ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ

昔観た試合に出ていた選手が広島にやってきた ~稲垣祥選手について語る~

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.昔観た、あの試合

2008年の大晦日、私は、東京の駒沢公園にある競技場で、全国高校サッカー選手権大会を観戦しました。 当時は東京在住だった私。故郷広島の代表、広島皆実高校の試合を、どうしても観たくなったのです。 相手は、大会の地元、東京代表の古豪、帝京高校でした。

その時、広島に縁の深い高木琢也氏の息子(*)が帝京高校の1年生で、レギュラーとして試合に出ていることは知っていました。 しかし、他の選手のことは、全く知識を持っていませんでした。(皆実の選手についても同様だったですが。)

試合はPK戦の末、広島皆実高校が勝ち上がりの権利を得る結果になりました。 そして皆実高校は決勝で「ハンパない」大迫勇也選手らがいた鹿児島城西高校を破って優勝したので、大会を通して選手の名前も少しずつ覚えていくことができました。 一方、帝京高校の選手の名前は、高木くんを除いては、覚える作業もないまま、私の記憶から消えていきました。

(*)高木利弥選手。現モンテディオ山形。

2.縁とは味なものだなあと思う

2016年12月29日、サンフレッチェ広島のプレスリリースにて、ヴァンフォーレ甲府の稲垣祥選手を完全移籍で獲得、というニュースが発表されました。

噂にはなっていましたが、ここにきての正式発表。 新外国人(フェリペ選手)の獲得や中林の帰還こそ伝えられましたが、(レンタル中心とはいえ)出ていく選手ばかりが目立っていただけに、広島ファンサポが待ちわびた朗報だったと言えましょう。

さて、私は申し訳ないのですが、稲垣選手がどのような選手なのか、ほとんど知っていません。 なので早速、ウィキペディアで調べてみました。 まず、上から順にではなく、甲府入団後の記載を確認。 「フムフム、なるほど、こんな選手だったのか」と得心しながら、目線を上の方に向けました。 そこには、「2007年に帝京高等学校へ進学」という文章がありました。 そして、続きを読み進めると、「(高校選手権の)2008年度大会では自身のPK失敗により初戦敗退」と書かれていました。

「もしや?」と思いました。 「帝京が初戦敗退」という言葉に思い当たるところがあり、「高校サッカー選手権大会」のページを探しました。 そして、確認したのです。

「稲垣があの試合に出ていた」ということを。

その試合というのが、冒頭に書いた、私が観戦した試合です。

あの後、広島にUターンした私は、スポナビブログで記事を書き始め、レビューを通してサンフレッチェの試合を注視するようになりました。 来年以降も、テレビ放送がどうなるかという心配はありつつも、サンフレッチェの試合を観る、という作業を続けていくつもりです。 そんな注視の対象であるサンフレッチェに、8年前に試合で観たはずの(私にとって)名もなき高校生が、いま、主力候補として移籍してくる…

「縁」というものはあるんだなあ、と思いました。 もちろん、面識はありませんし、サッカーチームの選手と、そのチームのファンという関係でしかありません。 それを「縁」などとはおこがましい、かもしれませんが、でも、私は何か、嬉しかったんです。

私は、この「縁」を知ったことで、稲垣祥という選手に、「ただ単に移籍してきた選手」という以上の親近感を持ったのです。

3.いい補強だと思う

ウィキペディアの記述によると、稲垣祥は、 ・抜群の持久力と献身的なプレーが持ち味である ・自身はボランチを志望している などとあります。

運動量の多いボランチ志望の選手、そして25歳という年齢。 サンフレッチェ広島にとっては、将来を見据えた、とてもよい補強だと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
サンフレッチェ広島
Jリーグ
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

昔観た試合に出ていた選手が広島にやってきた ~稲垣祥選手について語る~

funkyclub さん

そうでしたか、城福さんの薫陶を受けていたんですね。
それなら、広島のカラーには合う気がしますね。

さて、青山敏弘は一般的に「フィードの質の高さ」を評価されることが多く、事実その通りなのですが、実は、サンフレッチェ1、走行距離が長い選手で、豊富なスタミナも武器の1つなんです。
つまり、広島で戦うには、そういう資質も実は重要なんですよ。

その意味で、稲垣の加入は本当に大きいと思っています。
ボランチでやっていくなら、運動量や献身性は必須と言って良さそうですが、稲垣はその素地を持っているようですからね。
期待が高まっています。

逆に、甲府にとっては、funkyclub さんが仰る通り、残念な移籍ですよね。
少し心苦しい気もしております。
でも、オファーを受けて来てくれたからには、広島での活躍をぜひとも期待したいです。
甲府ファンサポの方々にも、彼を忘れず、見守ってほしいと思います。

コメントありがとうございました。
またよろしくお願いします。

昔観た試合に出ていた選手が広島にやってきた ~稲垣祥選手について語る~

mizuha0407 さん

ファンサポなら、そういう想いはあるでしょうね。
よく分かります。
(私らも寿人に対して、そんな想いを持っていますから。)

但し、最後に甲府に戻るかどうかは、カシッチの考えひとつですね。
正直、近い将来は難しいんじゃないかな、と思いますが…
ただ、移籍の経緯、甲府への感謝の念から考えると、遠い将来なら可能性はあるでしょうね。

代表の話については同感です。
呼ばれないのは、単に巡り合わせの問題ではないでしょうか。
私の考えでは、「3バックのアウトサイド」が適材適所すぎるので、4バックの戦力として考えられていないのでしょう。
代表が3バックを採用すればすぐにでも合宿に呼ばれるだろう、と踏んでいるのですが。
まあ、これも運ですね。

稲垣については、本文の通り、まずは広島で競争に勝たなければなりません。
3年契約、だそうですが、満了できる保証はないので、彼の努力が不可欠だと思います。

リーベル戦の記事、先程読ませて頂きました。カシッチを評価しておられるのですね。
それだけの価値がある選手だと、私も思います。

コメント、ありがとうございました。
また是非お越しください。

昔観た試合に出ていた選手が広島にやってきた ~稲垣祥選手について語る~

稲垣選手はFC東京ユースに在籍していた事から城副監督に憧れて甲府に入団して来ました。
今年の最終戦前の他のサイトの記事に、やはり本職のボランチでプレーをしたい意思がヒシヒシと伝わって来てもしかしたら移籍するんちゃうかとは思っていました。
彼は甲府の選手の中で運動量は一番。キャンプの持久力測定でNo1。
広島でもっと能力が開花するのは楽しみではありますが、甲府としては残念。

昔観た試合に出ていた選手が広島にやってきた ~稲垣祥選手について語る~

柏に関しては最後は甲府に返してねって思ってます。割とマジで。
本来そういう選手にするつもりだったはずなんですが思った以上に良い選手過ぎたのでさらなる活躍を期待して広島にお貸ししてると思ってます。
今すぐにでも代表でみたいなと思って1年くらいたちますがなかなかお呼びがかからないなぁとおもうとりますだ。

京都から呼び戻した堀米も地元枠なんですが、どっちかというと彼は10番で、「甲府の7番」は彼に次いでもらいたいと思い続けてます。後継者としていろんな意味で出来すぎですので。

こんな記事も読みたい

中スポ紙「田口、退団決定的」記事に感じる違和感【でぷスポ13号館】

長居は行けぬが、きっと勝つ(天皇杯準決勝・鹿島戦 展望)【2016年、中村俊輔がシャーレを掲げる】

【閑話休題・20】完全制覇まで、あとどれくらい?(Jリーグ編)【55キロのぶらり旅 ~スポーツ観戦編~】

【天皇杯】旅の終わり ~準々決勝鹿島戦レビュー~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

強者(つわもの)は機会を逃さない。サンフレはどうか? ~天皇杯鹿島戦を前に~【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

今日天皇杯鹿島戦【紫鯨の週報】

広島よJリーグを見せてやれ【にわかフロンターレファンの試合分析】

サンフレに関する妄想【紫鯨の週報】

ブロガープロフィール

profile-icontacker

森保元監督と同学年(面識はない)。広島在住のスポーツファンです。

自分のカラーを出しつつも、いいブログの長所は取り入れ、ハテナなブログがあれば他山の石として、明るいブログにしたいと思います。

※基本、敬称略でお送りしています。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1580302

(01月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 今さらですが有馬記念寸評
  2. なんか十両がとんでもないことになっとる! ~10日目終わりに気付いたこと~
  3. キタサンブラックは間違っていなかった ~宝塚記念雑感~
  4. 今さらですが有馬記念寸評2015
  5. とんでもない十両、その後。 ~夏場所を終えて~
  6. 今さらですが有馬記念寸評2016
  7. 日本ダービーと青葉賞の違いを考えてみた ~個人の感想です(笑)~
  8. 大相撲トーナメントの40年を繙いてみた
  9. 2017年日本ダービー 備忘録的コメント
  10. 年度代表馬について考えてみた

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss