spoloveブログ

意外にも強化試合になった?ハイチ戦!本大会でのフォーメーションはいかに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハイチなんて弱小と試合を行っても意味がない。勝って当然だから。

ぬるいホームで試合をやっても厳しい戦いにならないから意味がない。

最近のサッカーファンは目が肥えているから、そんなくだらないマッチメークは意味はないことがわかっている。 だからハイチ戦の試合はチケットが余っていても当然・・・

おそらくこういった意見が多くのサッカーファンのハイチ戦前の意見だったであろう。

ところが今回の試合は、サッカーを見る目が肥えていない(?)ファンからすると、前述した(自称?)目が肥えているファンの意見をきいても全く彼らの意見が理解できない試合だったのではないだろうか?

前回のブログで自分はハイチ代表はほぼ半年試合していないこと、今回の試合で2点目、3失点目を日本が喫してしまったハイチの選手、FWデュカン・ナゾンはイングランドの実質4部リーグの選手であることを主張したが、どうやら日本の守備陣はたとえ親善試合とは言えども、そんな彼らに2点もとられてしまうというチームであるということを示してしまった。

もちろん、今回の試合はあくまで親善試合であるので今回の結果が日本代表の実力をそのまま示しているわけではない。

多くのサッカーファンがいうようなヌルイ(?!)ホームゲームであるので、次回のアウェーに期待していきたいと思う。

いくつか皮肉を書いたが、最後に今月行われた親善試合に関して気になったことを書いておく。 それは、2試合とも別のフォーメーションで試合を行ったこと。

ニュージーランド戦は4-2-3-1 ハイチ戦は4-3-3

本大会出場を決めた日本代表にとって、今回の2試合は当然ワールドカップを見据えての戦いだったはず。 その中でスタメンのフォーメーションが2試合それぞれ違ったことにとても興味を持った。

個人的には、4-2-3-1は守備的なサッカーを想定。 つまり来月行われる欧州遠征、どうやらブラジル、ベルギーと対戦するといわれているが、ここではこの布陣で来ると見ている。

今回の4-3-3は攻撃的なオプションと見ている。 ただ、今回の試合でハイチ相手に3失点となると4-3-3で戦うには、相手が格下ではない限りワールドカップでは通用しないのかなという印象を今回はもった。

2010年の南アフリカワールドカップで岡ちゃんが行ったような、4-5-1に近いような4-3-3ならともかく、ロシアでの本大会では4-2-3-1をベースに戦った方が良いようにも思ったのだがいかがだろうか?

もちろん、来月に行われる親善試合によってはまた自分の考え方も変わるかもしれない。 果たして今後の日本代表はどうなるのだろうか?ある意味この先たのしみにしてくれる今月の強化試合だった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017:A代表:親善試合:H:vsニュージーランド「ロシアへ向けて」【蹴鞠談議2】

原口元気の最大の魅力とは【パルシェン】

内容が悪かったキリンチャレンジカップ2連戦【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontaki66

スポーツに関して、広い視野を持って色々なことを学んでいきたいと思っています!よろしくおねがいします!
  • 昨日のページビュー:52
  • 累計のページビュー:2165255

(10月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 亀田大毅、引退してもよいのでは?
  2. トヨタに見捨てられた?選手入れ替わりが激しすぎるグランパスはJ1に上がれるのか?
  3. 日本人なら両足使え!
  4. ビラスボアス解雇!頭が良すぎる故の苦悩か
  5. 田中が入団したヤンキース リベラの後継者はいるのだろうか?
  6. DeNAがブランコ獲得?
  7. 来季の4番は平田か?
  8. 本田がいよいよミランデビューか?遅すぎた移籍と間違っていた(?)ロシア行き
  9. 名古屋グランパスにとって大切なのは風間監督より下條GM!
  10. イラクに勝利 ワールドカップ出場はほぼ決定だろう

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
09
08
07
06
05
03
2014
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
02
01
2008
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss