ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

今さらですが、サンフレッチェ監督としての森保一を評価してみた。そして、大切なお知らせ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、2017年の7月に、惜しまれつつもクラブを去った森保一氏。 現在は、2020年東京オリンピック世代の代表監督として活動されています。

2011年のミシャ(ペトロヴィッチ監督)涙の退任の後を受け、2012年からサンフレッチェ広島の指揮を執ることになった、通称ポイチさん。 以後、都合6シーズンの間に、連覇を含む3回のJ1制覇を成し遂げたことになりましたが、これはもちろん、ポイチさんの監督としての技量が、大きい貢献を果たした故でした。

今回は、監督から前監督、そして今や元監督となったポイチさんの、サンフレッチェ広島での活動を、今さらですが、評価してみようと思います。 あ、言うまでもないんですけど、あくまでも私の意見ですのでね。

◆ プラス面

1.守備意識の植え付けに成功した。 2.一流のモチベーターとして人心を掌握した。 3.チームに競争原理を持ち込み、それを徹底した。

1については、もはや言い古されたことの焼き直しになってしまうのですが、何と言ってもこれが、就任初年度にサンフレッチェを優勝に導いた、最も大きな要因でした。

攻撃から守備に転じる際、ミシャの時は、とにかく自陣に戻ってポジションを取ることが優先されていたと思いますが、ポイチさんに変わってからは、それに加えて、相手のボール保持者に対して最も近い選手がアプローチする、という約束事が作られました。 攻から守への切り替えの時に洋次郎が相手選手に寄せていく姿を、私はイメージとして記憶しているのですが、これによって、後ろの選手に時間的な余裕が与えられ、ひいては守備の安定につながったのです。

守備面の充実がありさえすればミシャのサッカーでも1位を獲れることは、2016年に浦和でも証明されましたが、最初にそのことを示したのは、他ならぬポイチさんだったわけです。

2については、いつぞやの浦和戦、ハーフタイムのロッカールームの映像を思い出して頂ければいいと思います。 ミカに「宇賀神が怖いならいつでも交代させるよ」と投げかけた言葉は強烈でしたよね。 個として戦う、組織としてチームの為に戦う、という姿勢を持たせる。 ポイチさんの情熱が「戦う集団」としてのサンフレッチェを形作ったことは、言を俟たないと思います。

また、ポイチさんは常に、選手1人1人の姿をよく見ている監督でした。 チームの中核をなす主力選手やベテラン選手に対しては、大人として接し、意見交換をする一方、発育中の若い選手たちについては、敢えて突き放すことで選手たち自身の努力を促しました。 しかし、若手選手たちは、監督が自分のことを見てくれていることをよく知っていたから、「期待に応えたい」という想いで、モチベーションを落とさず精進することができたのです。

そして、練習でアピールし、競争に打ち勝ったものには、試合のメンバー入りというチャンスが与えられました。 3で言う「競争原理」そのものは、どんな監督でも重要視しているものでしょうが、ポイチさんの場合は、それが徹底されていたように思います。 ヨンソン前監督の方針は分かりませんでしたが、ポイチ監督のサンフレッチェは、試合の前日でも、調整ではなく、普段通りの密なメニューで練習していました。 それは、この練習が「試合メンバーに選ばれるための最終試験」という意味合いを持っていたからです。 そんな激しい争いの中から、岳人やジャガー、チャジ、壮也などが台頭しましたし、中堅どころでは、丸谷やササショーが(一時期は)レギュラーを掴みました。 もっと広く言えば、航平や塩ちゃんなどもこの範疇に入れていいかもしれません。

「誰が出ても戦力が落ちない」と言われたJリーグ制覇の基盤は、この競争原理の中で作られたと言えると思います。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サンフレッチェ広島
Jリーグ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017グランパス選手評 背番号4 シャルレス【赤の血潮と、青の魂】

2017グランパス選手評 背番号3 櫛引 一紀【赤の血潮と、青の魂】

【天皇杯 Final】 vs横浜Fマリノス【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

明けましておめでとうございます。【ピッチに紫の風が吹く】

2017年サンフレッチェ広島出来事カレンダー【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

長い時を経て ~FC東京戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017シーズンを終えて【ピッチに紫の風が吹く】

【広島】残留決定の安堵と、背反する想い【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保元監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1579443

(01月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss