倉本匠馬の重賞コラム・予想

【弥生賞2017予想】狙いはカデナでもグローブシアターでもない!キタサンブラック後継者候補のこの馬に注目だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 読者の皆さんこんにちは。先週の阪急杯と中山記念は大荒れでしたね。そういったレースで馬券を仕留めることが出来ず落ち込んでいる筆者ですが、皆さんはいかがでしょうか。筆者はナガラオリオンを穴馬として指定しており、シュウジとの三連複2頭軸などを買えば楽しめると思っていましたが肝心なシュウジが…….。改めて競馬の難しさを実感する一日となりました。ただ、シュウジとロサギガンティアの敗因を追及することは今後のレースに必ず生きてくると思います。その件など回顧については競馬予想GPのサイトや倉本匠馬の公式ホームページにて掲載していますので、そちらをご覧ください。

 さて、今週はいよいよクラシック前哨戦となるチューリップ賞と弥生賞が行われます。3月の始まりを感じさせるレースで、チューリップ賞の文字を見ると個人的には春を意識する時期になります。また、あと少しで桜花賞。皐月賞。ダービー。宝塚記念が続いていくのかと深く考えさせられます。と同時に気合を入れてG1を当てなければダメだと気が引き締まる思いです。

そして、今回は皐月賞とダービーに向けて重要なステップレースである弥生賞について見ていきたいと思います。やはり、注目はノースヒルズ軍団のカデナとリオンディーズやエピファネイアを兄に持つグローブシアターが有力どころとして挙げられるでしょう。果たしてその2頭を信頼して良いのか?また、キタサンブラックの後継者として期待している1頭についてもお互いの共通点を挙げながら取り上げていきます。

《弥生賞》  京都2歳Sを制したカデナ。ホープフルS3着のグローブシアター。血統的背景や馬主、過去の戦績を見ても一定の評価を与えるべき存在であるのは言うまでもないでしょう。ただ、ホントにそれを信頼して良いのか。それを詳しくみていきましょう。

~カデナとグローブシアターの信頼度とは?今年の牡馬路線のレベルにも注目! まず、カデナについては前走の京都2歳Sでヴァナヘイムやベストアプローチを撃破しました。ただ、前走のレースレベルが極端に高かった訳でもありません。また、2走前にクイーンCで重賞制覇を飾ったアドマイヤミヤビに着差以上に完敗しており、例年であれば特段評価できる馬と言えない存在。一方で、グローブシアターもホープフルSこそ外目からの競馬で3着も、兄のような迫力もなく全くタイプも違いこじんまりとした印象。まだまだ成長途上中でイマイチ信用できないのが本音のところでしょう。

 ただ、今年は2歳の新馬戦開始前にもコラムなどで取り上げていたように、牡馬よりも牝馬の世代。牡馬はレイデオロ以外迫力のある馬がおらず、現時点では牡馬<牝馬の印象で弥生賞も例年以上にレベルが低いメンツが揃っています。そういった事情を考慮すると、上記2頭に関しても決して軽視できない存在でしょう。ただ、逆に言えば全体のレベルが低いと、底を見せていない新馬勝ちの馬や未勝利を勝ち上がり力を付けてきた馬にもチャンスが出てきます。ゆえに、不利などで出世が遅れた馬やデビューが遅い馬、底を見せていない馬は要注意と言えます。

 以上を簡潔にまとめると、上記2頭ともに無理に軽視する必要もないですが、人気するならば評価を上げて買うほどの価値もない。それならば狙いたい他馬や底を見せていない未知の魅力に賭けても面白い。枠順確定前の印象としてはそういったところです。

~狙いはキタサンブラックと被るダイワキャグニー!2頭の共通点とともに狙いを徹底解説~  そこで気になるのは他馬の実力面でしょう。カデナとグローブシアターが勝ち負けになるメンバーであれば堅い決着に。もし、負かすようなメンツ、底を見せていない馬が多ければそちらを狙いたいと上記でも解説した通りです。その中で最も筆者が気になっているのは、ダイワギャグニ―です。この馬は重賞でも通用する逸材でクラシックも意識できる存在。また、ジャパンカップを圧勝したキタサンブラックと様々な面で共通点が見受けられます。それを下記にて詳しく見ていきましょう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
重賞コラム
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【ペケマル】編集部一同、アーリントンC的中! とはいえ、収支を見てみると……(泣)。【【競馬まとめ!ペケマル】編集長のblog】

阪急杯 すべての状況を味方につけたベテラン幸騎手の的確な手綱捌き【ダービージョッキー大西直宏 騎手の視点】

【弥生賞2017予想】カデナやグローブシアターの評価とは!?上位人気馬8頭を展望!【倉本匠馬の重賞コラム・予想】

ブロガープロフィール

profile-icontakumakuramoto2017

インターネットメディア(ブログ・Twitter)などで競馬予想家アドマイヤ君として自らの予想術を駆使して、多数の読者・フォロワーを集める。無料・有料メールマガジンでの予想配信も行う。

2013年 マイナビ主催の競馬予想登竜門で優勝し、マイナビ運営競馬予想GP公認プロとしてデビュー
2014年 倉本匠馬に改名。重賞レースで年間約140%の回収率をたたき出す
2015年 ほぼ2年に渡り競馬予想GPにて中央競馬予想家2位を継続。また、重賞レースで年間116.6%、G1レースでは232%の回収率を計上
2016年 e-SHINBUNにおいて『fourmarks~新星競馬予想家の多角分析~倉本匠馬produce』の新聞販売開始
2017年 netkeibaの『ウマい馬券』で予想公開開始!

生年月日:1991年6月25日(26歳)
特技:オセロ(初段)
趣味:スポーツ観戦、どら焼きを食べること
競馬スタイル:展開など
競馬を始めたきっかけになった馬:エイシンフラッシュ
好きな騎手:丹内祐次騎手
  • 昨日のページビュー:2209
  • 累計のページビュー:2255401

(10月09日現在)

関連サイト:倉本匠馬の公式ホームページ

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【皐月賞2017予想】皐月賞特別対談・穴馬2頭とファンディーナの評価をピックアップ!
  2. 【宝塚記念2017予想】王者・キタサンブラックを唯一破る可能性を持つ激走馬とは!?今年の宝塚記念はこの馬に注目だ!
  3. 【日本ダービー2017予想】特別対談!青葉賞組などトライアル組の評価とは?!4人のオススメ馬など徹底解説!
  4. 【天皇賞(春)2017予想】狙いはキタサンブラック・サトノダイヤモンドではない!先週のモズカッチャン同様に二桁人気確実のこの馬を狙え!
  5. 【ヴィクトリアマイル2017予想】今年はスマートレイアーが危険な人気馬!?オススメ馬など特別対談で徹底分析!
  6. 【皐月賞2017予想】~スワーヴリチャードとファンディーナの評価は!?人気上位8頭の実力を徹底分析!~
  7. 【宝塚記念2017予想】キタサンブラックやシュヴァルグランの評価とは?!人気上位8頭の実力を徹底分析!
  8. 【東京新聞杯2017予想】10頭立てと雨予報の影響は?エアスピネルを徹底分析!
  9. 【天皇賞(春)2017予想】キタサンブラック・サトノダイヤモンド2強の評価とは!?上位人気8頭の実力を徹底分析!
  10. 【桜花賞2017予想】絶対女王ソウルスターリング・アドマイヤミヤビの2強対決に待ったをかける!大阪杯ステファノスに続く穴馬はこの馬だ!

月別アーカイブ

2017
10
08
07
06
05
04
03
02

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月09日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss