バトルマスター

格闘技について熱く語ります。

takahito

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:388073
  • (11月10日現在)

最新の記事

K-1ワールドGP決勝戦

本日行われたK-1ワールドGP決勝戦。 個人的には、極真カラテ世界王者ののエヴェルトン・テイシェイラ選手を応援していましたが、エロール・ジマーマン選手に大接戦の末、敗れてしまいました。 しかし、K-1参戦間もないにも関わらず、テイシェイラ選手のグローブテクニックは凄いですね。 今までK-1に参戦してきた極真カラテの選手の中でも、一番スムーズにグローブに対応しているのではないでしょう......続きを読む»

亀田興毅 年内の内藤戦実現に本格交渉へ

亀田興毅選手が内藤陣営に対して、本格交渉を開始する計画があるとのこと。 先日、島田紳助の「行列のできる法律相談所」に出演した亀田興毅が、「フライ級では負ける気がしない」などと豪語していましたが、そう見ている人はごく少数ではないでしょうか? なんだかんだ言って、親父以外に指導してくれる人間はいないでしょうから、ファイトスタイルもそう大きく変わるとは思えません。 ジャブを打たず、グ......続きを読む»

協栄ジムが亀田興毅・大毅を解雇か?

協栄ジムの金平会長が、亀田興毅と亀田大毅に対し、彼らが所属する亀田プロモーションに活動自粛を要求する意向を示したとのこと。 亀田プロモーションとの交渉が決裂した場合においては、2人の解雇も辞さない構えだそうです。 協栄ジムに拾ってもらったような格好になっているにも関わらず、ジムでの練習よりも亀田プロモーションの活動を優先させる恩知らずでおバカな亀田兄弟。 そこには、父・史郎氏の......続きを読む»

桜庭和志VS船木誠勝 結果 

昨日行われた「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」。 メインイベントは、桜庭和志VS船木誠勝の“レジェンド対決”でした。 結果は大方の予想通り、桜庭選手の勝利に終わりました。 しかし、驚かされたのは、船木選手の落ち着いた試合ぶりでした。 桜庭選手の打撃もちゃんと見えていたようですし、とても7年近くも試合をしていなかった選手とは思えないその落ち着いた戦い......続きを読む»

桜庭和志VS船木誠勝

年末に行われる「K-1 PREMIUM Dynamite!!」。 様々なカードが行われる中で、なんといっても注目すべきは、やはり、桜庭和志VS船木誠勝の一戦でしょう。 下馬評では桜庭選手有利という声が多いようですが、正直、私も桜庭選手が勝つのではないかと思っています。 船木選手は、食生活を摂生して今でも凄まじい肉体をしていますが、やはり長期間試合から遠ざかっているというのは、かなり......続きを読む»

亀田大毅謝罪会見

本日、注目の亀田大毅選手の2度目の謝罪会見が行われました。 感想としては・・・何度中途半端な謝罪会見をすれば気が済むのかということですね。 史郎氏に関する質問や内藤選手に関する質問の際に、なぜ金平会長はそれをさえぎるようなことをするのか? というよりも、金平会長が会見を早く終わらそうとしていた節が見えます。 ・・・以下、私の勝手な推測・・・ 大毅選手は表面上反省して......続きを読む»

極真会館 第9回全世界空手道選手権大会

11月16日・17日・18日に行われた、極真会館(松井館長)の第9回全世界空手道選手権大会。 空手母国日本は、ベスト8に一人入賞したのみと残念な結果に終わりました。 私は密かに市村直樹選手と正道会館の沢田秀男選手を応援していたんですが・・・。ともに4回戦で姿を消してしまいました。 今回の大会を見て感じたのは、日本選手の攻撃は中段への突きとローキックがメインなのに対して、外国人選手は......続きを読む»

極真会館 世界大会迫る

極真会館(松井館長)主催の第9回全世界空手道選手権大会が、今週末に開催されます。 内田義晃選手や田中健太郎選手、鈴木雄三選手といった若手にも期待したいですが、私が個人的に注目しているのは市村直樹選手です。 40歳を超えてなお、試合に出場し続けるというその闘志には頭が下がります。 おそらく、市村選手が最初に大会に出たのは、もう20年くらい前なのではないでしょうか? 直接打撃制の......続きを読む»

WBA世界フライ級タイトルマッチ

本日行われた、坂田健史VSデンカオセーン・カオウィチットのWBA世界フライ級タイトルマッチ。 結果は判定までもつれ込みましたが、引き分けで坂田選手が2度目の防衛に成功しました。 1Rで坂田選手がダウンを取られたときはヒヤッとしましたが、その後はおおむね坂田選手のペースで試合が進んだのではないでしょうか。 私自身は、12Rにはデンカオセーンに対してホールディングの減点もあったため、坂......続きを読む»

協栄ジム・金平会長 亀田家との会話内容について語る

本日、協栄ジムの金平会長がいろいろなテレビ番組に出て、亀田家との一連のやりとりの内容を詳しく話していました。 金平会長:もう一度ちゃんと記者会見する必要がある。 史郎氏:ああいう場所は苦手。 興毅選手:俺が行くから。 史郎氏:頼むわ亀田家を代表して、長男のお前が行ってこいや。 確かこんな内容だったと思います いやはや、史郎氏には本当にあきれますね。 ......続きを読む»

亀田興毅謝罪会見

亀田家の、”再”謝罪会見が26日に行われました。 亀田興毅選手が頭を坊主にして登場。 テレビで謝罪会見の一部を見ただけですが、それなりに誠意ある謝罪であるように見えました。 ”それなりに”というのは、会見に遅れてきたり、言葉の節々にいわゆる彼独特の”タメ口”のような言葉が入っていたのが気になったからです。 しかし、 「会見に出ない代わりに、私はボクシング界から身を引......続きを読む»

またもや前田日明氏が・・・

新宿ロフトプラスワンで行われたトークイベントに出演した前田日明氏が、またもや「PRIDEざまあみろ」発言をしたとのことです。 まあ、今回は、発言を誘った高須基仁氏にも問題はあると思います。 ただそれにしても、前回、谷川貞治イベントプロデューサーが正式に謝罪しているわけですから、その顔に泥を塗るようなことをすべきではないと思いますが・・・。 HERO'Sのスーパーバイザーという、非常......続きを読む»

これは謝罪会見?

ようやく公の場で謝罪会見を行った亀田親子。 まあ、一言で言って、反省しているようには見えませんでしたね。 亀田大毅選手は、反省しているというよりも、坊主にしなければならなかったことを不貞腐れているという感じに見えましたが? 「すみませんでした」 「申し訳ございませんでした」 この一言が言えないんですかね。 具志堅用高氏も言うように、本人から一言もないなら、謝罪......続きを読む»

今回の処分に対する亀田史郎氏の発言

昨日、亀田親子に対してJBCからの処分が発表されました。 それに対し、亀田史郎氏は、 「自分が受けた処分には納得しています。自分と大毅はこの反則行為に関しても深く反省しております。ただ段階的に考えてもいきなり1年間のライセンス停止処分は重いものではないでしょうか。ボクサーとして成長期にある18歳の大毅にとって、1年間はあまりにも長いと思います。」 とコメント。 この人は本......続きを読む»

TBS「サンデー・ジャポン」での高橋ジョージ氏の発言

亀田大毅選手を大差の判定で破った、内藤大助選手が、本日のTBS「サンデー・ジャポン」に出演していました。 その番組中、テリー伊藤氏が、亀田大毅選手の試合ぶりやTBSの姿勢を批判する中で、高橋ジョージ氏は、内藤選手の戦い方を批判するようなコメントをしていました。 「もっと打ち合ってほしかった」 とか 「グローブで相手が前に出てくるのを止めていた」 などど言っていました......続きを読む»

亀田一族 開いた口がふさがらないとはまさにこれ・・・

先日の内藤大助VS亀田大毅の世界タイトルマッチ。 父の亀田史郎氏、兄の亀田興毅氏、そして亀田大毅氏のコメントが発表されました。 亀田史郎氏は、亀田大毅氏の度重なる反則行為について、 「故意ではありません」 「結果として反則行為となってしまったことをご理解していただきたい」 とコメント。 最終ラウンドの投げ技は、どうみても故意でしょ。 結果として反則行......続きを読む»

亀田大毅 お粗末な結末

試合前の勢いの良さとは裏腹に、大差の判定負けを喫した亀田大毅。 故意の反則を繰り返したわけですが、一体何をしたかったのでしょうか? WBAスーパーフライ級前王者・名城信男氏の 「どんな負け方よりも最低の負け方だった。」 という言葉。 まさにその通りだと思います。 父親の亀田史郎氏は、 「この悔しさをバネにしたい。大毅は一から出直しや」 なんて言......続きを読む»

内藤大助VS亀田大毅 いよいよ明日に迫る

注目の内藤大助VS亀田大毅の世界タイトルマッチがいよいよ明日に迫りました。 調印式では、兄である亀田興毅が内藤にちょっかいを出していたようですね。 しかし、亀田大毅は「負けたら切腹する」なんて明らかなリップサービスをせずに、「負けたらボクシングを辞める」くらいのことは言ってもらいたいものですが・・・。 ...続きを読む»

正道会館 金泰泳選手

ここ最近、正道会館の金泰泳選手の活躍が目立っています。 2006年のK-1 PREMIUM 2006 Dynamiteでは、石澤常光選手にハイキックでKO勝ち。 今年のHERO'Sでは田村潔司選手に判定勝ち。 2ヶ月前のK-1 WORLD GP 2007 in HONG KONGでは、戦闘竜にKO勝ち、そして藤本祐介にもKO勝ち。 金選手といえば、空手家としても一流の実力を持......続きを読む»

相変わらずの亀田節が炸裂

10月11日に行われる、内藤大助VS亀田大毅の世界戦。 兄の亀田興毅は各メディアを通じて言いたい放題の様子ですね。 昨日のサンデー・ジャポンでも、「内藤は強くない」なんて言ってましたしね。 「11日の試合が終われば何もかもが分かる。そん時になって大毅が負ける言うてたヤツはほえ面かくなよ。試合が終わったらなんぼでも言うたるわ」 なんて言ってますが、もうすでになんぼでも言ってるよ......続きを読む»

波紋呼ぶ、前田氏「ざまあみろ」発言 

前田日明氏の、「ざまあみろ、PRIDE」発言に対して、HERO’Sを運営する実行委員会、ならびに実行委員の一人である谷川貞治氏が10月5日に謝罪文を発表したとのことです。 まあ、前田日明氏は昔から感情的な発言が目立ちますからねぇ。 前田氏自身からの謝罪はあるのでしょうか? ...続きを読む»

秋山成勲 無期限出場停止処分のハズでは・・・

昨年大みそかの「Dynamite!!」で全身に保湿クリームを塗って桜庭和志と戦い、無期限出場停止処分を受けていた秋山成勲が10月5日、都内で会見しました。 HERO’Sソウル大会にて復帰するとのことですが、無期限出場停止処分ってのは一体なんだったんでしょう? 無期限出場停止処分なんて言っておいて、実際は10ヶ月程度で復帰できてしまうんですね。 甘すぎるのでは・・・? ...続きを読む»

前田日明 PRIDEざまあみろ

PRIDEを運営してきたPRIDE FCワールドワイド日本事務所の突然の閉鎖、日本人社員全員の解雇通告により、PRIDEが事実上の消滅に追い込まれたことに関し、10月5日、「HERO’S KOREA 2007」開催発表記者会見に出席した前田日明HERO’Sスーパーバイザーは「ざまあみろ!」とコメントしました。 過去に引き抜きによってRINGSを活動停止に追い込まれた怒りを一気にぶちまけたのでし......続きを読む»

このブログの記事ランキング

  1. 桜庭和志VS船木誠勝 結果 
  2. TBS「サンデー・ジャポン」での高橋ジョージ氏の発言
  3. 亀田一族 開いた口がふさがらないとはまさにこれ・・・
  4. 正道会館 金泰泳選手
  5. 波紋呼ぶ、前田氏「ざまあみろ」発言 
  6. 極真会館 第9回全世界空手道選手権大会
  7. またもや前田日明氏が・・・
  8. 亀田興毅 年内の内藤戦実現に本格交渉へ
  9. 協栄ジム・金平会長 亀田家との会話内容について語る
  10. 亀田大毅謝罪会見

このブログを検索

月別アーカイブ

2008
12
09
02
01
2007
12
11
10
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss