倉本匠馬の重賞コラム・予想

【天皇賞(春)2017予想】キタサンブラック・サトノダイヤモンド2強の評価とは!?上位人気8頭の実力を徹底分析!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは! 倉本匠馬です!

今週はいよいよ春の長距離王決定戦である天皇賞(春)が行われます。 キタサンブラックVSサトノダイヤモンドの対決が昨年の有馬記念以来に行われ、淀の舞台で熱い戦いが繰り広げられそうです。

そして、今回は天皇賞(春)から8頭にピックアップし、現時点での評価付きで取り上げています。 また、木曜日には特別コラムを更新する予定ですので、よろしくお願いします。

①天皇賞(春)当日の想定馬場 →良馬場

②現時点における想定ペース →スローペース

1.アドマイヤデウス(岩田騎手) 斤量:58キロ

 前走の日経賞は岩田騎手らしいロスなく運ぶ形からの3着で、力を最大限発揮するレース内容であった。 ただ、この馬は明確な弱点があるので好走には条件が必要になり、安定感に欠けるタイプで買いづらい面もある。 したがって、距離が伸びるここは厳しい戦いが強いられそうで、現時点ではかなり低い評価としておきたい。

現時点での評価 D

2.アルバート(川田騎手) 斤量:58キロ

 前走のダイヤモンドSは大外一気の競馬を見せる素晴らしい勝利で、改めて3000m以上において距離適性を感じる内容であった。 ただ、昨年の天皇賞(春)などの内容を見ても分かるように、G1路線ではワンパンチ足りない印象で、手の合うムーア騎手からの乗り替わりも気になるポイントである。 ゆえに、ここは昨年同様に評価を下げたい所で、次走以降のG2路線で買いたい馬である。

現時点での評価 E

3.キタサンブラック(武豊騎手) 斤量:58キロ

 前走の大阪杯は休み明けながらも前が引っ張る3番手から最高の形で競馬をし、他馬を寄せ付けない見事な内容であった。 ただ、昨年もカレンミロティックに追い込まれたように、この距離だと死角がある印象で枠や展開次第では取りこぼす可能性も十分にあり得る。 そうは言っても、先行力のある競馬は魅力の一つなので、上記に挙げた点など総合的な部分を見た上で最終的な判断を下したい。

現時点での評価 C

4.ゴールドアクター(横山典騎手) 斤量:58キロ

 前走の日経賞は斤量57キロや休み明けなど様々な敗因理由があったが、正直言って物足りない5着であった。 また、昨年12着に敗れているようにこの距離への延長は決してプラスとは言えず、横山典騎手への乗り替わりと言えども推しづらい。 したがって、有馬記念を制した過去もあるものの、ここは厳しい戦いとなりそうだ。

現時点での評価 D

5.サトノダイヤモンド(ルメール騎手) 斤量:58キロ

 前走の阪神大賞典はシュヴァルグランを突き放す形での勝利で、着差以上に強さを見せる競馬であった。 また、昨年の菊花賞でレインボーライン以下を寄せ付けなかったように3000m以上の距離適性も全く問題ない。 さらに、自在性のある競馬が最も生きる舞台であることを考えると、ここは本命最有力候補の1頭として取り上げたいところだ。

現時点での評価 C

6.シャケトラ(田辺騎手) 斤量:58キロ

 前走の日経賞は後方から差し切る素晴らしい勝利で、斤量55キロなどにも恵まれたが価値のある重賞初制覇であった。 ただ、3200mへの距離延長は一抹の不安を抱える馬で、馬体などを見てもやはりベストは2000〜2400mのイメージがある馬である。 ゆえに、もちろん実力面などは評価しつつも過剰人気が予想される今回は、一定以上の評価を避けたいと考えている。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 天皇賞(春) プレビュー【ホースレース・ロマネスク】

桜花賞 馬券振り返り【You's world news co.,】

【天皇賞春考察】カラフルハッピーデイの爽やかな4人と同じ場所で違う楽しみ方(4/30京都)【馬券に年間500万投じる”リアル”な週末 by 安置エイジ】

ブロガープロフィール

profile-icontakumakuramoto2017

インターネットメディア(ブログ・Twitter)などで競馬予想家アドマイヤ君として自らの予想術を駆使して、多数の読者・フォロワーを集める。無料・有料メールマガジンでの予想配信も行う。

2013年 マイナビ主催の競馬予想登竜門で優勝し、マイナビ運営競馬予想GP公認プロとしてデビュー
2014年 倉本匠馬に改名。重賞レースで年間約140%の回収率をたたき出す
2015年 ほぼ2年に渡り競馬予想GPにて中央競馬予想家2位を継続。また、重賞レースで年間116.6%、G1レースでは232%の回収率を計上
2016年 e-SHINBUNにおいて『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析~倉本匠馬produce』の新聞販売開始
2017年 netkeibaの『ウマい馬券』で予想公開開始!

生年月日:1991年6月25日(26歳)
特技:オセロ(初段)
趣味:スポーツ観戦、どら焼きを食べること
競馬スタイル:展開など
競馬を始めたきっかけになった馬:エイシンフラッシュ
好きな騎手:丹内祐次騎手
  • 昨日のページビュー:1958
  • 累計のページビュー:2315727

(12月08日現在)

関連サイト:倉本匠馬の公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【皐月賞2017予想】皐月賞特別対談・穴馬2頭とファンディーナの評価をピックアップ!
  2. 【宝塚記念2017予想】王者・キタサンブラックを唯一破る可能性を持つ激走馬とは!?今年の宝塚記念はこの馬に注目だ!
  3. 【日本ダービー2017予想】特別対談!青葉賞組などトライアル組の評価とは?!4人のオススメ馬など徹底解説!
  4. 【天皇賞(春)2017予想】狙いはキタサンブラック・サトノダイヤモンドではない!先週のモズカッチャン同様に二桁人気確実のこの馬を狙え!
  5. 【ヴィクトリアマイル2017予想】今年はスマートレイアーが危険な人気馬!?オススメ馬など特別対談で徹底分析!
  6. 【皐月賞2017予想】~スワーヴリチャードとファンディーナの評価は!?人気上位8頭の実力を徹底分析!~
  7. 【宝塚記念2017予想】キタサンブラックやシュヴァルグランの評価とは?!人気上位8頭の実力を徹底分析!
  8. 【東京新聞杯2017予想】10頭立てと雨予報の影響は?エアスピネルを徹底分析!
  9. 【天皇賞(春)2017予想】キタサンブラック・サトノダイヤモンド2強の評価とは!?上位人気8頭の実力を徹底分析!
  10. 【桜花賞2017予想】絶対女王ソウルスターリング・アドマイヤミヤビの2強対決に待ったをかける!大阪杯ステファノスに続く穴馬はこの馬だ!

月別アーカイブ

2017
12
11
10
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss