今日も神宮

駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書) 岩本 真弥 (著)

このエントリーをはてなブックマークに追加

試行錯誤の中でたどり着いた指導スタイル

 全国高校駅伝で2015年にアベック優勝に導くなど、駅伝の名門世羅高校を復活させた岩本真弥監督がその秘密を明かした著書。  元々は生徒を厳しく管理する指導法をとっていた岩本が試行錯誤の上にたどりついたのが、「なるべく言わない」「生徒に考えさえる」という「脱管理」の指導スタイル。   「脱管理」と言ってもただの放任主義ではない。「挨拶励行」「整理整頓」「時間厳守」という世羅三訓を重視し、生活態度などで目に余る行動がある選手には厳しく言う。   「走り込みをしないとマラソンは速くなれない」という“陸上界の常識に反し、世羅の練習は、1日1時間半の練習を週に5日、2日は自由。決して多くないが、無理しない練習を、毎日コツコツと継続することで力がつくという考えからだ。  厳しく選手を管理し、精神論をふりかざす古い指導スタイルへのアンチテーゼとも言えるアプローチが名門を復活させたのだ。

駅伝のまち、世羅

 生活態度を改め、効率的なトレーニングで成果を出すというのは、スポーツ、特にアマチュアスポーツの世界ではよくある成功パターンだ。世羅の復活には、町ぐるみの強力なバックアップがあったことも忘れてはならない。  寄付、農産物の物的なものだけでなく、クロカンコースの草刈りボランティアなど労苦も町の誇りのためならいとわない。  名物OB、神田敬州修善院住職のように、修善院をランナーの人気スポットにするなど駅伝のまち、世羅のイメージアップに貢献する人もいる。

次の世代にタスキをつなぐ

 公立高校教師の宿命である転勤に備え、岩本は次の世代へ「タスキをつなぐこと」を考えているという。町にOBの受け皿を作り、中国電力の坂口泰監督、青山学院大の原晋監督など世羅OB、自治体も巻き込んでのランニングクラブを設立すること。  それは世羅高校陸上部を核とした町おこしである。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第49回全日本大学駅伝関東選考会総括③【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

深緑の里山クロカン【TeamAOYAMAブログ】

全日本大学駅伝予選会結果(2017年)【日本大学駅伝部を応援しています!】

曲者スフィーダ〜ニッパツシーガルズvsスフィーダ世田谷(6月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

日本と世界の差 〜スペインvsコロンビアに学ぶ〜【J's Football Fan】

ラグビーから考えるアジア市場【ラグビー日本‼】

勝ちました!! 4/8のブルズ戦【ラグビー日本‼】

2017年東京都春季企業大会1回戦(JR東日本×日本ウェルネススポーツ大学・東京 セガサミー×鷺宮製作所 NTT東日本×明治安田生命)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-icontamahahaki

  • 昨日のページビュー:20
  • 累計のページビュー:40066

(08月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ちょっと昭和っぽい投球が王者を苦しめる
  2. 古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
  3. 清宮、5打席連続三振
  4. 駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書) 岩本 真弥 (著)
  5. 水と油と大学ジャパン
  6. 日本のマラソンはなぜダメになったのか [著]折山淑美
  7. 『ビッグデータ・ベースボール』トラヴィス・ソーチック (著)角川書店
  8. 『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』 鳥越規央(著) 
  9. 中南米野球はなぜ強いのか 中島大輔 ・著 (亜紀書房)
  10. 『野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界』データスタジアム株式会社 (著) (中公新書ラクレ)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss