ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

大相撲トーナメントの40年を繙いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

0.まえがき

2017年2月5日、日曜日。 本日、第41回日本大相撲トーナメントが開催されます。

この記事が載る頃にはもう開始されているんですかね。 通常より1週間早い気がするのですが、まあ、それはそれ。 いつもの通り、16時5分からフジテレビ系列で生中継されるので、今から楽しみです。

今年の大会は当然、稀勢の里の土俵に一番の注目が集まるでしょう。 ただ、賞金が懸かっているとはいえ、所詮は花相撲。 優勝なり好成績を挙げるなりすれば、それに越したことはありませんが、仮に早期敗退に終わっても、何らかの烙印が押されることにはならないと思います。 もちろん、このことは白鵬や鶴竜などにも言えることでして。(日馬富士は休場する模様。)

逆に言えば、テレビ中継が始まった早々、「○○(有力力士)は△△に敗れてしまいました!」という実況を聴くのが、ある意味、楽しみでもありますのでね。 とにかく、本場所がリーグ戦なら、こちらはカップ戦。 そういう波乱も込みで、おおらかに楽しむのがいいと思います。

さて、このトーナメントは1977年(昭和52年)に産声を挙げました。 つまり、今年の開催は、大相撲トーナメント40年の節目の大会となります。 ということで、大会の歴史をここで繙いてみようと思います。

なお、力士の地位については、直前に行われた初場所の番付を記すものとします。 最高位とは異なりますので、間違えてコメントしないようにお願いしますね(微笑)。 (出典は主にウィキペディアより。)

1.「2日間で1トーナメント」時代(第1回~第9回)

まず、第1回から第9回までについて。 この時期は、2日間で1つのトーナメントを進行するスタイルでした。当然、初日に負けると2日目には進めません。

第1回は前述の通り、1977年に開催されました。日付は2月6日。 この時、私はまだ8歳でした。 大会は、横綱北の湖と大関三重ノ海の間で決勝が争われ、横綱が面目を保つ初代王者となったのでした。

この時期の優勝者を一瞥してすぐに気付くのが、関脇以下の力士が1回おきに優勝している、という事実です。 すなわち、第2回の玉ノ富士(小結)、第4回の栃赤城(関脇)、第6回の栃光(前頭4枚目)といった面々です。 玉ノ富士や栃赤城は、直前場所で三賞を受賞したように、好調だったのでまだ分かりますが、栃光(金城)に至っては、平幕で負け越したにも関わらずの優勝だったので、当時は本当に驚かれたでしょうね。

実は私、トーナメントについての記憶がほとんどありません。 しかし、玉ノ富士の優勝に関しては、おぼろげながら記憶に残っています。

当時9歳の私にとっても、意外すぎて、大きなインパクトだったのでしょう。 何せ、決勝で勝った相手が北の湖で、本場所で一度も勝ったことがなかったんですから。 勝負が決まった瞬間の、玉ノ富士の戸惑ったような表情が、今でも思い出されます。

2.「総合優勝決定戦」時代(第10回~第26回)

第10回(1986年)以降、大相撲トーナメントは、初日と2日目、それぞれにトーナメント優勝者を決め、優勝者が分かれたときのみ総合優勝決定戦を行う、というスタイルに改められました。(もちろん、2日間とも優勝した力士は、そのまま総合優勝となります。) 理由は調べていませんが、おそらく、前年に両国国技館が建てられたことが理由になっていると思います。

さて、前9回の大会は、すべて優勝者が異なっていました。 トーナメントのジンクスとされていたそうですが、この第10回大会で初めて、2回目の優勝を果たす力士が現れます。 それが横綱千代の富士で、翌11回大会も彼が優勝し、これも初の連覇ということになったのでした。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大相撲トーナメントの40年を繙いてみた

北函オジサンさん

丁寧なコメント、どうもありがとうございます。

なんかすごく感謝して下さり、非常に面映いのですが、私としては、トーナメントが始まって40年ということにたまたま気が付いたので、ちょっと調べてみたくなったという、いわゆる思い付きで書いた記事なので、ちょっと褒められ過ぎのような気がします(照)。

それに、私は単純に好きだから相撲(や他のスポーツ)を観ているので、神事や興行としての一面があることは、知っていても普段はあまり気に掛けることがありません。
むしろ、どちらかというとプロスポーツ(=優勝を目指して取り組む)として大相撲を眺めることが多いんですよね。
なので、応援したい力士、幕内だけでも10人以上はいますが(笑)、彼らには活躍してほしい、勝ち越したり三賞を取ったりしてほしい、という気持ちで、本場所も、大相撲トーナメントも観ております。

それにしても、こうしてコメントしていただけると、色んな考えの人がいることが分かったりして、なかなか楽しいですね。

因みに、私の住む広島では、場所中、NHKのローカルニュースで、郷土出身力士の結果や成績を毎日伝えてくれます。(多分、他の地域でも同じでしょうけど。)
土日とか、観れた時はその都度一喜一憂しております。
広島出身力士も、幕下上位に何人かいますので、豊桜や北桜以来の関取が早く誕生してくれないかな、などと思っています。

返しが長くなりましたが、最後にひとこと書くと、コメントの最初に「本事業に関する~」と書いておられたので、「もしや、関係者?!」と思って、一気に緊張してしまいましたよ(微笑)。

たまにしか相撲の記事を書いていませんが、お読みいただき、改めてありがとうございます。
次の機会がありましたら、またよろしくお願いいたします。
そして、よろしければ、他の記事もお読み頂ければ幸いです。

それでは!

大相撲トーナメントの40年を繙いてみた

ビッグアーチの雪さん、本事業に関する詳細な書き込みありがとうございます。

私は”花相撲”も相撲の一面であり、語る価値があると考えています。だって、相撲は欧米のスポーツとは一線を画し、勝負だけが”相撲”ではないからであります。興業であり、何よりも神事なのですから…。
本稿でこれまでの”大相撲トーナメント”の歴史を詳述していただき、本当にありがとうございました。実は、私はこの行事は”真剣勝負ではないから、見るに値しない”と考えていた者であります。つまり、相撲を単なる勝負事とだけしか捉えていませんでした。しかし、八百長問題発覚以来いろいろと勉強し、”相撲は神事であり、勝負であり、興業である”と学びそのように認識しました。ですから、本事業も大切な事業であり、多くの人が同様に認識しているからこそ国技館が満員になったのだと考えています。

なお、私は北海道函館在住であることから、新横綱稀瀬の里の動向もさることながら、十両の道産子関取”旭大星”と序二段東57枚目(来場所は序の口かな?)であり全力士の年長二位の北斗龍の動向に注目しています。

大相撲トーナメントの40年を繙いてみた

まあそうかもね。

但し、あなたにとって語る価値がないかどうかは、私には全く関係ありません。
私はあくまでも、自分が書きたいと思ったから、この記事を書いているわけでね。
何でも書きゃいいってもんじゃないが、別に、誰かを陥れようとしている訳じゃないし、他者を非難している訳でもないし。

40年の長きに渡り開催が続けられ、決して多くないとはいえ、私の年収に相当しようかという額の賞金や副賞が、優勝者に送られる大会なわけですよ、大相撲トーナメントとは。
余興だろうが何だろうが、優勝すれば嬉しいでしょうよ。
「ミルク代が稼げて良かった」と言った力士がいたような記憶もあるしね。

それに、過去を繙くことによって、玉ノ富士や栃赤城などといった懐かしい名前を見たり書いたりすることもできたし、調査に時間は掛かったけど、なかなか楽しい作業だったしね。

それにしても、「所詮は花相撲」ってことは、確か本文に書いたはずなんだけどなあ…
他人に改めて指摘されなきゃならない謂れはないはずなんだが。

ああ、語る価値がない記事だからちゃんと読んでいないって訳ですね(笑)。

わざわざコメントしていただき、ありがとうございました。

大相撲トーナメントの40年を繙いてみた

本場所以外は「花相撲」、いわば余興です。ケガをしたら元も子もない。語る価値もないでしょう。

こんな記事も読みたい

レーティングから眺める横綱昇進(半世紀分のまとめ)【konakalab】

白鵬杯に見る、相撲協会が白鵬を失ってはならぬ理由。【幕下相撲の知られざる世界】

今から約4年後の大相撲界を予想する【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保前監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1541989

(10月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss