たまにテニス

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

このエントリーをはてなブックマークに追加

『実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要』の投稿で実質試合支配指数(SMCI指数)という、ある選手の試合における実質的な支配度を表す指標を発表しましたが、その指数と実際の試合における勝敗の関係性と相関性を調べてみました。 実質試合支配指数(SMCI指数)を用いてテニスの試合を分析しても、指数自体が勝敗と関連性が無ければ分析結果の意味がありません。私自身、SMCI指数は個人的にテニスの試合を分析するために発案したものですから、どの程度スタッツ分析のデータとして実用的なのかを調べたいという思いがありました。余りにも相関性が低ければ、現時点では試合分析のツールとしてまだ実用的ではない(指数に修正が必要)ということになります。 そのような思いから、試合の勝敗とSMCI指数の関係性と相関性を調べてみましたが、考えていた以上に良い結果が得られました。 実質試合支配指数(SMCI指数)の詳細については、『実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要』『実質試合支配指数(SMCI)の使い方と実例』の記事にありますので、どうぞご覧ください。

今回、SMCI指数を用いて分析・集計した試合はグランドスラムに限定しました。その理由は後述いたします。 グランドスラム2004~2016年の中から男子シングルスの試合を無作為抽出した過去1000試合でSMCI指数と勝敗の相関性を調べました。 *SMCI指数は実質試合支配率(SMCR)と ポイント実質支配レーティング(SCRP)という2つの指標から構成されています。

1.グランドスラム過去1000試合の勝敗と実質試合支配率(SMCR)とポイント実質支配レーティング(SCRP)の合致率

smci27

勝敗とSMCRの合致率 95.7% (勝者のSMCRの値の方が敗者より大きく、敗者の値の方が勝者より小さいということが合致した率)

勝敗とSCRPの合致率 96.6% (勝者のSCRPの値の方が敗者より大きく、敗者の値の方が勝者より小さいということが合致した率)

以上の結果から「テニスの試合の勝敗」と「SMCI指数(SMCRとSCRP)がより高い値の選手の方が勝ち、より低い値の選手の方が負ける」の関係は極めて矛盾が少ないということが分かります。 つまり、実質試合支配指数(SMCI指数)が高い選手(=実質的に試合を支配している選手)が勝利するという確率は極めて高いといえるでしょう。ただし、相手の棄権による勝利(またはその逆)の場合や双方の実力が極めて拮抗している場合(大接戦)はSMCI指数の値が高くても敗北することがあります。


2.ピアソンの積率相関係数を用いた獲得セット数とSMCRとSCRPの分析

ピアソンの積率相関係数とは2 つの確率変数の間の相関(類似性の度合い)を示す統計学的指標のことです。 勝利と敗北という区分は名義尺度ですので、勝敗を各選手の獲得セット数に変換してピアソンの積率相関係数による分析をしました。 (勝者の獲得セット数は常に敗者よりも多くなる。つまり獲得セット数の大小が実質的に勝敗の区別になることを利用した) ちなみに相関係数の値の見方は以下の表の通りです。 (http://www1.tcue.ac.jp/home1/abek/htdocs/stat/corre.html から引用)

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
テニス
SMCI
タグ:
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

らーさん
返信遅くなりました。
コメント頂きありがとうございます。
新しい視点と、SMCI指数の検証していただき、ありがとうございます。
1stセットのスタッツが2ndセットにどの様な影響があるか、あるいは関係があるかという視点ですね。とても興味深くコメントを読ませていただきました。
そして各ケースについて私見ですが考察させて頂きました。
まず、第2ケースと第3ケースについてです。
第2、第3ケースの場合『相手選手よりも1stセットにおける「OFE÷TPW」が高く「FE÷PL」が低い』。両ケースとも2ndセットを獲得。
「OFE÷TPW」が高いということは、自分の総得点に占める相手のFEが多い。つまり、総得点における自分の積極的な攻撃の要素(=相手に強いるミス,OFE)の割合が高い。
「FE÷PL」が低いということは、自分の失点に占める自分のFEが少ない。つまり、失点理由が自分由来(UE)のものが多く、相手由来(相手に強いられたミス、FE)が少ない。
以上のことから、たとえ自分のUEが多くても、自分の失点において相手主導のポイント(FE)が割合として少なく、得点において相手にミスを強いる攻撃=自分主導の攻撃(OFE)が多ければ2ndセットを取る確率が高いということです。
第1ケースの場合『相手選手よりも1stセットにおける「OFE÷TPW」が低く「FE÷PL」が高い』。このケースは2ndセットを落とす。
「OFE÷TPW」が低いということは、自分の総得点に占める相手のFEが少ない。つまり、総得点における自分の積極的な攻撃の要素(=相手に強いるミス,OFE)の割合が低い。
「FE÷PL」が高いということは、自分の失点に占める自分のFEが多い。つまり、失点理由が相手由来(相手に強いられたミス、FE)のポイントが多い。
以上のことから、1stセット終了時にSMCI指数がやや上回っていても、得点理由が相手由来(相手のUE,つまりOUE)のポイントが多く、失点理由も相手由来(FE)が多ければ、2ndセットを取る確率は高くないということです。それは、1stセットを取ったとしても、得点も失点も相手によって引き起こされているから、次のセットで流れが反転する可能性があると言えます。
まとめると、自分主導のポイントが多く、相手由来の失点が少ない方が、2ndセットも自分のペースでコントロールすることが言えるかもしれません。
自分が考えてもいなかった視点を提供していただき、本当にワクワクしながら考察させて頂きました。

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

たわむれに、現在開催中のインディアンウェルズの試合を少しだけ手動でデータを取ってみました。
すると…

・1stセットを獲得。SMCI指数が相手選手より優勢(有意な差は無し)で正基準点と負基準点の間。しかし、続く2ndセットを落とす
↑このような選手は相手選手よりも1stセットにおける「OFE÷TPW」が低く「FE÷PL」が高い

・1stセットを獲ったもののUEが凄まじく多い。SMCI指数は相手選手よりマシ(有意差は無し)だが負基準点より悪い。しかし、2ndセットも獲って勝利
↑このような選手は相手選手よりも1stセットにおける「OFE÷TPW」が高く「FE÷PL」が低い

・1stセットを獲得。SMCI指数が相手選手より優勢(有意な差は無し)で正基準点と負基準点の間。続く2ndセットも獲って勝利
↑このような選手は相手選手よりも1stセットにおける「OFE÷TPW」が高く「FE÷PL」が低い

このような傾向?を見出しました。サンプル数があまりにも低いので当てになるかは甚だ疑問ですが、
もしよろしければ参考にしてください。

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

TCE00076747さん
はい。その通りです。
ウィナーの中にはサービスエースやリターンエースも含まれています。

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

返信ありがとうございます、よくわかりました。
ちなみにですが、ウィナーをカウントする際にサービスエースやリターンエースは数に含めていますか?

こんな記事も読みたい

アカプルコの名試合【Cord Baller】

西岡良仁が8強! ソック(18位)に続きトンプソン(79位)も破る! 次はナダルと対戦か!?(メキシコ2017)【0 to zeroのhorizon】

跳ねる西岡! 靴下を畳んでアカプルコ2Rへ【ノータイトル!】

ブロガープロフィール

profile-icontamany365

テニスを愛しています。
テニスの試合をスタッツ分析するのが趣味です。
新しいスタッツ分析指標、実質試合支配指数(SMCI)を発案しました。
Twitterもやってます。
ブログの方もぼちぼちやってます。
「たまにの暮らし―tamany」
https://tamany365.com/
実質試合支配指数(SMCI)
実質試合支配率(SMCR)
ポイント実質支配レーティング(SCRP)
優勢指数(AI)
試合優勢率(MAR)
ポイント優勢レーティング(ARP)
劣勢指数(DI)
試合劣勢率(MDR)
ポイント劣勢レーティング(DRP)
ゲームパワー(GP)
サービスゲームパワー(SGP)
リターンゲームパワー(RGP)
過剰ゲームパワー(EGP)
過剰サービスゲームパワー(ESGP)
過剰リターンゲームパワー(ERGP)
総点数(TPP)
総得点(TPW)
ウィナー(W)
対戦相手のアンフォーストエラー(OUE)
対戦相手のフォーストエラー(OFE)
攻撃的得点(AP)
積極性差益(AM)
得点差益(GM)
合計失点数(TPL)
失点(PL)
アンフォーストエラー(UE)
フォーストエラー(FE)
獲得率(GR)
ポイント獲得性(GOP)
積極率 (AR)
ポイント積極性(AOP)
精度率 (PR)
ポイント精度性(POP)
効率(ER)
ポイント効率性(EOP)
損失率(LR)
ポイント損失性(LOP)
不正確率(IR)
ポイント不正確性(IOP)
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:132195

(03月28日現在)

関連サイト:「たまにの暮らし-tamany」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント
  2. 実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要
  3. リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因
  4. 錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!
  5. 過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク
  6. 西岡選手IW大会2回戦突破!実質試合支配指数(SMCI)分析
  7. 錦織選手 マイアミ大会 2回戦 好発進!
  8. 新たな指標 ゲームパワー(GP)指数
  9. 実質試合支配指数(SMCI)の使い方と実例
  10. 実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

月別アーカイブ

2017
03
02

このブログを検索

Twitterもやってます。テニスや人生のことを呟いています。 Tama@tanany365 https://twitter.com/tamany365

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss