ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月29日、月曜日の深夜です。

先週の火曜日、10日目を終えた時点で、十両の争いがすごいことになっている!と思い、記事にしました。 そして昨日、千秋楽が終わり、十両優勝も決まりました。

あれから5日間、十両の星取表がどう推移したのか? 今回はまず、平成29年(2017年)5月場所の十両の成績を見ていただきましょう。

まずは東方。

佐田の海 9勝 6敗 千代丸 9勝 6敗 臥牙丸 9勝 6敗 錦木 10勝 5敗 英乃海 8勝 7敗 千代皇 8勝 7敗 朝乃山 8勝 7敗 青狼 8勝 7敗 千代鳳 7勝 8敗 力真 6勝 9敗 照強 7勝 8敗 竜電 9勝 6敗 誉富士 9勝 6敗 明生 9勝 6敗

続いて西方。

大砂嵐 2勝13敗 旭秀鵬 8勝 7敗 旭大星 6勝 9敗 山口 5勝10敗 東龍 8勝 7敗 剣翔 6勝 9敗 大奄美 7勝 8敗 安美錦 9勝 6敗 琴恵光 8勝 7敗 天風 9勝 6敗 里山 7勝 8敗 北太樹 8勝 7敗 旭日松 7勝 8敗 貴源治 4勝11敗

改ページで見えづらくなってたらごめんなさい。(お約束。) というか、携帯だと多少ずれるみたいで。 パソコンで整列するように編集しているので、あしからず。 (実は、記事入力画面ではもっと見づらくなっておるのです。)

「3敗のまま優勝したらファンになる」と公言させてもらった竜電が、11日目にいきなり負けてしまいまして(苦笑)。 ということで、11日目の勝ち越し者はゼロ。翌12日目にようやく2人、勝ち越し者が出たものの、その1人だった旭秀鵬は、残り3日間を全敗(悲)。 そんな紆余曲折を経て、最後は何と、9勝5敗の錦木と安美錦が直接対決で雌雄を決するという、ある意味、最高の千秋楽になりました。

私は、こうなったら安美関に勝ってもらいたいなあ、と思いましたが、(当ブログともいささか関わりがあったのでね、)しかし、取り直しの末、錦木が、勝利と十両優勝とを手中に収めました。 因みに、安美関が勝っていたら、十両優勝の最年長だったそうです。 幕下優勝の大岩戸と併せて、2つの最年長優勝が同じ場所で見られるところでしたが、まあ、仕方ないですね、勝負の世界ですから。

こうして、大混戦の十両は、2ケタ勝利が錦木のみ、という結末になりました。 もちろん、錦木の優勝自体は「おめでとう」と言っていいと思います。先場所まで連続6場所、幕内を張っていただけのことはありました。 ただ、前にも書いた通りで、本当はもっとハイレベルな優勝争いを見たいんですけどね。

来場所はどうやら、英乃海の実弟でホープの岩崎というのが新十両になりそうなので、新風を巻き起こしてほしいと期待したいところです。 と同時に、当然、兄貴のメンツで英乃海とか、岩崎と日大で同期の大奄美とか、もちろん他の力士たちも、負けじと切磋琢磨して、次こそは、12勝以上の優勝者として名乗りを上げてほしいと思います。 なお、しのぎを削ったら星をつぶし合って低レベルの優勝になる、とかは言わないで下さい(笑)。

そうそう、このような団子状態の星取になったので、明らかに幕下陥落と言い切れる力士が貴源治1人しかいないという事態に。 「これは、幕下の好成績力士で、割を食う人が出てきそうだなあ」と心配していたところ、幕下上位の成績もさほどでは無かった(苦笑)。 西5枚目志摩ノ海の5勝2敗は、場所によっては昇進できる星なんですけどね。 (西筆頭希善龍の4勝3敗ではちょっと難しいか。) むしろ、旭日松が陥落の憂き目に遭いそうな雰囲気で、少し気の毒…

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~

こんばんは。

分かりづらかったですか。申し訳ありませんね。
確かに、データに着目して読むと把握しづらかったかもしれません。

まあ、文章の中にデータをちりばめた感じになってますのでね。
私としては、流れよく筆が進んで、そこそこ満足してはいましたが…
今後の参考にさせてもらいます。

あと、私が思うに、例え10勝5敗の優勝でも、優勝することには価値があります。
本文にも書いた通り、ハイレベルな優勝争いを見たいけれども、優勝そのものはやっぱり目出度いんですよね。
優勝インタビューを受ける錦木も嬉しそうでしたしね。

そもそも、優勝するチャンスを得て、それをモノにすることは、見た目ほど簡単なことではないと思います。
なので、仮に来場所も11勝以下の低レベルな優勝成績だったとしても、それに価値が無いとは全く思いません。
その点では、全く逆の意見ですね。

とはいえ、同じ優勝ならレベルが高いに越したことはないので、来場所の十両にも注視しようと思います。

とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~

データーが細かくてわかりにくい。ただいえる事は来場所12~13勝の優勝力士がでないと価値がないということです。

こんな記事も読みたい

2017年5月場所終了時のレーティング【konakalab】

17.5.28 白鵬が強いと相撲は面白い【巨人を見る】

白鵬1年ぶりの復活優勝【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保前監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:206
  • 累計のページビュー:1533273

(09月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss