spoloveブログ

アフリカ対策でハイチ戦、長身対策のニュージーランド戦

このエントリーをはてなブックマークに追加

来年のワールドカップ出場を決めた日本代表は、10月6日にホームでニュージーランド、10月10日に同じくホームでハイチ代表と対戦する。

・南米やヨーロッパは予選中・・・

今回のマッチメークに対する批判が多いのも事実だが、既に多くの人が指摘しているように南米やヨーロッパはワールドカップ予選の最中。 そのため彼らと親善試合を行うのは事実上不可能なので、今回のような対戦になるのはある程度仕方がないだろう。

・黒人が95%のハイチ

今回の親善試合でハイチ代表を対戦相手に選んだ理由の一つは、ハイチの人口の95%が黒人であるということが関係あるように見える。 黒人のようなバネのある身体能力はアジア予選ではなかなか経験できなかった。

ワールドカップではかなり高い確率でアフリカ系のチームと1次リーグで当たる可能性がある。 適切な言い方ではないかもしれないが、アフリカ系のチームと戦うことを想定してのスパーリングという感じだろうか。

ハイチのエースストライカーは、イングランドのコヴェントリー・シティでプレーしているFWデュカン・ナゾン。 2週間前はリーグ戦でゴールを決めるなど好調の様子が伺える。

ただし、彼が所属すコヴェントリー・シティはイングランドといえども、リーグ2(実質4部リーグ)に所属するクラブ。 やはりあまりレベルの高いチームでないことは残念ながら事実である。

・ハイチは半年も試合をしていない?!

ハイチ代表に関して調べたところ、最新の国際Aマッチは今年の3月28日という記録があった。 つまりここ半年間は国際Aマッチをおこなっていないようだ。

日本と違って決してサッカー協会にお金があるわけではなく、試合を行っても赤字が増えるだけという状況という国は結構あるが、ハイチもそのような感じなのだろうか・・・

そう考えると、彼らにとって日本代表との親善試合は彼らのふところを潤わせるためには、今回のマッチメークはありがたいものだったのかもしれない。

これだけ代表としての実戦が離れているチームだと連携がうまくいってるかもわからないので、確かに対戦相手としては物足りないものになるのかもしれないが、果たしてどうなるだろうか?

・長身が多いニュージーランド

もう一つの対戦相手はニュージーランド。 ニュージーランドといえば長身選手が多い。

エースストライカーのクリス・ウッドは191センチと高慎重な選手。 彼はイングランドのプレミアリーグのバーンリーに所属しており、今シーズン既にゴールも決めている。

他にも同じくプレミアリーグのウェストハムユナイテッドに所属しているDFウィンストン・リードも191センチの高身長DF。

上の2人の所属クラブから見てもわかるとおり、ハイチに比べたらレベルは高いので、そこまで悪い対戦相手ではないように思える。

・ニュージーランドのワールドカップ予選は終わっていない!

日本は既にワールドカップ出場が決定しているが、ニュージーランドはこれから南米のどこかとワールドカップ出場に向けてのプレーオフに参加することが決定している。

今回の親善試合は彼らにとっては、1か月後のプレーオフに向けての大切な調整期間。 実戦から遠ざかっており、次の目標を見つけずらそうなハイチに比べると、彼らのモチベーションという面では決して悪い相手ではなさそうだ。

・それなりに理由があって組まれたこの試合という結論

今回のマッチメークが最適化はわからないが、黒人系アフリカ人対策と長身対策という、アジアでの試合が多い日本代表がなかなか戦えないタイプをあえて選んだマッチメークであることは理解できるので、それなりに協会は頑張って試合を組んだのだろうというのは感じることができる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アフリカ対策でハイチ戦、長身対策のニュージーランド戦

他大陸は予選をやっているだけでなくAマッチデーで連続するAマッチは同大陸開催が条件なので以前より強豪との試合は難しくなっています。同大陸開催の規定はアギーレ時代に決められて結構な騒ぎになっていますし最近も記事が出てますのでサッカーメディアが知らないはずがないのですがやたら批判的でした…自分たちで記事書いてただろうに…そしてそれに煽られてファンが乗っかるという構図です。
なのでこのマッチメイク批判はあまり相手にしてはいけないでしょう。明らかに協会の足を引っ張っているので…

ハイチとニュージーランドですが日本が自信持って格下と言える相手ではないですし、日本はテスト的な感覚で試合に臨むのでハイチの身体能力で一発でやられる、モチベーションの高いニュージーランドに押し込まれるという展開も予想できます。メディアは煽って日本が全力で勝ちに行くみたいな姿勢で報道してますが…

こんな記事も読みたい

安部裕葵にやっと気づいた?【No soccer No life!って言うほどではないけれど・・・】

必殺“リアルメッシすり抜けチャンスメーク”〜FC東京U23vs長野(9月17日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

ロシアW杯アジア最終予選から考えるハリルジャパンの現在地と評価。【 後編 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-icontaki66

スポーツに関して、広い視野を持って色々なことを学んでいきたいと思っています!よろしくおねがいします!
  • 昨日のページビュー:52
  • 累計のページビュー:2165255

(10月11日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 亀田大毅、引退してもよいのでは?
  2. トヨタに見捨てられた?選手入れ替わりが激しすぎるグランパスはJ1に上がれるのか?
  3. 日本人なら両足使え!
  4. ビラスボアス解雇!頭が良すぎる故の苦悩か
  5. 田中が入団したヤンキース リベラの後継者はいるのだろうか?
  6. DeNAがブランコ獲得?
  7. 来季の4番は平田か?
  8. 本田がいよいよミランデビューか?遅すぎた移籍と間違っていた(?)ロシア行き
  9. 名古屋グランパスにとって大切なのは風間監督より下條GM!
  10. イラクに勝利 ワールドカップ出場はほぼ決定だろう

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
09
08
07
06
05
03
2014
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
02
01
2008
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月11日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss