たまにテニス

西岡選手 IW大会3回戦 大逆転勝利! 諦めない心の強さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

smci34

BNP Paribas Open 3回戦、西岡選手が元Top10プレイヤー(現14位)のベルディヒ選手に大逆転勝利をしました。スコアは1-6、7-6(5)、6-4でした。 この試合は西岡選手のメンタルタフネス、諦めない心の強さが際立った試合でした。単にトップ選手から金星を奪った以上に意味ある試合でした。 西岡選手のメンタルタフネスの強さを証明しているのは、総得点で西岡選手(100点)の方がベルディヒ選手(109点)よりも下回っているにも関わらず勝利したという事実です。9点の差は単純にゲーム換算すると2ゲーム以上の開きがあるという事です。実際、総獲得ゲーム数は西岡選手14ゲームに対して、ベルディヒ選手16ゲームでした。 この圧倒的なプレッシャー下と予選を含めた身体的疲労に打ち勝っての勝利は非常に大きいと思います。

smci35

実質試合支配指数(SMCI指数)でも、試合全体で見ると、勝利した西岡選手よりも敗北したベルディヒ選手の方が僅かに上回っています。これは、西岡選手が試合の主導権を握れない中(第3セット除く)でも、なんとか食らいついて勝利を手に入れたということです。その諦めない心、メンタルタフネスが最終的に第3セットにおいて流れを自分に呼び込むことに繋がったと言えます。

smci36

smci37

西岡選手のメンタルタフネス、諦めない心の強さは攻撃性を評価する優勢指数よりも、むしろ守備性を評価する劣勢指数に表れています。試合劣勢率(MDR)では西岡選手とベルディヒ選手の間に0.48、ポイント劣勢レーティング(DRP)では14.33の差があります。この数字の意味するところは、西岡選手が粘り強くボールを拾い続け、守備面で大きく上回ったということです。実際、西岡選手は上記の表にあるように、失点においてもアンフォーストエラー(UE)においてもベルディヒ選手よりも少なく抑えています。UEに至ってはベルディヒ選手の半分以下(西:23、ベ:54)です。 この試合のキーとなったゲームは、第2セット第9ゲームと第3セット第3ゲームだったと思われます。 第2セット第9ゲームは西岡選手がなんとかブレークバックした直後、しかしベルディヒ選手がまだ1ブレーククリードの場面です。ここを落とせば負ける状況です。ここは複数回デュースにもつれたゲームでした。非常にプレッシャーがかかる場面で、西岡選手はなんとUEを1で切り抜けました。対してベルディヒ選手は6つもUEを連発。この危機を乗り越えて、サービスキープして流れを自分に引き寄せました。 第3セット第3ゲームも同様に複数回デュースにもつれました。この場面はベルディヒ選手がブレークバックした直後で流れがどちらに向くかの分水嶺でした。再び流れを自分に引き寄せるにはもう一度ブレークするしかない状況です。普通でしたら、焦りから強引にショートポイントを狙いに行く心理状況になってしまいます。しかし、西岡選手は積極的にプレーしながら、耐える場面で耐え、忍耐しながらボールを繋げました。そして、チャンスと見るや積極的にプレーしました。ここぞという場面で焦らなかったことが、結果的に相手のミスを引き出しました。このプレッシャーのかかるゲーム、西岡選手のUEはなんと0、ベルディヒ選手は4も出しました。 この分水嶺以降、完全に流れが西岡選手に向きました。 この試合を観戦して、改めてテニスにおけるメンタルタフネスの重要さを感じました。また、西岡選手の驚異的なメンタルタフネス、諦めない心の強さを目の当たりにしました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
試合分析
テニス
SMCI
タグ:
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

錦織がベテラン・レフティのミュラー(28位)に完勝 4回戦は4連勝中のヤング(60位)と対戦!(BNPパリバ・オープン2017)【0 to zeroのhorizon】

錦織圭 ミュラーを圧倒し4回戦進出!日本人2名が4回戦の快挙!次戦はヤングか!?【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

あきらめない気持と油断 西岡ベスト16進出 BNPパリバ・オープン2017R32【change-the-flow】

ブロガープロフィール

profile-icontamany365

テニスを愛しています。
テニスの試合をスタッツ分析するのが趣味です。
新しいスタッツ分析指標、SCR%(実質支配率)とGP(ゲームパワー)、M評価を発案しました。
*SCR%はSMCIの改訂版です。
現在はTSA(テニススタッツ分析)の基本7表を用いて分析しています。
*TSA基本7表とは「得点内訳表」「失点内訳表」「得失点表」「自ポイント内訳表」「ゲームパワー表」「アタック評価」「ポイントパフォーマンス」のこと
Twitterもやってます。
ブログの方もぼちぼちやってます。
「たまにの暮らし―tamany」
https://tamany365.com/
【用語早見表】記事の用語、略語を一覧です。
a~ A選手の~
b~ B選手の~
TPP 総ポイント、試合でプレーされた全ポイント
TPW 総得点、獲得ポイント
* TPWは【TPW=W+OUE+OFE】
W ウィナー
OUE 相手のアンフォーストエラー
OFE 相手のフォーストエラー
OW 相手のウィナー
EP エラー(アンフォーストエラー、フォーストエラーの区別なし)
OEP 相手のエラー
UE アンフォーストエラー
FE フォーストエラー、強いられたエラー
TEP 総エラー、両選手のEPの合計
SCR 実質支配率 有効ポイントの数も表している
*SCRは【TPW-EP=SCR(有効ポイント)】
AP 積極的な攻撃、【AP=W+OFE】
AM アグレッシブマージン、精度と質の高いポイント【AM=AP-UE】
OwnPoints(Owp) 自分由来のポイント
*OwnPointsは【OwP=W+UE+FE】
UE対AP 1つのUEからどれぐらいのAPが生まれるかの効率 積極性効率
EP対TPW 1つのEPからどれぐらいのTPWが生まれるかの効率 得点効率
GP ゲームパワー、ゲームを獲得する力、その安定性
SGP サービスゲームパワー
RGP リターンゲームパワー
  • 昨日のページビュー:14
  • 累計のページビュー:270882

(09月07日現在)

関連サイト:「たまにの暮らし-tamany」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント
  2. データで見る 杉田選手アンタルヤ初優勝の快挙!
  3. 実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要
  4. リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因
  5. データで見る ウィンブルドン2017決勝 フェデラーvsチリッチ
  6. 過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク
  7. 錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!
  8. 2017/6/24 世界ランクとGPランキング
  9. データで見る ウィンブルドン3回戦 錦織の敗因
  10. データで見る 錦織選手ウィンブルドン2回戦突破

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

Twitterもやってます。テニスや人生のことを呟いています。 Tama@tanany365 https://twitter.com/tamany365

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss