今日も神宮

"神前試合" 立教 59年ぶりの優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

【No.50 2017/6/11 国際武道大 2-9 立教大 神宮球場 第66回全日本大学野球選手権大会】 立教大学野球部にとって、長嶋茂雄さんは“神”である。 “神前試合”で負けるわけには行くまい。 初回、1点先制された立教はワンアウト満塁で山根佑太(4年 浦和学院)のレフト前タイムリーですかさず逆転。なおも一、二塁。6番・大東孝輔(4年 長良)が初球をとらえた打球がレフトスタンドへ。5-1。立教の応援につめかけた観衆はもう優勝したかのようなボルテージ。  その熱が少し落ち着き始めた頃、ネット裏で後ろを見上げる人が増えた。貴賓席に長嶋茂雄さんがいらしているらしい。試合そっちのけで写真を撮る人、長嶋コールをする人も。鮮やかな緑のジャケット。後輩たちのたくましい戦いぶりにうれしそうだ。 試合は、4回先発の手塚周(2年 福島)がすぱっと代えて、守護神・中川颯(1年 桐光学園)を投入。手塚は6本のヒットを許すなど国際武道大にとらえられていた。流れが相手に変わる前の早めの交代だった。中川がこの日も好投、終盤にも立教が追加点。スタンドは「行け立教健児」の大合唱でおまつりムード。 15時24分。そのときはきた。 ボテボテのゴロを中川がとってファーストへ。多くの人が立ち上がり大きな拍手で快挙をたたえた。

立教大、59年ぶりの大学選手権優勝!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第66回全日本大学野球選手権大会準決勝(国際武道大×上武大 立教大×東海大北海道)【北のお部屋】

BCリーグ公式戦 富山サンダーバーズ対武蔵ヒートベアーズを見に行ってきました【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

怒りの感情をプラスの力に変える9つの習慣セミナーを開催しました!【ベースボールコミュニケーション 野球セミナーブログ】

ブロガープロフィール

profile-icontamahahaki

  • 昨日のページビュー:27
  • 累計のページビュー:40119

(08月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ちょっと昭和っぽい投球が王者を苦しめる
  2. 古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
  3. 清宮、5打席連続三振
  4. 駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書) 岩本 真弥 (著)
  5. 水と油と大学ジャパン
  6. 日本のマラソンはなぜダメになったのか [著]折山淑美
  7. 『ビッグデータ・ベースボール』トラヴィス・ソーチック (著)角川書店
  8. 『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』 鳥越規央(著) 
  9. 中南米野球はなぜ強いのか 中島大輔 ・著 (亜紀書房)
  10. 『野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界』データスタジアム株式会社 (著) (中公新書ラクレ)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss