高校野球観戦日記

月別アーカイブ :2006年03月

2回戦・関西v早稲田実(再試合)

高校野球では、たまに説明のできない試合に立ちあうことがある。それが昨夏につづいてまたしても私の地元・岡山の関西の試合になってしまうとは…。2-1と1点ビハインドで迎えた8回裏、関西は一死三塁から5番の中越本塁打で一気に逆転。これで勝負あったかに思えたが、早実は9回表一死から連打と敵失(右後逸)で再逆転。粘る関西も9回裏に幸運な内野安打などで二死満塁とし、前日9回裏に同点三塁打を打った4番に回ったが捕......続きを読む»

2回戦・今治北v秋田商

6回裏に秋田商が4番、5番の連続三塁打と暴投で3点を先制。今治北は毎回のように走者を出すものの秋田商の投手にかわされ続けたが、9回表に2つの敵失と二塁打、そして外野の前に落ちる幸運な安打で同点に追いついた。9回表の秋田商の守備はどこかぎこちなかったように思うが、上空を強い追い風が吹いていたことが影響していたことは否めまい。延長戦に入り一進一退の攻防が続いたが、12回裏に秋田商は死球の走者を犠打で二塁......続きを読む»

2回戦・PL学園v愛知啓成

試合開始のときには晴れていたのに、途中で寒冷前線が通過してにわか雨が降り、風向きが何度も変わるなかでの試合。啓成のほうが多く走者を出したようにも思うが、バントやエンドランなとの失敗が響いて先制できなかった。対するPLは、9回表に二死三塁から7番打者の適時打で1点を先制し、これを守り切って1-0で逃げ切った。啓成は2回と7回に先頭打者の4番が二塁打で出塁したが、このチャンスを得点に結び付けることができ......続きを読む»

2回戦・清峰v東海大相模

天気予報が雨だったので試合がおこなわれるかどうかも分からなかったが、4時半に起きて甲子園球場に向かった。球場に着いてみると、悪天候にもかかわらず当たり前のように試合がおこなわれていた。 そんなわけで、小雨が降るなかでコートを着て3回表から屋根の下の一塁側内野席で観戦した。思っていた以上に両投手が好投し、雨中の投手戦になった。東海相は中軸に当たりが出ていなかったが、スコア2-1で迎えた8回裏に一死一......続きを読む»

行っておけば・・・と後悔しきり

長く高校野球を観戦している私には、現場(甲子園球場)で立ち会ったらこの世界から身を引こうと決めている試合がある。  1.ノーヒットノーランの試合  2.春夏連覇達成の試合  3.引き分け再試合(延長18回) こんなことを決めているのは、98年夏に横浜高校が無安打無得点試合で春夏連覇を達成した試合を見逃してしまったからである(テレビでは見た)。ついでに言うと、同じ大会の準々決勝・PL学......続きを読む»

明日の甲子園は4試合

今日の第3試合が雨天順延となったため、明日は4試合が行われることになった。去年も天候を予測したうえでの日程の変更があり、1日だけ4試合日になった。春の大会で1日に4試合を行うと、ほぼ間違いなく最後の試合はナイターになる。照明が点灯されるのは嬉しいことなのだが、春の大会で日が沈むと非常に冷え込む。1年前に見た慶応義塾v福井商の試合はとても寒かったと記憶している。そんなわけで、本当はナイターを目当てにし......続きを読む»

1回戦・東海大相模v京都外大西

期待に違わぬレベルの高いチームどうしの試合。両チームとも、打撃も守備も鍛えられていた。そしてともに中盤以降は継投策で、リリーフで登板する投手のほうが球が速い印象だった。東海相は同点になった直後の6回裏に二死満塁からの適時打で2点を勝ち越し、8回裏にも1点を追加して逃げ切った。東海相としては、追いつかれた裏の攻撃で再びリードを奪うことができたことで、試合の流れを最後まで失わなかったように思う。京外西は......続きを読む»

1回戦・岡山東商v清峰

5回までは競った展開の試合だったが、グランド整備のあとの6回表に清峰が集中打で大量8点を挙げて勝負は決まった。岡東商はこのイニングの先頭打者を四球で歩かせたことが響いたが、それを抜きにしても清峰の打撃は見事だった。岡東商の投手も結構いい投球をしていたが、清峰の打線は甘い球を見逃さなかったという印象である。清峰は中盤以降は継投策だったが、投手が3人もいるとはおそるべし。本気で全国大会を勝ちに来ている素......続きを読む»

1回戦・日本文理v高崎商

序盤に高崎商が3点をリードしたが日文理は5回までに同点に追いつき、7回に挙げた1点を継投で守り切った。高崎商は6回以降、日文理の2番手投手に封じこまれた感がある。打球がやや球威に押されていた。最終スコアは4-3だった。 個人的に勝負を分けたポイントは、日文理が5回裏に同点に追いついたところだと思う。同点になってグランド整備を迎えたことで、この試合の合い間に精神的に優位に立てたのではないかと。いまよ......続きを読む»

1回戦・北大津v旭川実

敵失があって1回裏に旭川実が無安打で先制。対する北大津は3回表に二死二、三塁から4番打者の遊内野安打で同点に追いつき、5回には二死二塁から5番打者の左中間三塁打で勝ち越した。両チームともに中盤以降はたびたび塁上に走者を出したが、旭川実は左横手投げの相手投手を最後までとらえることができなかった。9回裏も一死一、二塁の好機を迎えたが遊ゴロ併殺に終わり、スコアは2-1のままゲームセット。旭川実は1番と4番......続きを読む»

1回戦・早稲田実v北海道栄

初回の攻防で試合の行方はほぼ決まった。1回表早実は一死満塁から押し出し四球と、そのあとの適時打で3点を先制。対する北海栄も1回裏に同じく一死満塁のチャンスを作ったが、後続が凡退して無得点。ここで1点でも返していれば、また違った展開になっただけに悔やまれる。その後はそつなく加点した早実が、6安打で7点をあげて7-0で完封勝ち。中盤以降は両チームの投手が好投してテンポはよかったけど、ちょっと盛り上がりに......続きを読む»

1回戦・関西v光星学院

6回表の関西の4点が結果的に大きかった。このイニングの関西の攻撃は弱い打球が内野安打になったり詰まった打球が外野手の前にポトリと落ちて安打になったりして、大量点につながった。関西は15本の安打を放ち、打撃の良さが光った。光星も後半に追い上げたが、8回裏に2点差に追い上げたあとの二死二、三塁の好機であと一本が出なかったことが悔やまれる。最終スコアは6-4、打撃優位の試合だったが全体的に見て関西の打撃が......続きを読む»

選抜高校野球・組み合わせを見て

明日からまた高校野球がはじまる。今年もまたそのうちの何試合かを現場で見てこようと思う。組み合わせは一週間ほど前に決まった。そのトーナメント表を見て、ざっと印象をつづっておこうと思う。 まず初戦の組み合わせで現場へ行って見たい試合をいくつか挙げると、横浜v履正社、東海大相模v京都外大西。これは多くの高校野球ファンの間で意見が一致するところではなかろうか。どちらが勝つかということを抜きにして、東西......続きを読む»

駒大苫小牧の出場辞退に思うこと

昨日、駒大苫小牧が選抜高校野球の出場を辞退すると発表した。3月1日の卒業式後に、3年生の野球部員が飲酒喫煙したことが発覚。これを受けて駒大苫小牧は校内で何度も協議した結果、出場を辞退することになったという。 私個人は駒大苫小牧の出場辞退を非常に残念なことと受け止めている。しかしながら、この半年あまりのうちにまた不祥事を繰り返しているようでは、言い訳の余地がないこともまた事実だろう。昨年8月に部長の......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontakebou

高校野球を見るため、各地を行脚しています。このブログは、おもに毎年春と夏に更新しています。
  • 昨日のページビュー:21
  • 累計のページビュー:2052133

(11月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第97回選手権・組み合わせ決まった
  2. 第96回選手権・代表校決まった
  3. 番外編・私が勝手に挙げるベストゲーム
  4. 番外編・アメトーーーーク高校野球大好き芸人スペシャル
  5. 2回戦・PL学園v福井商
  6. 余談・公認野球規則7・10について
  7. 第99回広島県大会準決勝・広島商v広陵
  8. 第88回選抜が終わって
  9. 千葉県大会準々決勝・成田v習志野
  10. 余談・インフィールドフライとタイムについて

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
09
08
07
06
04
03
2015
08
07
06
04
03
2014
09
08
07
06
03
01
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
08
07
06
04
03
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2008
11
08
07
04
03
2007
08
07
04
03
2006
08
07
04
03
2005
10
08
07
04
03
2004
08
07
04
03
2003
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss