ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

歓喜と暗転、そしてファンサポの力 ~仙台戦レビュー~

このエントリーをはてなブックマークに追加

0.まえがき

常々書いていることなので言うまでもないのですが、私のブログは私の意見で出来ています。

私の場合、過去3年間に頂いたコメントで、独自の着眼点を褒めていただいたことが何度かあったはずですが、別に奇をてらっているつもりはなく、本人は結構、考えたことを素直に書いているつもりなのです。

そして、当然のことながら、他の人と考えが重なる場合もあれば、異なる意見になる場合もあります。

例えば、「4本目の矢 ~サンフレへの提言~」でおなじみの supersabui さんとは、彼の最初の記事や赤いチームのプレビューなど、互いに非常に近い着眼点で意見を発表したことがある一方、浅野の育て方(笑)について少し方針が違ったこともありましたね。 (最近ご無沙汰ですが、忙しいんですかね。)

さて、現時点(*)で様々なブログやコラム、ツイートなどが出ていて、そのいくつかを読んだのですが、何と、かつて私の記事にコメントして下さった方が、私とほぼ同様の見解を書いておられたのです。しかも、2人も!

それじゃあレビューは書かなくていいな。 という訳にはいかんので(笑)、予定通り、「私の独自の意見」なるものを書かせていただくことに致します。

(*)2017年4月25日0時頃のことです。

1.まずは1つのことを願って

2017年4月22日、土曜日。 約1ヵ月ぶりにテレビ中継で観ることができる、サンフレッチェの試合。 相手は、ベガルタ仙台。

勝ち点差の関係で、勝っても降格圏に留まるこの試合。 相手も3連敗で止めたいと必死で戦ってくるはず。簡単ではありませんが、願うのは、まずは1つ、でした。

なお、NHK地上波中継の解説は、まさかの名良橋晃さん!でした。

2.懐かしの顔たち

さて、いま「ベガルタ仙台」と聞いて真っ先に思い出すのは、石原直樹が今期からプレーしているということ、です。 浦和に移ってからケガなどにより出場機会が減少したため、直樹と試合で対するのは、広島退団以降では確かまだ2回目だったと思います。 もちろん、敵に回すと怖い選手。 ただ、個人的には、やはり直樹の雄姿を再びビッグアーチで観られるのは、大変嬉しいことでした。

そして、翌23日がサンフレッチェ広島の設立日ということで「25周年記念試合」と銘打たれたこの試合では、さらに懐かしい顔ぶれが花を添えてくれました。 久保竜彦氏、桑原裕義氏、石川大徳氏、そして、何と言っても、セザール(セーザル)・サンパイオ氏! 各々、トークイベントやハーフタイムの場内一周などで雄姿を見せて下さいましたし、サンパイオさんはキックインセレモニーも担当してくださいましたね。

なお、場内一周には浩司アンバサダーも加わっていましたが、1人居ない人が… クボタツ、どこ行ったんや!(笑)

3.メンツは徐々に

何だか当番制でもあるかのように、順繰りにケガで休む人が続いているサンフレッチェですが、この試合で、青ちゃんと千葉ちゃんがスタメンに復帰を果たしました。 また、リーグ戦としてはカシッチもスタメン復帰となりましたし、ミカやチャジといったところも、ベンチまで戻ってきてくれました(ともに途中出場)。

一方、前情報の通り、フェリペ・シウバがスタメンから外れてしまいました。 カシッチとのコンビネーション復活を期待していた私にとっては、残念。 まあ、そのときが来るのを今は待つだけです。

4.平穏な序盤

今期の仙台は、従来の4バックからフォーメーションを変えて臨んでいて、広島とは似たもの同士、というイメージがありました。 その点で言えば、経験値では広島の方が上である、という見方をしていました。

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サンフレッチェ広島
Jリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

歓喜と暗転、そしてファンサポの力 ~仙台戦レビュー~

練馬のくま吉さん

いつもありがとうございます。

実は、FC東京との敗戦後で、少しネガティブモードになっています(苦笑)。
まあそれは置いといて、ここでは、頂いたコメントに関して、返信をさせてもらいます。

広島で生まれ育った人が皆、広島のスポーツチーム、或いは、広島出身の選手を、好んで応援しているわけではありませんよね。
でも、私はたまたま、広島スポーツのDNA(笑)を持って生まれてきたので、カープにもサンフレッチェにも感情移入するし、熱くもなるんですよね。
今日なんかも、失点を重ねるカープ投手陣を憂いてましたし(苦笑)。

仙台戦の話に戻すと、千葉ちゃんやミズ、塩ちゃんなど、歴戦の勇が揃いも揃って為す術なくあの体たらく、だったので、「さすがに腹が立つ」とメモに書いてました。
勝ててないからこそああなるんだとは思うんだけど…
あの局面が「仙台の戦術的勝利」だったとはいえ、せめて同点にされたところでどうにかできんかったかなあ、というのは、今でも思ってます。
(多分、一昨年なら、3点目のようなことはなかったはずなので。)

シバコーについては、おそらく今のサンフレッチェで一番、冷静で落ち着いたプレーが恒常的にできる選手だと思います。
無論、戦術眼も申し分なく、彼だからこそ決めることができたゴールだった、と言えます。

しかし、彼だけしかそれができない、っていうのではまた困るわけですよね。
それに、今シーズンは「走るチームを作る」というテーマがあったので、その意味では、ピッチ上の全員がアレをやってくれないと困るんですよね。
チームの課題である「決定力」を上げることにもつながるので、それこそ練習から取り組んでほしいと思っています。

ちょっとサンフレ批判的コメントでしたかね(微笑)。
負けてるときは、どうしても悪い面ばかり見えてしまう、ということかな。
ただ、開幕直後と比べると、長所も出せるようになってきているとは思うんですけどね。

個人的には、厳しい状況だけど絶望的な状況ではなく、さりとて楽観的にもなれない状況、だと見ています。
なので、リスペクト的な要素は入れつつも、批判するべきところは指摘していきたいと思ってます。
大型連休中でもありますし。
その時はまたよろしくお願いします。

それでは!

歓喜と暗転、そしてファンサポの力 ~仙台戦レビュー~

お邪魔します。

毎度楽しい記事です。
追いつけたのはファンサポの力とは、まさにそうかもしれません。
選手が最後まで諦めずに走る力になっているのは間違いないと思います。

ちょっと、試合の感想等を書かせていただきます。

記事より
“「何しよんなら!」と怒声を張り上げていましたから”

これって結構すごいことだなと思います。

私自身、そんな感情を持てていない(我が事と思うほど感情移入出来ない)のでそう思います。
あの時思ったことは、10分弱で3点とは仙台は底力持ってるな、森保さん顔負けの交代策だな、でしたから。
それと同時に、広島も残り時間で3点、は無理にしても2点取れるか、でした。
(怒りは、引きこもっとるのにやることやっとらんバカタレが、という感じでしょうか…)

仙台戦は結構示唆にとんだ内容で、私は今後にとって良い試合だったと思います。
前半のスローペースから後半の先制、そして追加点と、おそらくチームは「自分たちのサッカー」が出来ていると思っていたのだろうと推察します。

ところが、そこから逆転された。
「甘いな」
誰に指摘されるよりも身に染みる事だったろうと思います。
これが一番良かったことです。
今後の「自分たちのサッカー」の出来を一段上に持って行く契機になると期待します。

そして追加時間の柴崎選手の得点。
これは本当にすごい。
あの時間、彼は守備的な位置で仕事をしていたのに、交代で入った選手でもないのに、ゴール前にいた。
どんだけ走れるんじゃ、と。
しかも、シュートは落ち着いて正確に素早く打ててる。
記事の怒声とは種類は違うけれども、感激のレベルは並ぶんじゃないかと(暑苦しくてすみません 笑)

結果、引き分けに持ち込めたので、結構楽観的に良いレッスンを受けられた試合だったと思っている次第です。


以上、お邪魔しました。
また楽しい記事に出会えますように。

こんな記事も読みたい

J1・J2入れ替え戦の復活について 【J OKAYAMA】【J OKAYAMA ~岡山サッカーの桃源郷へ(スポナビ版)】

旭日旗問題の本質的な問題【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

第925回toto 予想のまとめ【当てtoto】

我慢の時なのか ~第8節ホーム仙台戦~【ピッチに紫の風が吹く】

仙台戦に向けて【全力サンフレ(仮)】

【広島】柏と千葉【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

【ホーム…】這い上がれ【マリノス戦】【紫熊のサンフレ観戦記】

苦言と応援 ~横浜FM戦雑感~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保前監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:157
  • 累計のページビュー:1563871

(12月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss