高校野球観戦日記

月別アーカイブ :2005年03月

2回戦・慶応義塾v福井商

この試合も3~4点の接戦になると思っていたが、案の定その通りの展開に。中盤までは投手戦だったが、7回と8回に迎えた好機で適時打が出て1点ずつを挙げた慶応が、#1の好投もあって3-1で逃げ切った。 福井商は1-1の同点で迎えた5回裏の攻撃のとき、相手の失策や暴投などがあってもらったチャンスでセーフティスクイズとスリーバントスクイズを敢行したが、これが両方とも失敗に終わったのが悔やまれる。福井商は毎年......続きを読む»

2回戦・駒大苫小牧v神戸国際大付

投手戦になることはある程度予想していたが、まさか駒大苫が8回まで無安打に抑えられての1安打完封負けとは…。外野スタンドにいた私も、半ば絶句の状態。9回裏の初安打を許した場面は、初球がはずれたことで、ストライクを取り急いだボールが甘く入ったように思う。8回まで無安打に抑え込んでいても、このあたりの投手心理は本当に難しい。 試合は3回と4回に2点ずつを挙げた神国付が、そのまま4-0で完封勝ちした。序盤......続きを読む»

1回戦・市和歌山商v常総学院

常総は序盤に投手の乱調もあって失策絡みで失点したのが最後に響き、初回から得点を重ねた市和商が6-5で逃げ切った。終盤に常総は追い上げたが、テンポのいい市和商左腕#1の投球が上回ったという感じだ。市和商#1は牽制球も上手だったし、フィールディングは抜群に機敏で、まるで内野手のようだった。最後の打者となった二ゴロの時のベースカバーも見事だった。 8回裏の常総の本塁打は、いつもの浜風が吹いていたら右飛の......続きを読む»

1回戦・神村学園v星稜

今日はかなり低温、さらには打者追い風で強風の甲子園球場。外野スタンドにいるが、かなり冷える。 試合は中盤以降、集中打で小刻みに加点した神村が、最終回の星稜の反撃を2点にしのいで5-3で逃げ切った。神村#1は直球が速くて、星稜打線はやや力負けした打球が多かった。9回裏の星稜の4連打は見事だったが、試合の流れを考えると、2-0で迎えた5回裏の二死二塁で1点返しておきたかった。星稜としては、反撃がや......続きを読む»

1回戦・東邦v育英

両投手が大方の予想どおり好投し、1点を争う投手戦になった。ともに無得点のまま試合は延長戦にはいり、延長10回裏に東邦が二死一塁から5番の適時三塁打で1-0とサヨナラ勝ちした。勝敗を分けたのが何だったのかよく分からないのは、両チームの選手が力を発揮したからだと思う。育英は7回表の一死一、三塁のチャンスを併殺で逃したのが痛かった。ともに得点チャンスはあっただけに、両投手がよく踏ん張った試合だった。 1......続きを読む»

1回戦・三本松v東海大相模

ちょっと両チームの力に差があったか。神奈川の私学と香川の公立の差がそのままスコアに出た感じ。序盤から東海相の攻撃力が光り、8-3で押し切ってゲームセットになった。 三本松は6回以降投手がよく投げていただけに、スコアが6-3の段階で先に1点でも取っていれば、試合展開は予断を許さなかったが・・・。8回裏無死一塁の場面で4番に回ったが、ここは4回裏の攻撃のように機動力を使ってエンドランか何かをやってほし......続きを読む»

1回戦・八幡商v羽黒

両チームとも持てる力を発揮した、いい試合だった。羽黒はもっと打てると思っていたけど、想像していた以上に八幡商#1の球が速くて驚いた。八幡商は#1が好投しただけに、打線がもう少し援護したかった。 接戦の微妙な勝負になると、ちょっとしたミスが試合を決定づけてしまう。こういういい試合になっても、高校野球はどちらかがかならず負けてしまうから、一発勝負のルールを少しだけ恨めしく思いたい心境になる。 試合は......続きを読む»

1回戦・如水館v東筑紫学園

最終回のサヨナラ勝ちの場面は如水館の打った打者(8番の代打)をほめたいけど、あの場面は満塁にわざとしないで一死一、三塁で7番と勝負してたらどうなっていたか。如水館の7番は、前の打席もチャンスで三振だっただけに。 東筑紫は8回表にいったんは同点に追いついたけど、3回以降毎回のように得点圏に走者を進めながら、あと一本が出なかったのが響いた。荒れ球の如水館#1をつかまえきれなかったという感じで、如水館を......続きを読む»

1回戦・愛工大名電v大産大付

名電#1は去年の選抜の決勝戦の時とくらべて、たくましくなってたね。投手戦になったけど、機動力小技を絡めた名電が4回裏の好機で確実に得点したのが大きかった。試合は名電が4回裏に挙げた2点を守りきって、そのまま2-0でゲームセットになった。 大産大は4回表の先制のチャンスで、いい当たりの打球が正面を野手の突くなど不運もあったが、全体的に球威に押されていた。そして名電の選手は、全員バントがすごく上手だっ......続きを読む»

1回戦・高松v宇部商

宇部商は打力が看板と聞いていたけど、打つ以外の機動力やバントなどの小技で走者を確実に進塁させるという点において、相手を上回った印象の試合だった。初回から小刻みに加点した宇部商が6-2で逃げ切った。 序盤、高松は毎回のように得点圏まで走者を進めながら、バントの失敗などがあって追いつけなかったことが悔やまれる。3回裏には1点差まで追い上げたが、中盤以降は立ち直った宇部商#1をとらえることができなかった......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-icontakebou

高校野球を見るため、各地を行脚しています。このブログは、おもに毎年春と夏に更新しています。
  • 昨日のページビュー:19
  • 累計のページビュー:2052192

(11月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第97回選手権・組み合わせ決まった
  2. 第96回選手権・代表校決まった
  3. 番外編・私が勝手に挙げるベストゲーム
  4. 番外編・アメトーーーーク高校野球大好き芸人スペシャル
  5. 2回戦・PL学園v福井商
  6. 余談・公認野球規則7・10について
  7. 第99回広島県大会準決勝・広島商v広陵
  8. 第88回選抜が終わって
  9. 千葉県大会準々決勝・成田v習志野
  10. 余談・インフィールドフライとタイムについて

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
09
08
07
06
04
03
2015
08
07
06
04
03
2014
09
08
07
06
03
01
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
08
07
06
04
03
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2008
11
08
07
04
03
2007
08
07
04
03
2006
08
07
04
03
2005
10
08
07
04
03
2004
08
07
04
03
2003
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss