spoloveブログ

とりあえず解任の心配はひとまず解決したハリルホジッチ。オーストラリアには勝てるだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日行われた日本対イラクに関しての個人的な感想を書こうと思う。

イラク代表は今までの最終予選2試合と違い、4-3-3ではなく4-4-2の布陣だった。 現在2連敗とチーム状況が良くなかっただけに、新しい布陣で挑もうと考えたのかもしれない。

ハリルホジッチも想定外と言っていたが、彼らが思っていたよりかは攻撃的だったのは意外だった。 従来は日本代表がアジア相手に戦うときは、韓国やオーストラリアなどを除いてはひたすら守られてきた印象があったが、日本が先制したとはいえここまで攻撃的にいかなかった印象がある。 こういったところをみると、アジアのレベルが上がったのかもしくは日本のレベルが下がったのか、何かしら変化があったのかなと考えてしまう。

イラクは比較的シンプルな攻撃を仕掛けてきた。 中盤や最終ラインでボールを繋ぐのではなく、前方にシンプルにロングボールを放り込んでくる戦術だった。

これが意外と有効だったため、日本代表は苦戦を強いられたように思える。 こういった単純な攻撃は守っててわかりやすいものの、相手側の選手らもイメージが共有しやすいため、案外簡単に点が入ったりすることがあるだけに厄介だった。

結構苦しい試合だっただけに、山口のゴールは本当に大きかった。 山口に対しては本来は1点取った後の守備固め的の起用をハリルは考えていただろう。 決して彼の得点力に期待しての器用ではなかったものの、結果オーライという感じだろう・・・

この試合で残念だった事は、酒井宏がイエローカードを受けてしまい、次のオーストラリア戦に出場できない事。 最近のオーストラリアは、そこまで高さにこだわった戦いをしているわけではないが、ヘディングでの競り合いとなると、彼らの方がやや有利なのが現実。

酒井宏は日本代表の中では背が高い方で、セットプレーでもヘディングで競り合う事が多かっただけにこの出場停止は痛い気がする。 おそらく左サイドバックには長友が入って、酒井高が右サイドバックに入るのだろうが、セットプレーとなると少し心配である。

個人的には、槙野を左サイドバックにというアイディアもありかと思うのだが、いかがだろうか?

解任の噂も流れていたハリルホジッチだが、今回の勝利でおそらく一旦それはなくなっただろう。 互角の戦いとなるだけに、どうなるかはわからないが、勝てばグループ首位になる可能性もなくはないので、しっかりと勝利を得て今月の予選を終了させたいところだ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

とりあえず解任の心配はひとまず解決したハリルホジッチ。オーストラリアには勝てるだろうか?

個人的にオーストラリアのアウェーは勝てるだろうかより負けないようにするには…のほうに重点を置いてます。勿論勝てれば良いですが最近の日本VSオーストラリアの公式戦で日本は90分で勝てていません。反対にオーストラリアは日本に岡田ジャパンの時にホームで勝っています。ここ最近の結果から見ても格上です。決定機は向こうの方が多い試合が多い。

ザック時代の日本ホーム2戦を快勝、オーストラリアは苦しいスタートの状態で試合をやっても日本は押し込まれました。川島の好セーブに助けられ1-1の引き分けに終わりました。

寧ろ勝てたら解任の心配どころか解任なんて何を馬鹿な事を言ってるんだと言われるほどだと思います。

日本VSUAEや韓国VSカタールの試合を見ても思いましたが相手の中東の国がゴールしても以前ほど大げさに喜ばなくなったなと思いました。一昔前ですと日本、韓国相手に同点、逆転なんて状況になったらホームでも喜びを爆発させるほどだったのですが一応公式戦としての喜び方を淡々としていました。日本相手にアウェーで勝ったUAEも思ったほど喜びを爆発させていない。

中東の人は割と大雑把なところがあるのでそれもあるかもしれませんがアジアの中堅国が日本、韓国に対して恐れなくなったというのも事実かと思います。日本が弱くなったというより中東の国に自信がついたという事が考えられると思います。戦術、組織などが身についてきて俺たちはいけるという自信でしょうか。W杯でのアジアトップ勢の惨敗、イラクに関してはリオ五輪でブラジルとアウェーで引き分けた、いけるかも?ではなくいけるという自信、確信が出てきたのでしょう。

元々個人技やフィジカルは優れているのでそこに組織が加わったわけなのでそりゃもう今までのようにはいかなくなります。その出だしがアジアカップなのかなと思っています。そしてそのサッカー界の流れの常識をメディアはじめ解説者、ライターは見抜けていない。今、そして世間の不満をコントロールする方向にしか動いていない。なのでメディアやライターがハリル非難、解任論へすぐに結びついている現状は危険でもあります。

イラク戦は流れが悪かったのは事実です。タイ戦は日本の決定力不足、香川や本田の不調が目立って良い印象はありませんが試合内容はアウェーで圧倒していました。UAEVSタイを観まして結果こそ3-1ですがタイが押し込んでいたシーンも決定機も多くサウジが苦労したのもうなずけますしタイとの試合は悲観するものではないです。


苦しい試合をモノにしましたし、勝利後円陣を組んでみんなで喜んでいた、あれを見ていけると思っています。チームとしての士気は上がっているはずなのでいけると信じています。

こんな記事も読みたい

ハリルホジッチ監督への評価 【亀ののこのこ走り(主にサッカーについて)】

勝点3とることがここまで難しいとは。【燃えドラ】

日本vsイラク ロシアW杯最終予選第3戦【球マニアのBLOG】

ブロガープロフィール

profile-icontaki66

スポーツに関して、広い視野を持って色々なことを学んでいきたいと思っています!よろしくおねがいします!
  • 昨日のページビュー:55
  • 累計のページビュー:2170174

(11月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 亀田大毅、引退してもよいのでは?
  2. トヨタに見捨てられた?選手入れ替わりが激しすぎるグランパスはJ1に上がれるのか?
  3. 日本人なら両足使え!
  4. ビラスボアス解雇!頭が良すぎる故の苦悩か
  5. 田中が入団したヤンキース リベラの後継者はいるのだろうか?
  6. DeNAがブランコ獲得?
  7. 来季の4番は平田か?
  8. 本田がいよいよミランデビューか?遅すぎた移籍と間違っていた(?)ロシア行き
  9. 名古屋グランパスにとって大切なのは風間監督より下條GM!
  10. イラクに勝利 ワールドカップ出場はほぼ決定だろう

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
09
08
07
06
05
03
2014
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
02
01
2008
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss