ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

そりゃワシも年を取るわけですわ。 ~定年間近の親方たち~

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月19日、金曜日。

夕方、仕事の息抜きのためにテレビのある場所に行ったところ、たまたま、大相撲夏場所の中継が映っていまして、これもたまたまなのですが、放送席の友綱親方が場所後に定年を迎える、ということを知りました。 私は、「ああ、魁輝ももう定年なのか…」と、しばし感慨にふけりました。

そして、友綱親方の生年月日である「昭和27年6月12日」が、テレビ画面の字幕に表示されたのを観て、もうひとつ、別のことに気が付きました。 「ああ、そうだ、花のニッパチも、来年が定年なんだな」と。

様々なジャンルで、なぜか優秀な人材が多く集まる年次、というのがありますが、相撲界でも、昭和51年生まれ(栃東(大関)、千代大海、琴光喜、若の里、高見盛など)、昭和38年生まれ(いわゆる「サンパチ」。北勝海、双羽黒、小錦、寺尾、琴ヶ梅など)、といった辺りが有名です。 しかし、我々の世代がまず最初に認知したのは、やはり「花のニッパチ」と呼ばれた昭和28年生まれの世代、ということになるだろうと思います。 すなわち、北の湖、若乃花(三代目)、麒麟児、大錦、金城(栃光)といった面々です。 彼らは、昭和40年代終盤から50年代にかけて活躍し、当時ちびっこだった我々には、深く印象に刻まれている、というわけです。

そんな、子供心に胸をときめかせた「ニッパチ」の面々が、来年、相撲界を去ってしまいます。 尤も、今は再雇用制度があるので、定年以降も、改めて角界で活躍されるのかもしれないのですが。 でも、とりあえずはひとつの区切り、を迎えることになります。

ただ、残念なことに、先に挙げた5名のうち、無事に定年を迎える(であろう)方は、麒麟児の北陣親方と、大錦の山科親方、の2人しかおられません。 金城は、角界に残ることなく(当時の言い方では)廃業し、15年前に亡くなられたそうです。 若乃花の間垣親方は、病気の影響などがあって、定年を待たずに退職されました。 そして、理事長を2度務めた一代年寄北の湖は、ご承知の通り、一昨年、理事長職のまま亡くなられました。 個人的には、金城については正直言ってあまり覚えていないのですが、他の4力士については、それぞれの風貌が思い浮かぶ方ばかりでした。

ということで。

まもなく定年となる魁輝、そして、麒麟児、大錦。 自分の少年期に活躍した名力士たちが、定年を迎える年齢になったんですね。 そりゃ、ワシも年を取るわけですわ(笑)。

今回は「たまたま」を活用して、こんな記事を書いてみました。 場所中なので、場所について書くべきなのかもしれませんが、観れていないのでそれは無理です。 まあ、稀勢の里とか白鵬とか、放っといても誰かが書いてくれますしね(微笑)。

最後に、上記以外でこの2~3年のうちに定年を迎える親方を一覧して、この記事を終わることにします。

武隈親方(蔵王錦) 2017年 9月 2日 大山親方(大飛) 2017年10月15日 楯山親方(玉ノ富士) 2019年11月23日 ※再雇用 荒汐親方(大豊) 2020年 3月28日 高砂親方(朝潮) 2020年12月 8日

あの大ちゃん(長岡のことね)も、3年後なんですね。しみじみ。 なお、データの出典はウィキペディアでした。 では、この辺で。

最後までお読み下さった皆様、ありがとうございました。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

そりゃワシも年を取るわけですわ。 ~定年間近の親方たち~

tokoyama さん

ご来訪、ありがとうございます。

文面から、ニッパチと近い学年の方かなと思いました。
もしかして、本当の床山さんでしょうか?(微笑)
来ていただいただけでも嬉しいですが、もしそうだったら、もっと嬉しいです。

因みに私は、琴の若や琴錦、湊富士、大至などと同じ学年です。
皆、面識はありませんが(笑)。

前に「大相撲トーナメント」について書いたときも思ったのですが、想い出に残る力士って、1人には絞れなくて、沢山の力士が記憶に上りますよね。
この記事がそういう諸々を想い出すきっかけになったみたいで、書いた甲斐があったなあ、と思っています。
どうもありがとうございます。

私は多分、相撲の記事については、こういう内容のものが多くなるだろうと思います。
書く頻度は少ないと思いますが、そのときはよろしくお願いします。

それではまた。

そりゃワシも年を取るわけですわ。 ~定年間近の親方たち~

懐かしい記事ありがとうございます。
私も同じ世代です。金城はすごく好きな力士でした。体がやわらかくて、ものすごい素質を持った力士で、私はきっと大関横綱になると思っていました。負けた時体がえびぞりになって、こんなに体が柔らかいのかってびっくりしたこともありました。
友綱親方も、私にとっては西野くんです。西錦に改名した時は、変な名前になっちゃったなあって思いました。
蔵玉錦の名前が読めずに、勝手に「くらたまにしき」と呼んでいた子ども時代も懐かしく思い出されます。
あの頃の力士が若くして亡くなっているのは悲しいです。
千葉くんこと、北天佑も亡くなっちゃったなあ…。

こんな記事も読みたい

稀勢の里はどう生きるか【スポーツ観戦やぶにらみ】

【大相撲】誰が何と言おうと、金星は「配給」されるものなのだ。【西の落伍家】

朝潮以降の大卒で大関以上になった力士の数、知ってる?【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:27909
  • 累計のページビュー:1439051

(05月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. 今さらですが有馬記念寸評2016
  6. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 年度代表馬について考えてみた
  9. 寿人が移籍するなんて誰が決めた? ~移籍情報との付き合い方~
  10. 腰が引けてちゃ勝てないよ ~清水戦レビュー~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss