3度の飯よりドラゴンズ

【リーグ戦再開前分析1】帰ってきたエース…竜の先発ローテの充実度

このエントリーをはてなブックマークに追加

 19日をもって、中日ドラゴンズは今シーズンの交流戦全日程を終えた。最終的な成績は7勝11敗。借金4で交流戦を終えた結果、セ・リーグの順位上でも32勝35敗3分と3つの借金を抱える状況となっている。首位の広島カープとのゲーム差は7。AクラスとBクラスの境界をさまよっているが、個人的にはここからの浮上は十分可能だと感じている。

 何本かの記事に分けてその理由を説明したいが、今回は先発投手陣に注目したい。

■帰ってきた背番号「19」    まず何よりも最初に挙げられるのが、吉見一起(31)の復帰だ。本人がその表現を嫌うため「復活」という言葉は使いたくないが、ファンからしてみればこれが正直な感情だろう。

 19日に行われた北海道日本ハムファイターズ戦で大谷翔平(21)と投げ合い、6回1失点の成績を残した同投手。6回に四球後の初球でレアード(28)に先制点を献上したこともあってか本人は試合後に「子どもみたいなピッチングをしていては勝てないです」(日刊スポーツ)と語っているが、やはり復帰後の登板を見るとレベルが違うと感じる。

 4月9日に今季初めてマウンドに立って以来、間隔をあけて登板していた吉見。順調に1軍の舞台での試運転を終えたのち、5月15日からは通常のローテの一角として活躍を見せている。個人的な印象としては、5月29日のヤクルトスワローズ戦までは逆球など「らしくない」投球が目立っていたが、6月5日の楽天ゴールデンイーグルス戦では7.2回を0封。その姿は2011年にリーグ連覇を果たした時のエースのものと被って見えた。まだ100%万全ではないのかもしれないが、「やはりドラゴンズのエースは吉見」だと私は復帰後の登板を見ていて感じている。

■不安視されていたローテーションにも信頼が

 やはり「エース」を一人挙げるとすれば私の答えは「吉見」となるが、その他にも頼れる投手が揃ってきた。

 まずは大野雄大(27)。この投手もシーズン序盤に離脱し、6月4日に復帰を果たすと、以降は3試合で2勝1敗。23イニングを投げて自責点はわずかに3。実際には復帰登板となったイーグルス戦の初回に自身のエラーで失点しているため印象はよくなかったが、それでも十分な投球は見せている。11日と18日の試合ではそれぞれ145球と119球を投げており、こちらはすでに万全と言ってもいいと思う。

 ジョーダン・ノルベルト(29)、ラウル・バルデス(38)も頼れるピッチングを続けている。特にジョーダンはここまで防御率2.04という抜群の安定感を見せているほか、「連敗ストッパー」としても貢献している。

 昨シーズンブレイクした若松駿太(21)はここまで防御率4.07と心配ではある。しかし「真の防御率」とも呼ばれるFIP(解釈は人それぞれ)は3.79だし、1日の福岡ソフトバンクホークス戦では好打者揃いの打線を8回無失点に封じる投球を見せている。確かにシーズン開幕当初の「ローテ2番手」の役割は荷が重かったが、今の状況では十分に計算の立つ投手ではないだろうか。

 残りの1枠は流動的だろう。現在はドラフト1位ルーキーの小笠原慎之介(18)がこの役割を担っている。16日の千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初黒星を喫し、試合後に登録抹消されているが、リーグ戦再開後もこの「第6のポジンション」に戻るだろう。制球力が悪く、球数も増えてしまう点に課題は残しているが、ホークス打線が認めたように投げっぷりは◎。プロ初勝利を手にするのは時間の問題だと思うし、他の投手がイニングを食えるので5回で降板させる余裕も現状はあるだろう。仮に小笠原を落とすにしても、小熊凌祐(25)もいずれ1軍に復帰できる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
中日ドラゴンズ
タグ:
小笠原慎之介
若松駿太
バルデス
ジョーダン
大野雄大
吉見一起
中日ドラゴンズ
プロ野球
交流戦

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

夢の球宴、編成中【鷹の止まり木】

交流戦で貯金5とは! ~swing17~【~前田智徳のホームランを市民球場で観たその日から~】

またワースト記録が【もっとDRAGONSを~】

~交流戦終了~【2016~80周年ドラゴンズ!】

大谷翔平選手、現地観戦で観たかったなあ~。ドラゴンズ、交流戦、敗北にて終了。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

交流戦が終わって【もっとDRAGONSを~】

2016.6.18観戦記 ー 「理想的だけど、薄氷な連勝」。後半戦への生き残りに「より必死な選手」も…【素人目線ですいません】

ドラゴンズ、弱いのか、そこそこ強いのか、わからぬ、、、連勝してますね。ビックリだ。【落合博満さん(元ドラゴンズ監督&GM)好きは否めない。】

ブロガープロフィール

profile-icontalkabout-baseball

1994年生まれの社会人。幼い頃から中日ドラゴンズを応援している。
一方、海外生活を通じて「批判」の少ない日本のスポーツ報道に危機感も。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:32609

(10月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. イチローの1278本は価値なし? 我々が覚えておく事実は一つだけ
  2. 野球が壊されている現状・・・コリジョンルールを正しく理解する必要性
  3. 【リーグ戦再開前分析1】帰ってきたエース…竜の先発ローテの充実度

月別アーカイブ

2016
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss