たまにテニス

プレーの質の時間変動 Quality of Play移動平均

このエントリーをはてなブックマークに追加

 GP(ゲームパワー)推移はどちらの選手の方がゲームを獲得する力が大きかったのか、その力の推移を見ることはできます。しかし、特定の時間帯かつピンポイントで選手のプレーの質の変動を測定するには不向きです。例えば、十分GPに差があるような展開ならば、短時間プレーの質が悪化してもあまりグラフには変化がありません。何故なら、GP推移は累積平均で計算しているので短時間の変化が大きくは反映されないからです。(*それまでの積み重ねが重さを増し、瞬間的な変化が埋もれやすい)  しかし、テニスの試合は得てして短時間のプレーの質の低下が勝敗を決する場合があります。それまではプレーが好調であっても、たった1ゲームの間だけプレーの質が低下しブレークされることは良くあることです。そしてその1ゲームの為にセットを奪われます。  この様な状況を適切に測定するために新たにQP移動平均を発案しました。QP移動平均は選手のプレーの質・調子の時間的変動を測ることができます。QP(クオリティオブプレー)を端的に言えばポイントを取られない力です。GP(ゲームパワー)と対になる概念でしょう。  GPは「取る力」ですがその中には自分のウィナーだけでなく、相手のエラーも含まれています。どんな形でもポイントを取れば良いので「取る力」を表す上では当然です。しかし、自分のプレーの質を知るにはGPだけでは足りません。相手のアンフォーストエラーもGPには含まれるので、GPが高くてもそれが自分のプレーの質の高さから来るものなのか、相手がUEを連発しているだけなのか判別できません。  逆にQPは「取られない力」を表しています。「取られない力」とは自分のエラーを抑えることだけでなく、相手のウィナーを封じ込めることも含まれます。これはプレーの質が高くなければできないことです。ポイントを取られないということは、相手のポイントを封じ、自分がポイントをものにしているということです。その意味でポイントを取られないということはポイントを取る以上に重要かもしれません。  QPはプレーの質、そして調子の良し悪しを判断できますが、これに株式のチャート分析などに用いられる移動平均を組み合わせることで選手のプレーの質・調子の時間的変動を測ることができます。  QPは単純に相手のポイント数。QPは0に近ければ近いほど自分のプレーの質が高いことを表します。QPが0ということは相手から全くポイントを奪われていないことを意味します。  N期間のQPをNで割ることでQP移動平均を求められます。

QP移動平均=N期間の相手のポイント÷N

 これによりN期間中のQPを測れます。言い換えるならば、N期間中のプレーの質、調子の良し悪しが分かります。  N期間は任意に変更できますが、2ゲーム間隔(短期)、4ゲーム間隔(中期)、6ゲーム間隔(長期)に分けて使います。偶数なのはサービスゲームとリターンゲームの平均を求められるからです。  

 サンプルの図をご覧ください。

 これは分析の記事ではないので、分かりやすい部分だけを説明いたします。  図を見ると、第1セット11ゲーム以降ムグルッサとヴィーナスのQPに大きな開きがあります。ムグルッサのQPは0に近づき、ヴィーナスのQPは4以上になっています。つまり、第1セット11ゲーム以降、ヴィーナスはプレーの質を落とし、ムグルッサはプレーの質を高めたということです。分かりやすい例です。  これからの分析にも使用していこうと考えています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
分析ツール解説
タグ:
テニス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

―大会レポート― 第12日 ムグルッサが初優勝、37歳のビーナスを7-5、6-0で打倒【ウィンブルドンテニス2017】

やはり錦織選手なのである!【感情移入で熱くなりたい!】

ウィンブルドン決勝前~形にならぬ思いなど【Moon Ball in the Sun】

ブロガープロフィール

profile-icontamany365

テニスを愛しています。
テニスの試合をスタッツ分析するのが趣味です。
新しいスタッツ分析指標、SCR%(実質支配率)とGP(ゲームパワー)、M評価を発案しました。
*SCR%はSMCIの改訂版です。
現在はTSA(テニススタッツ分析)の基本7表を用いて分析しています。
*TSA基本7表とは「得点内訳表」「失点内訳表」「得失点表」「自ポイント内訳表」「ゲームパワー表」「アタック評価」「ポイントパフォーマンス」のこと
Twitterもやってます。
ブログの方もぼちぼちやってます。
「たまにの暮らし―tamany」
https://tamany365.com/
【用語早見表】記事の用語、略語を一覧です。
a~ A選手の~
b~ B選手の~
TPP 総ポイント、試合でプレーされた全ポイント
TPW 総得点、獲得ポイント
* TPWは【TPW=W+OUE+OFE】
W ウィナー
OUE 相手のアンフォーストエラー
OFE 相手のフォーストエラー
OW 相手のウィナー
EP エラー(アンフォーストエラー、フォーストエラーの区別なし)
OEP 相手のエラー
UE アンフォーストエラー
FE フォーストエラー、強いられたエラー
TEP 総エラー、両選手のEPの合計
SCR 実質支配率 有効ポイントの数も表している
*SCRは【TPW-EP=SCR(有効ポイント)】
AP 積極的な攻撃、【AP=W+OFE】
AM アグレッシブマージン、精度と質の高いポイント【AM=AP-UE】
OwnPoints(Owp) 自分由来のポイント
*OwnPointsは【OwP=W+UE+FE】
UE対AP 1つのUEからどれぐらいのAPが生まれるかの効率 積極性効率
EP対TPW 1つのEPからどれぐらいのTPWが生まれるかの効率 得点効率
GP ゲームパワー、ゲームを獲得する力、その安定性
SGP サービスゲームパワー
RGP リターンゲームパワー
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:271800

(11月06日現在)

関連サイト:「たまにの暮らし-tamany」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント
  2. データで見る 杉田選手アンタルヤ初優勝の快挙!
  3. 実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要
  4. リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因
  5. データで見る ウィンブルドン2017決勝 フェデラーvsチリッチ
  6. 過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク
  7. 錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!
  8. 2017/6/24 世界ランクとGPランキング
  9. データで見る ウィンブルドン3回戦 錦織の敗因
  10. データで見る 錦織選手ウィンブルドン2回戦突破

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

Twitterもやってます。テニスや人生のことを呟いています。 Tama@tanany365 https://twitter.com/tamany365

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss