ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

立ち合い不成立の観点 ~時計の針を巻き戻してみた~

このエントリーをはてなブックマークに追加

0.まえがき

春場所終盤の余韻が様々、未だに根強く残る、この1週間でしたね。

さて、今回はこれから、2017年3月25日の夕方、春場所14日目に時を戻し、「照ノ富士-琴奨菊戦の最初の立ち合い」を見て私が思ったことについて書きたいと思います。 言うまでもなく、照ノ富士が変化を「した」という事実は、まだ誰も知りません。

1.自評価

両者の仕切りの間、私はテレビの音声だけを聞いていました。 時間一杯となり、照ノ富士が最後の塩に向かう辺りからは、映像を目で追っていました。 「琴バウワーを映してくれなかったなあ」と思いながら。

そして、注目の立ち合い。

両者の呼吸が合わず、最初の立ち合いは不成立になりましたが、私はその時、「琴奨菊が遅いなあ」と思いました。 私の感覚では、照ノ富士の動作はさほど速くはなく、それなりにゆったりしていました。 その割には、琴奨菊の方が少し遅れて推移していたので、彼の仕切りの方が遅かった、と判断したのです。

勝負が決した後、花道からのレポートが、照ノ富士の「(琴奨菊が)立とうとしなかった」というような談話を伝えたのを聞いて、「ああ、やっぱりそうだったみたいだな」と、自分の目に少し自信を持ったのですが…

2.四面楚歌?

スポナビブログの、あの時刻以降にアップされた記事、およびコメント欄を、私はすべて調べてみました。 あの取組の最初の立ち合いについて言及していた方は3名。いずれも、「照ノ富士が先に突っかけた」という見解でした。 興味深いのは、照ノ富士ファンの方もその見解を示しているところなのですが、それはともかく、誰も「琴奨菊が遅かった」と指摘する人はいませんでした。

もちろん、わずか3件のサンプルで母集団の傾向を推定するのは無理な話です。 なので私は、「これが世間一般の標準的な見方なのだろうか?」と疑問を持ちました。 そして、先ほど書いた照ノ富士の談話についてウラを取ろうと、今日初めて、スポナビやヤフーニュースの記事を読みました。

すると、読んだ記事、10件近くありましたが、すべて「照ノ富士が突っかけた」と判定していたのです。

果たして、私の目はフシ穴だったんでしょうか…

3.両者への想い、そして信じるべきもの

春場所前、様々な注目点がある中で、私は、琴奨菊が2ケタ勝利を挙げることができるか否か、に最も注目していました。 1場所で大関に復帰できる権利を生かしてほしいな、と思っていました。 なので、12日目、宝富士に敗れて5敗目となったことを知ったとき、私は「何てこった!」と歯噛みしました。

無論、まだ照ノ富士戦が残っていることは分かっていました。 そして、照ノ富士もまた、久々の優勝に向けて可能性を残していました。 そのため、私はそのとき、「照ノ富士にも琴奨菊にも勝たせてあげたいのになあ」という気持ちでした。 いずれ迎えるこの対戦で、どちらが勝っても、嬉しさと寂しさを感じるハメになってしまったんだなあ、と思っておりました。

そういう想いの中で、私は当日を迎えたのです。

だから、このことは断言できるのです。 あの取組で、私が一方の力士のみに肩入れしてはいなかったことを。 厳密には、後の無い琴奨菊の方に若干の情はありましたが、それでも55%-45%ぐらいの違いでしかありませんでした。

もしかすると、私の目は本当に節穴なのかもしれません。 ですが、少なくともあの場面では、「誰が」ということに囚われることなく、自らの観点で立ち合いを分析することができたと思っています。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

立ち合い不成立の観点 ~時計の針を巻き戻してみた~

はあ、そういうもんなんですか。

もしも記者が「琴奨菊が遅い」と思ったら、別に「琴奨菊が立たず」と表現しても構わないんじゃないかと思うんですがね。その方が意味が伝わるから。

マスコミが記事を書く場合の決まりがあって、あなたが言うようにそういう表現になってしまうのかもしれませんがね。
それって周知されているのかな?
少なくとも私は知りませんでした。だから、勘違いと言われてもピンと来ませんね。

まあ、あなたの仰ることを踏まえて、ニュース記事については考慮しないとしてですね。

スポナビブログの3件のサンプルに関して言うと、いずれも「照ノ富士が『ワザと』突っかけた」という文脈でした。
「卑怯だ」とまで断じた人もいました。

本文に書いた通り、このわずかなサンプルを以って、世間一般の解釈もそうだ、とは証明できないわけだけども。
しかし、仮に既出3件の意見の方が主流だとしても、私が「自分の目を信じる」と書いた気持ちは変わらないし、この記事で書きたかったことは正にそこなのですよ。

ところで、あなたは誰ですか?
「名無し」という名前なのかな?
これって、なんかその場限りな感じがして嫌だなあ…
その場限りのつもりなら、コメントID(TCE何ちゃらってやつ)をそのまま使ってくれた方が、私は好きですね。
まあ、個人の感想ですがね。

コメント、ありがとうございました。

立ち合い不成立の観点 ~時計の針を巻き戻してみた~

何か勘違いをなさっているようだけど、相撲の立合いでどちらか一方だけが立ってしまい不成立になった場合、仮に立てなかった方の力士が立ち渋っていたとしても先に立った力士が「つっかけた」ということになるものなんだが。
これはどちらの力士が悪いという話ではなく(実際立合い不成立はどちらの力士にも非がある)、単にそういう表現になってしまうというだけの話。

こんな記事も読みたい

期待を裏切るのが稀勢の里【スポーツ えっせい】

平成二十九年春場所、優勝したのは稀勢の里。【相撲、面白い】

立ち合いの変化について考えてみてほしいこと。【辛口G党の巨人軍改革委員会】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:60
  • 累計のページビュー:1523533

(07月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss