たまにテニス

テニスを愛しています。 たまにテニスの試合のスタッツ分析などを載せていきます。 ぼちぼちやっていきます。

tamany365

関連サイト:「たまにの暮らし-tamany」

テニスを愛しています。 テニスの試合をスタッツ分析するのが趣味です。 新しいスタッツ分析指標、SCR%(実質支配率)とGP(ゲームパワー)、M評価を発案しました。 *SCR%はSMCIの改訂版です。 現在はTSA(テニスス もっと見る
  • 昨日のページビュー:9
  • 累計のページビュー:271800
  • (11月06日現在)

最新の記事

ポイント(TPW)を最大化する最適解

 この投稿はテニスの得点(ポイント)を最大化することに関しての理論的な内容です。しかも長文です。  ですので最初に結論を述べます。  略語の用語が頻回に出てきます。用語についてはブロガープロフィールの【用語早見表】をご覧ください。 【結論】 「TPW最大化の原則」 自分のWと相手のEPを最大化し、相手のWと自分のEP最小化する時、自分のTPWは最大化する。 「TPW最大化の最適解」 ......続きを読む»

データで見る ウィンブルドン2017決勝 フェデラーvsチリッチ

 あの決勝から一週間が経とうとしています。  2017年ウィンブルドンの決勝はフェデラーvsチリッチとなり、スコアはフェデラーから見て6-3/6-1/6-4のストレート勝ちでした。  既に様々な方が投稿されていますが、今大会フェデラーは全試合ストレート勝ちで優勝を果たしました。またしてもグランドスラム男子シングルス最多優勝記録を更新し19としました。また、これによりウィンブルドン優勝回数は単独最多(......続きを読む»

データで見る ウィンブルドン2017女子決勝 ヴィーナスVSムグルッサ

 ウィンブルドン2017 女子の決勝 ヴィーナスVSムグルッサの試合が行われました。結果はムグルッサから見て7-5/6-0のストレート勝ちでした。  ポイント推移から見ていきます。  グラフを見ると、第1セットは非常に拮抗した状態でしたが、第2セットはムグルッサがヴィーナスを突き放した展開となっています。  前投稿でQP移動平均を紹介しましたがここで使用したいと思います。  QP移動平......続きを読む»

プレーの質の時間変動 Quality of Play移動平均

 GP(ゲームパワー)推移はどちらの選手の方がゲームを獲得する力が大きかったのか、その力の推移を見ることはできます。しかし、特定の時間帯かつピンポイントで選手のプレーの質の変動を測定するには不向きです。例えば、十分GPに差があるような展開ならば、短時間プレーの質が悪化してもあまりグラフには変化がありません。何故なら、GP推移は累積平均で計算しているので短時間の変化が大きくは反映されないからです。(*......続きを読む»

データで見る ウィンブルドン3回戦 錦織の敗因

 ウィンブルドン3回戦 錦織VSアグートは4-6/6-7/6-3/3-6で、セットカウント1-3で錦織選手(以下、錦織と表記)の敗退でした。 まず、試合の分析の前の事前情報ですが、ウィンブルドン前のGP(ゲームパワー)ランキング(過去1年間のGP)では錦織とアグートは互いに9位タイ、GP指数で表すと[3.1]ポイントでした。つまり、年間GPで見ると互角の状態での試合でした。  さて、ポイント推......続きを読む»

データで見る 錦織選手ウィンブルドン2回戦突破

 ウィンブルドン、錦織選手(以下、錦織と表記)の2回戦の対戦相手はウクライナのスタコウスキー(世界ランク122位)でした。試合は錦織から見て6-4/6-7/6-1/7-6でセットカウント3-1での錦織の勝利でした。錦織の3回戦進出です。 スタコウスキーは芝巧者であり、錦織が2敗している相手です。  今回は簡単な分析に留めます。  ポイント推移を見ると、第1セットから第3セット第4ゲームまで両者......続きを読む»

データで見る 杉田選手グランドスラム初勝利

 ウィンブルドン前哨戦のアンタルヤオープンで初優勝を果たした杉田選手(以下、杉田と表記)は、その自信と勢いをもってウィンブルドンで見事グランドスラム初勝利をしました。  相手はイギリスのクライン(世界232位)で、杉田から見て7-6/6-3/6-0のストレート勝ちでした。  今回は第1セットを中心に試合の分析をしていきます。ポイントの推移を見ると、第1セットはかなり接戦状態だったことが分かりま......続きを読む»

データで見る 杉田選手アンタルヤ初優勝の快挙!

 杉田祐一選手(以下、杉田と表記)がトルコのアンタルヤオープン(ATP250)でATPツアー初優勝を成し遂げました。これは日本人男子として松岡修造、錦織圭に続いて3人目のATPワールドツアーレベルでの優勝という快挙です。  この日のアンタルヤは40℃を超える酷暑でした。準決勝の杉田VSバグダティスでは暑さの余り熱中症でバグダティスが棄権するというハプニングも起こりました。  杉田の決勝の相手はマナリ......続きを読む»

2017/6/24 世界ランクとGPランキング

 過去52週におけるTOP30の選手のゲームパワー(GP)を分析し、順位が20位までの表を作成しました。  ゲームパワー(GP)とは1ゲームを獲得する力、安定性、エネルギーの指標です。ゲームパワー(GP)ランキングは、直近1年間のその選手のゲームを獲得する力の平均値の順位を表しています。ゲームパワー(GP)は基本的に最大値が4です。  3月23日の分析と同様に世界ランキングTOP10の選手の順......続きを読む»

データで見る全仏女子決勝戦オスタペンコVSハレプ

2017全仏女子決勝戦も非常に印象的な試合でした。 オスタペンコVSハレプ。スコアはオスタペンコからみて4-6/6-4/6-3でした。 非常に対照的なプレイヤーの対決ということも面白かったのですが、分析してみるとオスタペンコのスタッツが特異的なものでした。 得失点表から見ていくと、負けたはずのハレプのSCR%が高く、勝ったはずのオスタペンコのSCR%の方が低いことになっています。しかも結構な開......続きを読む»

データで見る全仏決勝ナダルVSワウリンカ

既にグラスシーズンに入っています。遅ればせながらデータから全仏決勝戦を振り返って見ようと思います。 2017年全仏オープンはナダルが前人未到のV10という偉業を達成しまた。しかも、単に優勝しただけではなく、今大会1セットも失わないという驚異的な強さを見せての優勝でした。 クレーキング完全復活。それを象徴するかのような驚異的なスタッツをナダルは決勝戦でも残しています。まず本論に入る前に、参考程度ですが......続きを読む»

テニススタッツ分析 TSAについて

お久しぶりです。長文になりますので、最初に結論とまとめから紹介します。忙しい方は「まとめ」だけお読みくだされば、概要が分かります。詳細を知りたい方は、最後まで読み進めてください。まとめに出てくる略語は、本記事内で説明があります。 1.まとめ 【TSAについて】 新しい指標の枠組み、「テニス統計分析(TSA)」。旧実質試合支配指数(旧SMCI)の課題改善と複雑さ解消。実質支配率に偏っていた指標から、個......続きを読む»

キリオスvsフェデラーとゲームパワーの推移

ゲームパワー指数(GP指数)は獲得ポイントをプレイしたゲーム数で割ることで、ある選手のその試合におけるゲームを獲得する力の大きさ、安定性を測る指標です。 GP指数=Total Points Won(自分の獲得総ポイント)÷Total Games(試合で行われたゲーム総数) ゲームパワー指数(GP指数)については『新たな指標ゲームパワー(GP)指数』の投稿に詳しくありますので興味がありまし......続きを読む»

マイアミ・オーブン 準々決勝 キリオスとズベレフ

マイアミ・オープン、準々決勝は未来のNo.1候補と期待されている2人、キリオス選手とズベレフ選手の対決でした。 結果は、6-4、6-7 (9-11)、6-3のフルセットをキリオス選手が制してフェデラー選手の待つ準決勝へ進出しました。 各スタッツを載せます。 テニス界の将来を期待されている両者の対決は見ごたえのあるものでした。 しかし、単純に実質試合支配指数(SMCI指数)を見ると、試合......続きを読む»

錦織選手 マイアミ大会 2回戦 好発進!

投稿が遅くなりました。 錦織選手、今大会は好条件が揃っています。ジョコビッチ選手・マレー選手の欠場。そして、シード選手の早期敗退。錦織がこの好機をものに出来るか注目です。 さて、錦織選手の初戦(2回戦)の相手は世界74位のケビン・アンダーソン選手。怪我でランキングを落としているとはいえ元世界10位の選手。そして2015年上海マスターズでは錦織選手をストレートで破っている相手です。 結果は、6-4,6......続きを読む»

過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク

ゲームパワー指数(GP指数)についての投稿が連続していますが、今回は過去52週のTOP30以内にいる選手のゲームパワー(GP)を分析し、順位が20位までの表を作成しました。 ゲームパワー(GP)とは1ゲームを獲得する力、安定性、エネルギーの指標です。これを過去52週分のデータで分析することで、直近1年間のその選手のゲームを獲得する力の平均値が見えてきます。 分析した結果、3月23日現在の世界ラ......続きを読む»

ゲームパワー(GP)指数の評価基準

先日、新しい試合を評価する指標としてゲームパワー指数(GP指数)を発表しました。 ゲームパワー指数(GP指数)についての詳しい説明は前回投稿の『新たな指標ゲームパワー(GP)指数』をご参照ください。 ゲームパワー指数(GP指数)を端的に説明すると、試合(またはセット)におけるゲームを獲得する力の大きさ、安定性、エネルギーが過剰かどうかの有無などを測ることが出来る指標です。 しかし、ゲームパワー指数(......続きを読む»

新たな指標 ゲームパワー(GP)指数

実質試合支配指数(SMCI指数)を発案しましたが、今回はまた別の角度から新しいテニスの試合の指標を考案しました。 1.ゲームパワー(GP)指数の意義 ゲームパワー指数(GP指数)の意義は、試合(またはセット)におけるゲームを獲得する力の大きさ、ゲームを獲得する力の安定性、ゲームを獲得する時のスムーズさ、ゲームを獲得するエネルギーが過剰かどうかの有無などを測ることが出来るという点です。 実質試......続きを読む»

西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント

BNP Paribas Open 4回戦、6-3、3-6、6(4)-7で西岡選手は惜しくも世界3位のワウリンカ選手に負けました。 惜しかった。その一言に尽きます。 西岡選手とワウリンカ選手の総得点の差は僅か1ポイント。 実質試合支配指数(SMCI指数)に至っては、西岡選手の方が上回っています。それも僅差ではありません。SMCI指数とは、どちらの選手が試合の主導権を握っていたのかを示す指数です。......続きを読む»

錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!

BNP Paribas Open 3回戦、錦織選手が左利きのビッグサーバーのミュラー選手に勝利しました。 試合内容は、錦織選手自身も語っているように、サービス・リターン共に充実していました。 それを証明するように、サービスポイント獲得率(71%)、リターンポイント獲得率(47%)は非常に高い水準でミュラー選手を圧倒しています。特に注目すべきは、ビックサーバー相手にリターンポイント獲得率が4......続きを読む»

西岡選手 IW大会3回戦 大逆転勝利! 諦めない心の強さ

BNP Paribas Open 3回戦、西岡選手が元Top10プレイヤー(現14位)のベルディヒ選手に大逆転勝利をしました。スコアは1-6、7-6(5)、6-4でした。 この試合は西岡選手のメンタルタフネス、諦めない心の強さが際立った試合でした。単にトップ選手から金星を奪った以上に意味ある試合でした。 西岡選手のメンタルタフネスの強さを証明しているのは、総得点で西岡選手(100点)の方がベル......続きを読む»

西岡選手IW大会2回戦突破!実質試合支配指数(SMCI)分析

BNP Paribas Open 2017、2回戦。西岡選手が、カルロビッチ選手に6-4、6-3のストレートで勝利しました。 他のブログで既に書いておられる方もいますが、西岡選手(70位)とカルロビッチ選手(21位、クロアチア)の体格差には圧倒されるものがあります。しかし、その身体的不利をものとのせずに見事勝利を収めました。 さて、実質試合支配指数(SMCI指数)による試合分析です。 まずは、......続きを読む»

実質試合支配指数(SMCI指数)と勝敗の相関性

『実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要』の投稿で実質試合支配指数(SMCI指数)という、ある選手の試合における実質的な支配度を表す指標を発表しましたが、その指数と実際の試合における勝敗の関係性と相関性を調べてみました。 実質試合支配指数(SMCI指数)を用いてテニスの試合を分析しても、指数自体が勝敗と関連性が無ければ分析結果の意味がありません。私自身、SMCI指数は個人的にテニスの試合を分析する......続きを読む»

リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因

錦織圭選手、残念ながら地元ブラジルのベルッチ選手に敗れ、リオオープンは初戦敗退に終わりました。錦織選手の例年とは異なるシーズン序盤のクレー巡りはベストとは言えない結果となりました。 以下、SMCI指数の表です。 手集計ですので、UE数とFE数はもしかしたら前後するかもしれません。間違っていたら申し訳ありません。 今回の分析はごく簡単に眺めるだけに留めます。 一目瞭然なのは錦織選手のSMC......続きを読む»

実質試合支配指数(SMCI)の使い方と実例

1. 実質試合支配指数(SMCI)の評価基準 前回の投稿で、実質試合支配指数(SMCI)の意義と特徴、導き出し方を紹介しました。 実質試合支配指数(以下SMCI指数と表記します)の特徴は、試合においてある選手が実質的にどれだけ主導権を握れており、支配的であったかを測るという点にあります。 詳しくは前回の記事をお読みください。 今回は、SMCI指数の具体的な用い方と評価の仕方を実際の試合を例にして......続きを読む»

実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要

SMCI指標の理論的基盤 今回、実質試合支配率(SMCR)とポイント実質支配レーティング(SCRP)という試合の趨勢を分析する2つの指数を考案しました。(以下、一度紹介した用語は略語を用いて表記します) SMCRはある選手の実質的に試合を支配する力の指標、SCRPはある選手のポイントを獲得する実質的な力の指標です。そしてこの2つの指数を総称して実質試合支配指数(SMCI)と呼びます。 テニスの......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 西岡選手 IW大会 激闘とあと1ポイント
  2. データで見る 杉田選手アンタルヤ初優勝の快挙!
  3. 実質試合支配指数(SMCI)の提案と概要
  4. リオオープン SMCI指数から見る錦織初戦敗退の要因
  5. データで見る ウィンブルドン2017決勝 フェデラーvsチリッチ
  6. 過去52週のTOP30選手のゲームパワー指数と世界ランク
  7. 錦織選手 IW大会 3回戦 完勝!
  8. 2017/6/24 世界ランクとGPランキング
  9. データで見る ウィンブルドン3回戦 錦織の敗因
  10. データで見る 錦織選手ウィンブルドン2回戦突破

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss