spoloveブログ

「薬物使用者」発言は表現の自由!今回に関してはIOCの決断は正しかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

つい最近のことだが、リオオリンピックの競泳で、競泳男子400メートル自由形で金メダルを獲得したオーストラリアのマック・ホートン選手が、同競技で銀メダルを獲得した中国の孫楊選手に対して、「薬物使用者」という発言をしたことが物議を交わしていた。

それに対して、IOCのマーク・アダムス報道部長関係者が「彼の表現の自由」という見解を述べたことに批判が出ているようだ。

そもそも気になることとして、どのような場面で「薬物使用者」という発言がでたのだろうか?

その背景を調べてみると、ホートンは孫楊選手に対して「お前は薬物使用者だ!」というような発言を試合直前などに本人を目の前にして言い放ったわけではないらしい。

もしも決勝戦の直前にホートン選手がそんな発言をしていたら、明らかにスポーツマンシップにかけた行為であり、場合によってはIOCから何かしらの処分があっても仕方ないだろう。

では、どこでこの発言がでてきたのかというと、ホートン選手はメディアのインタビューで今回の話題の原因となる発言をしたらしい。

自分が調べた限りでは、試合前に孫楊選手がホートン選手に挨拶をしたにも関わらず、ホートン選手は無視をした。 どうして彼を無視したのかとマスコミに聞かれたところ「彼が薬物使用者だからだ」という回答をしたらしい。

孫楊選手はかつて薬物使用が発覚して処分を受けた過去がある。 そういった事実をもとに、ホートン選手の発言へと繋がったようだ。

そして、ここでの発言が独り歩きして、どうやら中国水泳関係者が激しく抗議したこともあって、事が大きくなったようだ。

ここから先は本人の性格次第なので想像になるが、ホートン選手はドーピング行為に対してかなり嫌悪感を抱いているように思える。 ただでさえ今回のオリンピックではロシアのドーピング回避問題が大きなものとなっているだけに、ドーピングに対してホートン選手はナーバスになっていたのではないだろうか?

よってホートン選手が孫楊選手を無視したのは、孫楊という人間そのものを否定したのではなく、薬物使用をしてしまった行為に対しての本人なりの抗議という形として現れたのだと思う。

400メートルの自由形の決勝が終了した後にホートン選手は銀メダルを獲得した孫楊選手をリスペクトするような発言をしている。 今回はそういった不正をせずに戦っただろうという風に考えているからだろう。

これもまた想像の域を出ないが、孫楊選手自身も今回のホートン選手の行動と発言に対して怒りは覚えていないだろう。 むしろ本人が悪いことをしたことに対する彼なりの抗議の意思と感じて、むしろ自分の犯した過ちに反省しているのではないだろうか?

だからこそ中国は本来なら、今回のことはあまり波風を立てない方が良い気がする。 ましてや中国の水泳連盟が講義をするなどという行為は自分たちで墓穴を掘るようなものだ。

メディアもこれ以上騒いでもいいことはない気がするのだが、騒いだ方が記事になってビジネスになるとでも考えているのだろうか・・・

最後にもう一度書いておくが、ホートン選手は孫楊選手を侮辱したのではなく、薬物行為という不正に抗議したのだ。 それ故にIOCは表現の自由と回答したのだ。 その表現方法がふさわしいものだったかどうかは、これから議論になっていくかもしれないが、決してIOCが弱腰になったわけではないということを、別に自分はIOCの味方でもなんでもないのだが、しっかりと主張しておきたいと思う。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

坂井聖人0.04秒差で銀メダル!フェルプスに迫る!渡辺一平五輪新記録1位で明日決勝へ!早大先輩を超える金へ!52年ぶりも!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

リオ五輪男子体操団体の感動は、日本が強すぎた故、アテネの感動よりも小さく……【スポ感の記憶】

他力本願!最終戦のナイジェリアは頼りになるか?【でぷスポ13号館】

体操ニッポン、12年ぶりの栄冠! ~内村航平選手、偉大なキャリアの集大成~【スコッチを片手に】

リオ五輪・卓球 福原愛が4強! ロンドン銅メダリストを圧倒 準決勝はロンドン金の李暁霞と対戦!【0 to zeroのhorizon】

リオ五輪 競技3日目:体操ニッポン念願の団体王座奪回【スポーツ えっせい】

リオ五輪 競技1日目:男子400個人メドレーの快挙の勢いに乗るべし【スポーツ えっせい】

【リオ五輪の風】最強のライバルで最高の親友、萩野と瀬戸のドラマ【サムライブルーの風】

ブロガープロフィール

profile-icontaki66

スポーツに関して、広い視野を持って色々なことを学んでいきたいと思っています!よろしくおねがいします!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2170690

(11月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 亀田大毅、引退してもよいのでは?
  2. トヨタに見捨てられた?選手入れ替わりが激しすぎるグランパスはJ1に上がれるのか?
  3. 日本人なら両足使え!
  4. ビラスボアス解雇!頭が良すぎる故の苦悩か
  5. 田中が入団したヤンキース リベラの後継者はいるのだろうか?
  6. DeNAがブランコ獲得?
  7. 来季の4番は平田か?
  8. 本田がいよいよミランデビューか?遅すぎた移籍と間違っていた(?)ロシア行き
  9. 名古屋グランパスにとって大切なのは風間監督より下條GM!
  10. イラクに勝利 ワールドカップ出場はほぼ決定だろう

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
2015
10
09
08
07
06
05
03
2014
08
07
06
05
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2012
11
10
09
08
07
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07
06
05
03
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
02
01
2008
08
07
06
05
04
03
02
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss