェザー級王座を獲得、3階級制覇に成功します。しかし、IBFの指名挑戦者との対戦を拒否、初防衛戦もしないまま王座は剥奪されてしまいました。

この時、タピアが選んだのは、マルコ・アントニオ・バレラとの一大決戦でした。

バレラは前戦で宿命のライバル、エリック・モラレスから奪ったWBC世界フェザー級王座を即日返上していましたが、リング誌認定の世界タイトルを保持。ナジーム・ハメドにも完勝したバレラは、当時のPFPランキングでもロイ・ジョーンズやバーナード・ホプキンスらトップグループを形成する階級を超えた掛け値なしのスター選手でした。

2002年11月ラスベガスのMGMグランドで行われた一戦に敗れたタピアは、紆余曲折のキャリアを辿りながら、2011年まで現役を続けますが世界タイトルマッチの機会はこのバレラ戦が最後となります。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ボクシング殿堂
ボクシング界はいつだって魑魅魍魎
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

観戦記1325 WBOライトフライ級王座戦 田中恒成vsアンヘル・アコスタ【人生マイペンライ】

画像庫御開帳(キック編180)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

お腹がすいたらゴーレム!〜岡林裕二ピッサリ裏話〜【プロレス文藝】

ブロガープロフィール

profile-icontanutan

出張が多い仕事柄、移動の合間に書き込ませていただいています。

新幹線の車窓に流れる日本の郷愁あふれる街の風景や、夜の航空機から暗い雲間の隙間に現れるきっと訪れることのない知らない街の光に、えもしれぬ感傷に耽りながら大好きなスポーツの試合を独断と偏見で書き綴るのは、最高にリラックス出来る贅沢な時間です。

健康診断のたびに「運動せねば」「酒は控えねば」と自戒しつつもまた翌年の診断を迎える怠惰な中年ですが、アスリートの美しい躍動に、歓喜と感謝と精一杯の拍手を送っていきたいと思います。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:573561

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ミゲール・コットとは何者か?
  2. 日本人の身体能力は黒人に劣るのか?①
  3. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜①
  4. ロマゴン敗北で考える〜複数階級制覇〜②
  5. VIVA MEXICO! メキシコ史上最強は誰か!?
  6. ミゲール・アンヘル・コットは日本人が戦った最大の名前なのか?
  7. 【世界評価】村田諒太vsアッサン・エンダム③
  8. 大迫、東京五輪を2時間2分02秒で走るってよ!
  9. 【カウントダウン】村田諒太vsアッサン・エンダム①
  10. ロマゴン陥落で考える〜パウンドフォーパウンドとは何か?テディ・アトラスの抗弁〜

月別アーカイブ

2017
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss