今日も神宮

no-no よりもWIN

このエントリーをはてなブックマークに追加

【No.37 2017/5/20 明治大 3-0 立教大 神宮球場 東京六大学 2017春季リーグ戦】  明治の先発、森下 暢仁 (2年 大分商)は6回を投げ終えて許した安打は0。no-no(ノーヒットノーランに立教打線を抑えていた森下の姿は7回のマウンドにはなかった。7つの四死球を与えるなど3回、6回以外は得点圏にランナーを背負い、決して好投とは言えない内容。今季ここまでの3試合の投球イニングが7回2/3、4 2/3、6 1/3ということも考えればスタミナ的は不安もあるのだろう。後をうけた齊藤 大将 (4 桐蔭学園) も早くからブルペンで作っていたので、予定通りだったのではないか。とにかく勝たなければならない明治は最善の方法をとった。no-noよりもWIN(勝利)。  崖っぷちから一転、優勝が見えた立教には固さがあるように見えた。9回ツーアウトまでno-noに抑えられるほど明治の2投手の出来はよくなかった。最後に出た意地の2本のヒットを明日につなげられるか。

明治大・森下 暢仁 (2年 大分商) 動画



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大学野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

東都“観光”【今日も神宮】

硬式野球部・東都大学野球春季リーグ戦 対専大2回戦【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

2017年東都大学野球1部春季第7週(國學院大×亜細亜大 中央大×専修大)【北のお部屋】

ブロガープロフィール

profile-icontamahahaki

  • 昨日のページビュー:16
  • 累計のページビュー:40836

(11月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ちょっと昭和っぽい投球が王者を苦しめる
  2. 古田式・ワンランク上のプロ野球観戦術 (朝日新書)
  3. 清宮、5打席連続三振
  4. 駅伝日本一、世羅高校に学ぶ 「脱管理」のチームづくり (光文社新書) 岩本 真弥 (著)
  5. 水と油と大学ジャパン
  6. 日本のマラソンはなぜダメになったのか [著]折山淑美
  7. 『ビッグデータ・ベースボール』トラヴィス・ソーチック (著)角川書店
  8. 『勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス』 鳥越規央(著) 
  9. 中南米野球はなぜ強いのか 中島大輔 ・著 (亜紀書房)
  10. 『野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界』データスタジアム株式会社 (著) (中公新書ラクレ)

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss