ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.気付いちゃったもんなあ(笑)

2017年5月23日、火曜日。

仕事を終えての帰り道、いつものように、スマホで大相撲の取組結果を見ていたのです。 白鵬が高安を破り、日馬富士と共に全勝をキープし、1敗は無く、稀勢の里が敗れ、照ノ富士が勝ち越した、などと、ひとつひとつ確認していました。 そして、十両の取組結果に移ったのですが…

そこで気付いてしまったのです。 気付いてしまったので、これは書くしかない!と思ったのです。

2.空前絶後?の珍現象

夏場所は、10日目を終えました。 この時点での、十両力士の成績をご覧下さい。

まずは東方。

佐田の海 6勝4敗 千代丸 5勝5敗 臥牙丸 6勝4敗 錦木 6勝4敗 英乃海 5勝5敗 千代皇 6勝4敗 朝乃山 5勝5敗 青狼 5勝5敗 千代鳳 6勝4敗 力真 4勝6敗 照強 3勝7敗 竜電 7勝3敗 誉富士 6勝4敗 明生 5勝5敗

何となく、言わんとしていることが分かるのでは?

続いて西方。

大砂嵐 1勝9敗 旭秀鵬 6勝4敗 旭大星 5勝5敗 山口 5勝5敗 東龍 5勝5敗 剣翔 5勝5敗 大奄美 5勝5敗 安美錦 5勝5敗 琴恵光 5勝5敗 天風 4勝6敗 里山 5勝5敗 北太樹 6勝4敗 旭日松 5勝5敗 貴源治 3勝7敗

改ページで見えづらくなってたらごめんなさい。

さて、幕内は、2横綱が10戦全勝です。 十両は、全勝がいません。1敗も、2敗もいません。 そして3敗力士は… 竜電、ただひとりです! (逆に、負け越したのも大砂嵐だけ、3勝7敗も2人しかいないんですけどね。)

いやあ、ひどい、もとい、すごいですよね。大混戦です。 10日目の時点で、5勝5敗が14人! 28人中14人、ってことは、ちょうど5割です。 殊に、西方の7人連続、は壮観ですらあります。 調べたことは無いし、調べるつもりもありませんが、これは間違いなく、前例の無い現象でしょうね。

3.イメージと異なっていた十両優勝成績

ところで、多分、私だけではないと思うのですが、十両って、かなり早い段階から星のつぶし合いが始まって、次元の低い優勝成績になることが多い、というイメージがあります。 いつ頃だったかは忘れましたが、大相撲中継の中でも、十両優勝の成績の低さについて親方やアナウンサーが苦言を述べる、という場面が多かった時期が確かにありました。

そこで、「最近はどうなんだろう?」と思って調べてみたんですが、これが、私的には意外な結果だったのです。

それでは、過去5年あまりの十両優勝力士とその成績です。 なお、四股名は優勝当時のものとし、決定戦だったのか否かは省きます。 調べるの大変なんで(微笑)。

H29年 3月 豊響 10勝5敗 H29年 1月 大栄翔 12勝3敗 H28年11月 佐藤 12勝3敗 H28年 9月 大輝 12勝3敗 H28年 7月 天風 13勝2敗 H28年 5月 千代の国 12勝3敗 H28年 3月 大砂嵐 13勝2敗 H28年 1月 英乃海 11勝4敗 H27年11月 正代 13勝2敗 H27年 9月 松鳳山 13勝2敗 H27年 7月 御嶽海 11勝4敗 H27年 5月 鏡桜 12勝3敗 H27年 3月 富士東 12勝3敗 H27年 1月 北太樹 13勝2敗 H26年11月 時天空 12勝3敗 H26年 9月 栃ノ心 15勝0敗 H26年 7月 栃ノ心 13勝2敗 H26年 5月 逸ノ城 11勝4敗 H26年 3月 豊真将 14勝1敗 H26年 1月 千代丸 13勝2敗 H25年11月 千代鳳 13勝2敗 H25年 9月 照ノ富士 12勝3敗 H25年 7月 遠藤 14勝1敗 H25年 5月 琴勇輝 13勝2敗 H25年 3月 旭秀鵬 12勝3敗 H25年 1月 貴ノ岩 12勝3敗 H24年11月 佐田の富士 14勝1敗 H24年 9月 常幸龍 11勝4敗 H24年 7月 千代の国 11勝4敗 H24年 5月 玉飛鳥 12勝3敗 H24年 3月 皇風 12勝3敗 H24年 1月 千代大龍 13勝2敗

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~

rannokaikasaihonten さん

こんばんは!ようこそお越しくださいました。

そうですか!
お気づきでしたか。世間は広いですなあ。
尤も、この話題でスポナビブログに記事を載せてしまう人間は、おそらく私くらいのものでしょうけど(笑)。

12日目を終わって、8勝4敗が2人、という状況に変わりましたね。
確かに、8勝7敗で11人、とかになったら楽しいけれど、さすがにムリでしょうか。

ただ、なったらなったで、若者頭さんは大変でしょうね。
くじを用意するだけでもひと苦労しそう。
それに、力士たちも西へ東へと右往左往したりして。
想像すると、ちょっと面白いですね。

最後に、同じコメントが2重投稿になってましたので、片方は削除させていただきました。

では、またよろしくお願いします。
コメント、ありがとうございました!

(追記:私のコメントに1ヵ所書き間違えがあったので、差し替えました。)

なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~

れれさん

情報、ありがとうございます!

そんなことがあったんですか。さすがに記憶にありませんでした。
そういえば、幕下で7人ってパターンがあったはずですが、十両とは定員数が違いますからねえ。
確かに、理事長としては苦言のひとつも言いたくなるでしょうね。

コメント、ありがとうございました!

なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~

過去2001年7月場所に9勝6敗で8人の優勝決定戦をやったことがありますが(優勝は武雄山)、当時の時津風理事長が「優勝に値しない」とその低レベルに苦言を呈したことがありました。

見てる方は面白いかもしれないですが、協会としては歓迎すべき事態ではないんでしょうね。

なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~

コメント失礼いたします。
自分もきずいておりました一人です。

ある意味面白いというか
このままドングリの背比べ的に言って
8勝7敗で決定戦になってもらいたいですね。

何人の決定戦になるか見ものですが…
ありえないかな?

失礼いたしました。

こんな記事も読みたい

【白鳥城の騒霊】けいこ不足を幕は待たない。勝負はいつでも初舞台。~小柳改め豊山の連敗と低迷アルビがダブルで~【白鳥城の騒霊】

琴奨菊と豊ノ島。現役続行と引き際の美学を考える。【幕下相撲の知られざる世界】

そりゃワシも年を取るわけですわ。 ~定年間近の親方たち~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保前監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1547929

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss