ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

西関脇から大関へ ~調べてみればいとをかし~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月31日、水曜日。 この日に開かれた番付編成会議で、高安の大関昇進が正式に決定しました。 稀勢の里と同郷・同部屋ということもあり、テレビのワイドショーで伝達式が生中継されるなど、話題にもなりましたね。

ところで、今回の高安は、西関脇からの大関昇進でしたが、私は、この「西」という1文字に引っ掛かりました。 東の関脇を差し置いて、西の関脇が昇進する。これって、結構珍しいことなのではなかろうか?と。 そこで、早速その日、帰宅してから、過去に遡って調べてみました。

対象としたのは、「私が小学校に上がった+カープが初優勝した」という(笑)昭和50年に昇進した魁傑から、一昨年の照ノ富士までの大関昇進力士、39名です。 なお、大関陥落直後の関脇場所で10勝して復帰したケースは除いています。 また、魁傑は間をおいて2回昇進しているので、事例としては40例となります。

さて、調査してみたところ、西関脇から大関昇進を果たしたのは4名(4例)ありました。 しかし、そのうちの2名は、実は、東関脇力士との同時昇進でした。

従って、「東関脇を差し置いて西関脇が大関に昇進したケース」は、次の2例のみとなります。 (当該力士、昇進場所、東関脇力士 の順に表記。)

曙 平成 4年5月場所後 栃乃和歌 出島 平成11年7月場所後 魁皇

結果、やはり思った通り、稀有な事例だと言うことができました。 そして、調べてみたおかげで、関連情報として少し興味深いことが2つ分かりました。

まず、出島の次が高安、ということになるのですが、2人とも「本名のまま大関に昇進した力士」であり、しかも、この条件においても、出島の次が高安、という並びになったのですね。 そして、出島は関脇での優勝により大関昇進を決めたのですが、このときの優勝決定戦の相手が、横綱曙だったのです。

まあ、取るに足らない偶然なのですが、ちょっと面白かったのでお知らせしてみました。

というように、昇進の仕方も様々あるわけですが、いずれにしても、より大事なのは「大関になってからどう磨いていくか」であると思います。 大関に適う成績を挙げたからこそ昇進を認められたわけなのですから、高安には、期待に応えるべく、努力を続けてほしいと思います。

この記事の本題は以上です。

最後に2点ほど書いて、終わりにしたいと思います。

今回は「大関昇進」について調べましたが、同様のことが「横綱昇進」についても過去にあったかもしれません。 この記事を書き始める直前にフッと思ったのですが、高安の昇進に絡めての調査ということで、横綱昇進バージョンは割愛します。というか、調べてません(微笑)。 興味と時間がある方は、調べてみてはいかがでしょうか。

それと、大関とは関係ありませんが、前記事で名前を挙げた岩崎が、正式に十両昇進を決めました。 「改名するのかな?」と気になっていたのですが、翔猿(とびざる)という四股名を名乗ることになりましたね。 私はてっきり「しょうえん」と読ませると思ったのですが、まさかのキラキラネーム(笑)。 まあ何にせよ、注目を浴びることはいいことです。 是非、関取1場所目を暴れまくってほしいと思います。

それではまた。

最後までお読み下さった皆様、ありがとうございました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

西関脇から大関へ ~調べてみればいとをかし~

安藤惠一さん

コメント、ありがとうございます。
返信が遅くなりました。
正直なところ全く気付かず(微笑)、気付いてからも3日ぐらい経ってしまいました。

前場所の成績については仰る通りで、以前にも同様のケースで東西が入れ替わったことがあったような記憶が確かにあります。
ただ、そのような入れ替わりが「通例」なのかどうかは、私個人としては、確実にそうだとは言い切れないのではないかな、と思っています。
本文に書いた曙の例も、東の栃乃和歌が勝ち越しを続けていたので西関脇に据え置かれた、という事例だったと思います。

ここからは私の考えですが、今回、高安が西関脇に据え置かれたのは、実は理に適っていると思うんですね。
というのは、根本的に、横綱・大関と、関脇以下とは、番付編成の考え方が違っていると思うんですね。

横綱や大関は、序列としてはそれぞれが同格の扱い(例えば「東大関=西大関=…」というような)で、便宜上、場所ごとに成績順に並び替えている。
一方、関脇以下は、「東関脇>西関脇>東小結>…」というように明確に序列化されているのでしょう。
だから単純に、玉鷲が勝ち越して「東関脇の空席」がなかったので(大関に挙げるほどの成績でもなかったので)西関脇に止まった、ということだったのでしょう。
(もちろん、横綱や大関の方が例外な扱いなのだと言えます。)
私の推測が当たっているとも言い切れませんが…

まあ実際問題、審判部の中に明文化された基準は無さそうなので、そのときの審判部の考えで何となく決めている気がしないでもないですね。
身も蓋も無いけど、「番付とは生き物である」のひと言で片付けられる案件ですね、どうやらこれは(笑)。

長い返信になってしまいました。
実は、記事でアンサーにしようとも思ったんですけど、結果、コメントへの返信になりました。
ともかく、ありがとうございました。
是非、またお越しください!
それでは。

西関脇から大関へ ~調べてみればいとをかし~

まったく同感ですね。~調べなくてもいとをかし~
今回の高安は、5月場所の西関脇から大関へ昇進したのですが原因ははっきりしている、と言えます。
実はその前の3月場所で、東関脇の玉鷲が8勝7敗、西関脇の高安は12勝3敗でした。関脇で最高成績だった高安は、通例によれば5月場所の番付で東関脇に回るはずだったのです。5月場所の番付発表を不審に思いましたが、案の定~いとをかし~な結果となりましたね。

西関脇から大関へ ~調べてみればいとをかし~

剛球仮面さん
ようこそ、当ブログへ!

柏鵬の同時昇進をご覧になった、ということは、人生の先輩に当たられるんですね。
誠にありがとうございます。
しかも、記事アップからのこんな短時間に、調べて下さるとは思いませんでした。
とても嬉しく思いました。

その横綱昇進の件なのですが、終戦前後に掛けて、東西制というのがあったと記憶しております。
当時は出羽一門が大勢力で、幕内の半数以上を占めていたこともあったとか。
そこで、例えば、出羽一門+αが東方、その他の一門(連合軍的な)が西方、に分かれて勝数を競う、ということが行われていたそうなのです。

なので、調査して頂いた事例がその頃に集中しているのは、おそらくその所為だと思います。
(唯一、東富士の頃は多分、一門別総当たりに変わっていたと思われます。)
実は、剛球仮面さんのコメントを読んで、そのことを思い出した次第でして。
せっかく調べていただいたのに水を差すようなことになってしまったな、と申し訳なく思っております。

でも、コメントいただいたように、昇進した力士と置いて行かれた力士との、追いかけっこのような因縁は、非常に面白いですね。
重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

それではまた、よろしくお願いいたします!

西関脇から大関へ ~調べてみればいとをかし~

興味深いコメントで楽しんで拝読しました。
横綱の件、気になって調べました。
大鵬・柏戸、北の富士・玉の海の同時昇進をリアルタイムで観ていたので柏戸・玉の海の西大関からの昇進は覚えていましたので…。
比較的記録のしっかりした昭和以降ですが。
羽黒山(東は安芸ノ海)安芸ノ海(東は前田山)照国(東は前田山)前田山(東は佐賀の花)東富士(東は空位)
の5人で且つ36代から40代までの4人連続です。
又それぞれの顔ぶれを見ていると因縁めいたものを感じます。
これは今の様に部屋別総当たりではなく、以前は一門別の為起こった現象かも知れません。
部屋別総当たりは昭和40年初場所からだったと思います。

こんな記事も読みたい

高安、大関昇進へ【スポーツ えっせい】

とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

2017年5月場所終了時のレーティング【konakalab】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保前監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:206
  • 累計のページビュー:1533273

(09月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss