高校野球観戦日記

第98回選手権・大会第1日の3試合

このエントリーをはてなブックマークに追加

始発の電車で岡山を出発して甲子園球場へ向かった。到着したのがちょうど午前9時だったが、開会式の入場行進が始まるアナウンスが球場の外にいて聞こえてきた。開会式の最中はみんな球場の中にいるので、球場の外は人影がまばらだった。実は開会式と閉会式(決勝戦)の日にはあまり来たことがないので、球場外の様子をとても興味深く眺めてまわった。そしてその後でいつもの一塁側内野席に入場することにした。スタンドは通路に人があふれていたが、その中をかき分けて通らせてもらい、階段を駆け上がって一番上のところで開会式を眺めた。開会式が終わるとスタンドを後にする人もいるので、どこか空いている席はないかと探してみたが、直射日光の当たる前のほうの席しかなくて、やむを得ず14段の座席に陣取って試合を眺めることにした。

佐久長聖v鳴門 開会式直後の試合は何かと不確定要素が多いものだが、この試合が開始されたときの風向きはレフトからライトだった。にもかかわらず、試合の途中で風向きが変わり、強烈な浜風が吹くなかでの試合。 序盤は鳴門が主導権を握り、1回裏に二死三塁から4番の左越本塁打で2点を先制すると、2回裏にも一死一三塁から1番の適時打で1点を追加して3-0とリードを広げた。対する長聖も序盤から走者を再三出す展開となったが、好機で打順が下位に回るめぐりとなり適時打が出ない。しかし長聖は5回表、安打と盗塁で迎えた二死二塁から4番が適時打と放って1点を返すと、7回表にも3番の適時打で1点を返して3-2と追い上げた。長聖は2回の途中から登板した二番手の#11が好投して鳴門に追加点を許さなかったが、終盤の追い上げがあと一歩及ばずこのまま3-2でゲームセットになった。 鳴門としては初回の本塁打で試合の主導権を握ったのが大きかった。そしてその後は相手の追い上げられたが無失策で守りきった。最後まで#1がよく投げたという印象である。鳴門は攻撃でも守備でも、今年のチームはベンチからよく声が出ていると思った。 長聖は二番手の#11がよく投げていただけに、もう少し早いイニングに反撃をしたかった。相手を上回る9安打を放ったが、序盤に好機が下位打線にまわった打順のめぐりが勝負の綾だったといえる。7回表に1点差に迫って打順が中軸に回ったところで、一気に反撃したかったが・・・。監督さんがPLの関係者だけあって、長聖はビクトリーやウィニングマーチを演奏していた。この今の時期にPLの曲を聴けるとは思っていなかった。

出雲v智弁学園 前の試合の途中から強い浜風が吹き抜けるなか、強い日差しの下での試合。この試合も初回に本塁打が飛び出し、1回表に智弁が3番の中越本塁打で2点を先制した。その後も攻撃力に優る智弁が小技をからめて効果的に得点を加え、出雲の反撃を3回裏の1点に抑えて6-1でゲームセットになった。 出雲は先発した#1がつかまったと見て3回表から#3を登板させたが、この二番手の#3が終盤まで好投して智弁打線をうまくかわし、バックも無失策でよく守った。序盤から中盤にかけて出雲の外野手は守備位置がかなり極端だったが、左投手の#3に替えてからは智弁のスイングを見て守備位置をうまく戻していた。 智弁は初回の本塁打をはじめとする攻撃力だけでなく、送りバントやランニングスクイズが内野安打となるなどの小技が光った。中盤以降、やや攻撃に苦労した感があったが、走者をうまく得点に結びつける策の多さは見事だったと思う。

九州国際大付v盛岡大付 この試合の前に席を移動し、普段陣取っている27段の席に座った。上から見下ろす感じでとても高く、そして風がとても強いと感じる。上空の風は相変わらず強く吹き抜け、徐々に太陽が西に傾くなかでの試合。盛大付は20年前の大会で初日の第三試合で東筑と対戦しており、少なからぬ因縁を感じる。 試合は序盤から激しい点の取り合いとなり、盛大付が1回表に2点を先攻したが、その後九国付が本塁打で逆転し、その後はともに小刻みに点を取り合う展開となった。ともに攻撃力上位のチームで、両チームともに二桁の安打を放ったが、同点で迎えた9回表に盛大付は2番の本塁打で1点を勝ち越すと、敵失の走者を暴投で三塁まで進めて5番が適時打を放って8-6とリードを2点に広げた。粘る九国付も9回裏、二死二三塁と一打同点の好機を迎えたが、最後は盛大付二番手#11が反撃を許さず8-6でゲームセットになった。 盛大付は試合の要所で、本塁打を含めた長打で得点を挙げることができたのが大きかった。そして本塁打をはじめとする打力だけでなく、脚の速い選手が多くて一塁から一気に生還するなど、ひとつ先の塁を奪う機敏な走塁が勝負の綾になっていたと思う。 九国付は序盤は持ち前の打力を発揮していたが、4回から登板した盛大付#11を捉えきることができなかった。終盤まで#1が力投していただけに、8回裏に同点に追いついた後の好機で中軸に一本が欲しかった。そして9回表の守備では本塁打の失点は仕方ないにしても、そのあと失策が絡んで失った8点目が痛かった。その裏の攻撃で先頭打者を出塁させたが、攻撃の策が限定されてしまった。 九国付の三塁コーチャーは、本塁へ突入する指示をさすときに腕を回していなかった。そしてファウルボールがスタンドに飛んでくるとき、これまでは笛を吹いて合図をしていたはずだが、何か不思議な音を発する機械で合図の音を出していた。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:
阪神甲子園球場
高校野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【番外編】(1)第98回全国高等学校野球選手権大会(第1日目)【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

リオ五輪 競技1日目:男子400個人メドレーの快挙の勢いに乗るべし【スポーツ えっせい】

2016夏の甲子園 第1日【スポーツ えっせい】

全く期待できない民放地上波のスポーツ中継【スポーツ えっせい】

【高校バスケ】2016' 広島 #バスケインターハイ 最終日。女子:桜花学園が5年連続22回目の優勝。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

2017年度の高校生注目選手。そして、2017年度の中心となる高校は・・・。【北のお部屋】

【高校バスケ】2016' 広島 #バスケインターハイ 最終日。男子:福岡第一が大逆転で7年ぶり頂点。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

第98回選手権・組み合わせ決まった【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-icontakebou

高校野球を見るため、各地を行脚しています。このブログは、おもに毎年春と夏に更新しています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2051208

(10月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 第97回選手権・組み合わせ決まった
  2. 第96回選手権・代表校決まった
  3. 番外編・私が勝手に挙げるベストゲーム
  4. 番外編・アメトーーーーク高校野球大好き芸人スペシャル
  5. 2回戦・PL学園v福井商
  6. 余談・公認野球規則7・10について
  7. 第99回広島県大会準決勝・広島商v広陵
  8. 第88回選抜が終わって
  9. 千葉県大会準々決勝・成田v習志野
  10. 余談・インフィールドフライとタイムについて

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
2016
12
11
09
08
07
06
04
03
2015
08
07
06
04
03
2014
09
08
07
06
03
01
2013
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
08
07
06
04
03
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
2010
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2009
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2008
11
08
07
04
03
2007
08
07
04
03
2006
08
07
04
03
2005
10
08
07
04
03
2004
08
07
04
03
2003
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss