倉本匠馬の重賞コラム・予想

【桜花賞2017予想】絶対女王ソウルスターリング・アドマイヤミヤビの2強対決に待ったをかける!大阪杯ステファノスに続く穴馬はこの馬だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週はG1昇格後初の大阪杯で筆者は現地にて観戦しましたが、大いに盛り上がるレースとなりました。その中で、阪神10レースにて僅か10点ながら3連単129530円などを的中し、大阪杯ではステファノスを穴馬指定で◎キタサンブラック・○ステファノスと決め打ちした予想が出来ました。今週は牝馬クラシック第一弾の桜花賞。正直言うとソウルスターリング・アドマイヤミヤビの2頭が想定オッズを見ても抜けた存在のように映ります。ただ、3歳牝馬でキャリアも浅くまだまだ底を見せていない馬は数多くいます。その辺りを含めて、今回は先週のステファノスに続く穴馬をピックアップし買える理由を解説していきましょう。

《桜花賞》  一般的に見れば、ソウルスターリングとアドマイヤミヤビ。この2頭が抜けて見えるのは間違いありません。前者は、阪神JFと前哨戦のチューリップ賞を圧勝し無敗女王。一方で後者も初戦こそクライムメジャーの2着に敗れるも、2走目の未勝利戦で勝ち上がり。その後も安定した走りを見せており、前走のクイーンCではフェアリーS2着のアエロリットを撃破し重賞初制覇。どちらも大きく崩れるとは考えづらい。そういった印象を持たれるかもしれません。ただ、先ほども解説したように、如何せん3歳牝馬でキャリアが浅い。もちろん弱点があって崩れる可能性もありますし、底を見せていない馬が本番で激走するパターンも過去に多く存在します。そういったことを踏まえた上で、今回は現時点で狙っている穴馬1頭の解説と上記人気馬2頭の特性について見ていきたいと思います。3連単を少ない点数でゲット出来る格好のレースなので、ぜひ穴馬には注目して頂ければと考えています。

今年の桜花賞の狙い目はミスパンテールだ!叩き2走目・阪神外回りコースのVポジションで輝き放つ!~  今回の狙い目はズバリ、『ミスパンテール』1頭でしょう。それ以外の馬に関しては既に底を見せており、少なくとも女王・ソウルスターリングに勝つほどの爆発力を兼ね備えた馬はいません。では、なぜ今年はこのミスパンテールを推すのか。それを下記で順に追って解説していきます。

 まず、この馬は前走のチューリップ賞においても穴馬指定しており、大きな反響を得た馬です。7ヶ月以上の休養明けでトライアルレースに参戦。7番人気が示す通り一般的には買いづらい1頭でしたが、2着に好走しソウルスターリングとの美味しい馬券となりました。もちろん新馬戦の内容を評価してましたし、血統や展開、実力面など総合的な面で走るはずと考えていました。

 その前走は後方からの競馬。そして、直線を向いて良い脚を使い2着で権利取りを果たしました。前走だけ見ると、ソウルスターリングと比べると落ちるように見えるかもしれません。ただ、4コーナーから直線にかけて窮屈な競馬を強いられ、加速した時には既に時遅し。スムーズな競馬であればまた変わってきてたでしょう。また、今回は長期休養明けを叩き反応も良くなるはず。陣営も前回と同じく後ろに下げた競馬をするのではなく、ソウルスターリングを徹底マークすると宣言。週末の雨予報もプラスに働きそうで、四位騎手・昆厩舎の黄金コンビで今の馬場状態を生かした競馬が出来れば脅威的な存在になるはずです。G1でも通用する下地は十分にあります。

桜花賞・阪神外回りコースのVポジションとは?!出走馬全体から見るポジション・展開予想~  ここで桜花賞のVポジションを見ていきます。桜花賞が行われるのは阪神外回りコース。直線が長く坂があるため、基本的にはペースが緩みやすいと言えるでしょう。ただ、2歳戦や3歳戦ではその傾向とは真逆。2015年のレッツゴードンキが勝利した年こそ極端なスローペースでしたが、昨年は800m通過が47.1秒で、2014年は45.3秒。1200mや1400 mを使っていた馬が距離延長し前を引っ張るケースが多いので、その点には注意する必要があります。それに該当するのは、今年で言えばベルカプリやショーウェイ。前者は抽選で出走が叶うか微妙なラインですが、もし抽選を通った場合は相当早いペースで流れる可能性があることを頭に入れておく必要があるでしょう。基本的には今年の桜花賞は平均ペースで縦長傾向にある。この点は必ず押さえておいてください。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017 4月第1週海外GⅠ レース回顧【ホースレース・ロマネスク】

桜花賞ウィーク 4月8・9日の注目馬情報【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

【グラスワンダー素人日記】桜花賞 - 1人検討会【競馬徒然日記 筆者:グラスワンダー】

ブロガープロフィール

profile-icontakumakuramoto2017

インターネットメディア(ブログ・Twitter)などで競馬予想家アドマイヤ君として自らの予想術を駆使して、多数の読者・フォロワーを集める。無料・有料メールマガジンでの予想配信も行う。

2013年 マイナビ主催の競馬予想登竜門で優勝し、マイナビ運営競馬予想GP公認プロとしてデビュー
2014年 倉本匠馬に改名。重賞レースで年間約140%の回収率をたたき出す
2015年 ほぼ2年に渡り競馬予想GPにて中央競馬予想家2位を継続。また、重賞レースで年間116.6%、G1レースでは232%の回収率を計上
2016年 e-SHINBUNにおいて『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析~倉本匠馬produce』の新聞販売開始
2017年 netkeibaの『ウマい馬券』で予想公開開始!

生年月日:1991年6月25日(26歳)
特技:オセロ(初段)
趣味:スポーツ観戦、どら焼きを食べること
競馬スタイル:展開など
競馬を始めたきっかけになった馬:エイシンフラッシュ
好きな騎手:丹内祐次騎手
  • 昨日のページビュー:32746
  • 累計のページビュー:2240000

(10月07日現在)

関連サイト:倉本匠馬の公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【皐月賞2017予想】皐月賞特別対談・穴馬2頭とファンディーナの評価をピックアップ!
  2. 【宝塚記念2017予想】王者・キタサンブラックを唯一破る可能性を持つ激走馬とは!?今年の宝塚記念はこの馬に注目だ!
  3. 【日本ダービー2017予想】特別対談!青葉賞組などトライアル組の評価とは?!4人のオススメ馬など徹底解説!
  4. 【天皇賞(春)2017予想】狙いはキタサンブラック・サトノダイヤモンドではない!先週のモズカッチャン同様に二桁人気確実のこの馬を狙え!
  5. 【ヴィクトリアマイル2017予想】今年はスマートレイアーが危険な人気馬!?オススメ馬など特別対談で徹底分析!
  6. 【皐月賞2017予想】~スワーヴリチャードとファンディーナの評価は!?人気上位8頭の実力を徹底分析!~
  7. 【宝塚記念2017予想】キタサンブラックやシュヴァルグランの評価とは?!人気上位8頭の実力を徹底分析!
  8. 【東京新聞杯2017予想】10頭立てと雨予報の影響は?エアスピネルを徹底分析!
  9. 【天皇賞(春)2017予想】キタサンブラック・サトノダイヤモンド2強の評価とは!?上位人気8頭の実力を徹底分析!
  10. 【桜花賞2017予想】絶対女王ソウルスターリング・アドマイヤミヤビの2強対決に待ったをかける!大阪杯ステファノスに続く穴馬はこの馬だ!

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月07日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss