高校野球観戦日記

第89回選抜が終わって

このエントリーをはてなブックマークに追加

雨天や引き分け再試合による日程の順延が相次いだ今年の大会で優勝したのは大阪桐蔭だった。第7日に引き分け再試合が連続して大会の日程が一部変更になった段階で、大阪桐蔭に追い風が吹いているなと感じた次第で。2003年の広陵や2014年の龍谷大平安などBブロックから優勝チームが出るときは、引き分け再試合や雨天による順延と日程変更が優勝するチームに有利に作用していることは、ただの偶然ではないだろう(注:2003年は準々決勝で花咲徳栄v東洋大姫路の試合が、2014年は2回戦の桐生第一v広島新庄の試合が引き分け再試合)。ただ、今回の大阪桐蔭に限っては、ベンチの選手18人のレベルが総じて高いうえに、個々の局面における作戦や選手起用などもずば抜けていた。このため日程の変更がなかったとしても、頂点まで登り詰めていたように思えるので、優勝に値するチームであったことに疑いの余地はないだろう。今後、私が現場で試合を見るにあたっても、大阪桐蔭が最大限の敬意を払うチームとなったことは間違いない。それにしても、これがもし来年であれば、優勝を争った大阪桐蔭と履正社の両方を夏の選手権大会でも見ることができるかもしれないのだろうが、今年の夏はこのうち最低でも片方は見ることができないと言うのは世の不条理というほかない。

今年の大会は好打者が多く、打撃上位であると開幕前から語られていた。その影響もあってかたくさん点が入ったし、打撃戦が多く見られたと言われる。しかし私に言わせると、いつもと異なる向きに吹いていた甲子園球場の風の影響を抜きにして、この事象を説明することはできない。通常甲子園球場ではライトからレフトへ強い風(浜風)が吹き抜けているものだが、今年の大会期間中にこの風がどれほど吹いてだろうか。実際に私が現場へ足を運んだのは5日間だったが、強い浜風が吹いていたのは1日だけだった。それ以外の日はレフトからライトに吹いたり、絶えず風が舞っていたりした。今年の西日本地方は春の訪れが遅く、さらに開幕日が早まったこともあって、まだ3月の甲子園球場を覆っていたのは冬の空気であり、吹いていたのはおもに北風なのだ。冬に吹き抜ける北風は、甲子園球場では本塁から中堅方向の打者フォローに近い向きの風となる。浜風が強く吹いていたら、今年の大会のように甲子園球場で右方向に本塁打が多発することなどあり得ない。このあたりは、夏の選手権では状況が変わってくると思っておいたほうがいいだろう(浜風が吹いて左打者には不利となる代わりに右打者有利になる)。

そして私が現場にいた日に、なんと2試合連続して規定により引き分け再試合となった。このような日に球場へ足を運ぶことができたことは貴重な体験なのだろうが、選手諸兄の立場で見ると1試合余計に行わなければならなくなるため、健康管理は大丈夫なのだろうかなどと考えさせられた。幸いにして、今回は再試合を翌日ではなく2日後に行うこととなったため、めちゃくちゃな日程変更とは思わなかった。ただ、15回を一人で投げ切った投手がいたため、大会後にまたもや投手酷使の議論が再燃したようだ。しかしその前に、日程がたったの2日延びただけでなくなる休養日を、まずは即刻改めるべきだろう。春の大会は周期的に天気が変わる時期に開催されるため、11日の日程で大会を開催していれば一日や二日は必ず雨が降る。雨天順延で休養日がなくなってしまっては、休養日の意味がないどころか、逆に選手を疲弊させているだけではないだろうか。

そして球場の借り上げ期間が限られているというのであれば、いささか乱暴な意見だが、現行の32チーム参加で大会を開催することが本当によいことなのかと考えさせられてしまう。半分の16チームとか、24チームではいけない理由があるのだろうか。今年の大会では21世紀枠のチームが大差で敗れたこともあって、その存在意義が議論の俎上に上ったと言われる。それならば、出場チームの総数から議論するべきだと思うのは私だけだろうか。そして私は高校野球の中継をテレビで見ることはないのだが、某国営放送は今回の大会で投手の投球数を表示していたという。野球の国際大会の影響を受けていることは明らかだが(ただし高校野球では球場での投球数表示はまだない)、やがて高校野球も同じ流れ、つまり投球数制限と延長戦におけるタイブレークとが取り入れられていくのかななどと思わされる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
阪神甲子園球場
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

平成29年度 名寄支部高等学校春季バスケットボール大会@名寄市スポーツセンター 終了しました。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

サンウルブズ2017 NZツアーとジェイミージャパン韓国戦【ラグビー日本‼】

甲子園大会の出場校は偶数が いい【スポーツ えっせい】

バレーボール部・春季関東大学バレーボールリーグ戦 対専大【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

秋田さんしてやったり 〈2017 3.27 市岐阜商ー県岐阜商〉【藤本バント ムーアタイムリー】

もはや複数投手制でなければ甲子園で優勝できない【スポーツ えっせい】

選抜高校野球大会:21世紀枠の成績をレーティングで考察してみる.【konakalab】

2017年3月度 谷口選手 活動報告【ホシノドリームズプロジェクト】

ブロガープロフィール

profile-icontakebou

高校野球を見るため、各地を行脚しています。このブログは、おもに毎年春と夏に更新しています。
  • 昨日のページビュー:29
  • 累計のページビュー:1894784

(05月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第97回選手権・組み合わせ決まった
  2. 第96回選手権・代表校決まった
  3. 2回戦・PL学園v福井商
  4. 番外編・私が勝手に挙げるベストゲーム
  5. 余談・公認野球規則7・10について
  6. 第88回選抜が終わって
  7. 千葉県大会準々決勝・成田v習志野
  8. 余談・インフィールドフライとタイムについて
  9. 余談・アピールプレーと審判の判定について
  10. 第94回選手権・組み合わせ決まった

月別アーカイブ

2017
04
03
2016
12
11
09
08
07
06
04
03
2015
08
07
06
04
03
2014
09
08
07
06
03
01
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
08
07
06
04
03
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2008
11
08
07
04
03
2007
08
07
04
03
2006
08
07
04
03
2005
10
08
07
04
03
2004
08
07
04
03
2003
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss