野球は最高の娯楽

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ニュースで見ましたが
日本もカウントがボール⇒ストライク⇒アウトの順になっていくみたいですね。

この話題が切っ掛けで日米の野球の違いについて考えていたのですが
メジャーは「肩は消耗品」という考えから酷使しないよう練習ですら球数制限を設け気を配っていますが、
日本はそこまで気を配らないといった違いもありますよね。

そして日本人がメジャーに挑戦する上で克服すべき課題の一つとしてこの違いがあげられこともあります。
実際、松坂も「投げ込みが出来ず調整が難しい、ストレスがたまる」なんて事を話していたのをニュースか何かで聞いたことがあります。

そこでちょっと皆さんにお聞きしたいのですが(野球経験者しか答えられないと思いますが)、
投げて肩や体を仕上げていくタイプでしたか?(恐らく日本人のほとんどはこれ?)
練習休み明けなど肩を休ませた後に行うピッチングはどうでしたか?

一応私も経験者ですので私の場合を言えば「投げて肩や体を仕上げていくタイプ」でした。
休み明けは肩が軽く投げると違和感があり、指に上手くかからない&上ずった球になるといった感じによくなりました。
そしてある程度張りが出て肩が重くなってくると良い球が行くようになってましたね。
外野でも補殺、三殺を狙うようなスローイングの場合には同様でした。

コメントいただけると幸いです。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
野球
タグ:
経験者
日本
プロ野球
メジャー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-icontakezou

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:19374

(10月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 斉藤祐樹は本格派?
  2. 小斉・江川と松中・小久保
  3. ホークス契約更改
  4. 川崎がメジャー挑戦!?
  5. ホークス守備
  6. 李机浩を獲得らしい
  7. 明日は大隣
  8. 久しぶりに

月別アーカイブ

2010
09
07
06
01
2009
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss