高校野球観戦日記

月別アーカイブ :2006年08月

軟式の決勝は作新学院v中京

きのうはちょっとだけ明石公園野球場へ行ってきた。甲子園の高校野球が終わっても、かんかん照りの炎天下は相変わらずだった。 そして今日おこなわれた準決勝は、2試合とも1-0の投手戦になり作新学院と中京が決勝戦に進出したようだ。ボールの規格変更にもかかわらず軟式は点が入りにくいようだけど、明日の決勝戦がいい試合になることを祈りたいものだね。 ...続きを読む»

必見・明日のNHKスペシャル

明日の午後10時から放送される、NHKスペシャル『熱闘612球“早実vs駒大苫小牧”』は必見なり。 ...続きを読む»

高校野球・最後に思うこと

私はかつて、このブログにこのようなこと(→click here)を書いておりますので、これから先、高校野球を見に甲子園球場へ行くかどうかは分かりません。今後の身の振りかたについては、相方(将来的には配偶者)と相談して決めたいと思っています。 さて一夜明けて、私が最後に見た試合が延長15回引き分けの試合だったことを嬉しく思う気持ちもある。しかしながら、引き分けになるような試合ならもっと壮絶な展開......続きを読む»

決勝戦・駒大苫小牧v早稲田実

試合開始の2時間以上前に球場に到着したのだが、すでにチケットは完売しており驚かされた。そんなわけで、いつもと同じ左中間センター寄りの外野スタンドから試合を眺めた。試合開始の30分以上前には通路に人があふれる状況で、スタンドは入場制限されていたようだ。決勝戦とて私にとっては単なる試合のひとつという位置づけなのだが、スタンドに詰めかけた多くの人はそのような考えではなかったようだ。その証拠に、試合開始のと......続きを読む»

準決勝・鹿児島工v早稲田実

初回に本塁打で3点を挙げた早実がその後も追加点を挙げ、投手の好投もあって5-0で完封勝ちした。鹿工がどのようにして早実の投手を打ち崩すかと注目して見ていたが、ちょっと簡単には打ち崩せない相手だったようだ。わずか3安打では、今の時代の高校野球は勝ち目はないだろう。鹿工の投手陣は中盤以降よく投げたが、いかんせん初回の失点が重かった。2時間足らずの早いテンポの試合だった。 野球とは直接関係ないが、鹿工の......続きを読む»

準決勝・智弁和歌山v駒大苫小牧

試合開始の1時間ほど前に球場に到着したが、球場周辺はすでにごった返しており、内野席のチケットは売り切れていて驚いた。やむなく無料開放される外野スタンドにまわって試合を眺めることにした。 序盤は点の取り合いになったが、中盤以降両チームの投手陣が踏ん張って6回以降は点が入らないまま7-4で試合が終わってしまった。試合の流れとしては5回裏に駒大苫が2点を挙げ、6回表の和智弁の攻撃を三者凡退に抑えたことが......続きを読む»

高校野球・明日は準決勝

明日とあさっても、甲子園球場へ行って現場で試合を見てこようと思う。ここまで来たら、どこが勝ってもおかしくないだろうね。希望する決勝戦の組み合わせはあるのだけど、それを私が言うとろくなことにならないことは過去の歴史が証明してるから・・・(予想してから現場へ試合を見に行くと、ことごとく外れる)。 明日の天気が心配だけど、雨が降るのは朝のうちだけのようなので試合をおこなうぶんに支障はなさそう。雨で中止に......続きを読む»

高校野球・明日から準々決勝

今日の甲子園は延長戦などあったせいで、最後の試合はプレーボールから点灯試合となっていた。試合開始から照明灯が点灯されるなんて、選手諸君は本当にうれしいだろうね。 そしてこの4年ほど、曜日の都合などがあって選手権の3回戦を見に行くことができていない。きのう今日と2日続けて私の友人が甲子園球場へ行って現場観戦したみたいだが、彼らのことを非常にうらやましく思う。昨日の駒大苫小牧v青森山田や今日の日大山形......続きを読む»

2回戦・松代v八重山商工

レフト側外野スタンドまで八商工の応援でギツギツになったなかで試合開始。3回表には雷と夕立のため試合が50分くらい中断し、カンカン照りの日差しで疲労が蓄積した私の頭脳にはなんとも過酷な試合であった。 八商工は4回裏にノーヒットで2点を先制、5回裏にも1安打(その1本の安打が本塁打)で3点を挙げ、終盤の松代の反撃を継投でかわして5-3で逃げ切った。松代は試合の序盤に再三走者を出していただけに、早い回に......続きを読む»

2回戦・文星芸大付v今治西

初回に2点を先制された今治西だったが、3回までに同点に追いつき、4回表には大量8点を挙げて試合の大勢を決定づけ12-3で圧勝した。文星付は先制したまではよかったが、投手陣が今治西の打線を抑えきることができなかった。やはり全国大会で勝ち進むには、最低限の打力を含めた攻撃力が必要だと思わされた試合。4回の大量点が入ったイニングは、今治西の好走塁が効いたと思う。あれだけ暑いなかで長時間守備につかされると、......続きを読む»

2回戦・仙台育英v日大山形

3回表に4点を先制した日大山が、バックの好守もあって6-3で仙育英を振り切った。仙育英は日大山を上回る11本の安打を放ったが、打線がつながらずあと一本が出なかった。仙育英の攻撃のうち、2回裏の三ゴロと5回裏の左飛は、いずれも得点圏に走者を置いたところで日大山にファインプレーが出たのが大きかった。試合全体をとおして、仙育英の打撃を日大山の守備が上回った印象である。仙育英は2回裏の好機を逃してしまい、後......続きを読む»

2回戦・清峰v福井商

2-1で迎えた4回裏、福井商は2本の適時打で4点を挙げて一気に逆転し、最後は7-6で逃げ切った。清峰#1は走者が出ると制球がやや乱れていたようにも思うが、好機で初球を狙う福井商の打撃が見事だったといえよう。清峰は9回表に本塁打などで4点を挙げて1点差まで追い上げたが、反撃もあと一歩及ばなかった。 結果的には、二死二塁から右前安打が出た8回裏に、右翼手からの返球が本塁前でイレギュラーして二塁走者の生......続きを読む»

2回戦・早稲田実v大阪桐蔭

試合前には5~6点の勝負かと思っていたのだが、早実の攻撃力が私の予想を上回っており11-2の圧勝だった。上回っていたというのは、単に打撃で打球を遠くに飛ばすとかそういう面だけでなく、そつのない走塁であるとか走者を進める打撃なども含めてである。大桐蔭は初戦で横浜を倒して気が抜けたわけではないとは思うが、先発投手が3回で降板したのが誤算だった。そして4番打者が完全に封じられてしまっては、大桐蔭の得点力は......続きを読む»

2回戦・鹿児島工v高知商

高知商が2回裏に2点を先行したが、鹿工も4回に2点を返して同点のまま終盤勝負の接戦に。2-2のまま迎えた7回表に鹿工は1点を勝ち越し、そのまま3-2で逃げ切った。ともに継投策で力にほとんど差がなかったが、高知商はリードされた直後の7回裏二死三塁のチャンスを逃したことと、9回裏無死一二塁の場面で二塁走者が捕手からの牽制球で刺されたことが最後に響いた。正直なところ、49番目のチームが勝利するとは私の予想......続きを読む»

2回戦・日本文理v香川西

序盤はともに走者を出すものの、あと一本が出ず5回までは0-0のこう着状態。6回表になって香川西が2本の適時打で2点を先制した。その後、日文理の終盤の反撃を1点に抑えて2-1で逃げ切った。 この試合の分かれ目は多々あったと思うが、8回裏に無死満塁となった場面で香川西が失点を1点だけで凌ぐことができたのは、香川西の外野守備陣がやや深めの守備体形をしていたことも一因である。8回裏のアウトは3つとも外野へ......続きを読む»

2回戦・如水館v帝京

4回表から外野(いつもの左中間)スタンドで観戦。球場に到着したとき2-0で帝京がリードしていたが、如水館も6回と7回に1点ずつ返して同点になった。しかし終盤になって長打攻勢が炸裂した帝京が、8回と9回に本塁打で一気に突き放して10-2で勝利した。 如水館は7回裏の攻撃で一死一塁からエンドランを敢行し、右線二塁打で一走が生還して同点に追いついたが、このとき二塁に達した打者走者が右翼手から二塁手への中......続きを読む»

1回戦・千葉経大付v八重山商工

5回までに4-0と千経付がリードしたが、八商工も中盤以降に追い上げ、7回表に4-4の同点に追い付いた。8回裏に敵策などで千経付が2点を勝ち越したが、八商工は9回表に一死三塁からの中犠飛と、その後の二死無走者からの三連打で再び同点に追い付いた。最終回のこの八商工の攻撃は、見事というほかに言葉がなかった。 延長戦に入って試合の流れは八商工に傾き、10回表に八商工は千経付の二番手投手#10を攻めて3点を......続きを読む»

1回戦・倉吉北v松代

6-6の同点で迎えた延長11回裏、松代は一死二三塁から4番の左犠飛で7-6となりサヨナラ勝ち。地味な対戦の試合となったが、ともに内外野の守備は鍛えられており好感の持てる試合だった。同点で延長戦になったあと、倉吉北も10回、11回と得点圏に走者を進めたが、あと一本が出なかったことが今となっては悔やまれる。前の試合の途中あたりから熱中症気味のため、この試合の中盤くらいまではあまり記憶がない・・・ ...続きを読む»

1回戦・常総学院v今治西

試合前に4~5点の勝負を予想していたが、今治西の打力はその予想を上回っていた。同点で迎えた3回裏、無死一塁から4番の右越本塁打で勝ち越し。その後も6回裏にも5番の右越本塁打などで加点した今治西が、終盤の常総の追い上げをしのいで11-8で逃げ切った。試合の流れから判断すると8回裏の1点が大きかったという印象である。この試合ではライトスタンドに3本の本塁打が飛び込んだが、これはいつもと違う風が影響してい......続きを読む»

1回戦・関西v文星芸大付

球場に到着したとき、試合は4回表だった。いつもの左中間外野スタンドから観戦。7回表に2本の本塁打で一挙5点を挙げた関西が逃げ切るかに思われたが、文星付は関西の二番手投手を攻めて8回裏に3点、9回裏には一挙4点を挙げて11-10で逆転サヨナラ勝ちした。 関西は試合の終盤に、失策や無駄な送球で進塁を許したのが痛恨である。5点リードの8回裏二死二三塁の場面で詰まった打球の安打が中前に飛んだが、定位置より......続きを読む»

横浜はなぜ負けたのか

昨日現場で眺めた大阪桐蔭v横浜の試合について、帰宅してからビデオで再検証してみた。思うに、横浜の敗因はいくつか考えられる。 まず、1回表に三塁盗塁を失敗したり、2回表に二塁走者が捕手からのけん制で刺されたりして、思っていたほど機動力が使えなくなったことが挙げられる。初回の三盗失敗については暴走だという意見もあるようだが、その前の2球で二塁走者はスタートするタイミングを測っていた(注:3球目に盗......続きを読む»

1回戦・大阪桐蔭v横浜

近年稀に見る力と力の激突、期待に違わぬ好ゲームになった。最終的なスコアは11-6、互いに持ちうる力を出し切ったと思う。横浜は序盤に好機であと一本が出ず、さらに6回表には一死満塁でランニングスクイズを敢行したが、これが併殺に終わって試合の主導権を握れなかったことが響いた。中盤以降はともに打線が活発に打ったが、終盤に2本の本塁打で横浜投手陣を圧倒した大桐蔭が横浜を振り切った。横浜は二塁走者が捕手の牽制で......続きを読む»

1回戦・早稲田実v鶴崎工

序盤から相手のミスにつけ込んでそつなく加点した早実が、18安打の猛攻で13-1と圧勝した。鶴崎工は試合の序盤に失策絡みで失点してしまい、流れをつかむことができなかった。鶴崎工の守備は容易に次の塁を与えすぎており、漫然とした印象を受けた。打力、守備、投手、機動力、そして細かい面においても、すべて早実がわずかずつ上回っていた印象の試合だった。大差がついても淡泊にならなかったところに、早実は春からのチーム......続きを読む»

1回戦・高知商v白樺学園

試合の序盤は、北北海道大会でも炸裂した白樺の打力が炸裂した。しかし高知商は3回から登板した二番手投手が好投し、6回裏に本塁打などで一気に4点を挙げて逆転。その後も追加点を挙げ、10-7で逆転勝ちした。6回裏、本塁打で同点となったあとの場面、一死一三塁で遊撃手への打球は完全な併殺コースに飛んだだけに、後逸してリードを許してしまったことが悔やまれる。ただ白樺の外野手は打者によって一人ずつ守備位置を変えて......続きを読む»

第88回選手権開会式の印象

大会委員長…相変わらず、戦争がどうの・・・とか言っている。日本に原子爆弾が投下されたことも事実だが、日本が戦争で何をされたかだけでなく、日本が戦争で何をしたかを正しく認識する必要があるだろう。大会委員長は孫基禎の話を知っているのだろうか。 文部科学大臣あいさつ…熱い口調の語り口がよい 高野連会長励ましの言葉…暑さを考慮してか、話が長くなくてよい 今年の開会式は、大阪桐蔭v横浜の前座という印......続きを読む»

第88回選手権・組み合わせ決まった

このたび、全国大会の組み合わせが決まった。まず注目したいのは、大阪桐蔭v横浜の試合である。日曜日の夕方の試合でもあるので、多くの観客が球場へ詰めかけることだろう。横浜のほうが有利だろうという話もあるようだが、この試合は大会の初日の試合でもある。開会式で暑いなか1時間以上立たされて、いったん球場から出たあとでまた戻ってくるスケジュールになる。2日目以降とくらべて、明らかに不確定要素が多くなる。互いの力......続きを読む»

神奈川県予選決勝・東海大相模v横浜

スカイAで神奈川県大会決勝・東海大相模v横浜の試合を見た。結果を知っている状態で見ると、いまいち身が入らないものだが・・・。試合は初回から横浜の打力が炸裂。試合開始からわずか30分でスコアは6-0。4回表に10点目を挙げたところで、試合の行方はほぼ決したといえよう。東海大相模も終盤になって反撃したが、序盤の失点があまりに大きすぎた。最終スコアは15-7、さすがに県大会の決勝で10点以上取られては厳し......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontakebou

高校野球を見るため、各地を行脚しています。このブログは、おもに毎年春と夏に更新しています。
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:2052133

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第97回選手権・組み合わせ決まった
  2. 第96回選手権・代表校決まった
  3. 番外編・私が勝手に挙げるベストゲーム
  4. 番外編・アメトーーーーク高校野球大好き芸人スペシャル
  5. 2回戦・PL学園v福井商
  6. 余談・公認野球規則7・10について
  7. 第99回広島県大会準決勝・広島商v広陵
  8. 第88回選抜が終わって
  9. 千葉県大会準々決勝・成田v習志野
  10. 余談・インフィールドフライとタイムについて

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
09
08
07
06
04
03
2015
08
07
06
04
03
2014
09
08
07
06
03
01
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
08
07
06
04
03
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2008
11
08
07
04
03
2007
08
07
04
03
2006
08
07
04
03
2005
10
08
07
04
03
2004
08
07
04
03
2003
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss