泥だらけ巨人ブログ

【泥だらけ巨人軍】首位発進!由伸巨人が強い理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

満員電車の中、偶然に空いた席に座り、ふぅと一息。 朝7時の午前中では一番混むだろうこの時間には、まだ買ったばかりで着なれていないスーツを着た新・社会人がいた。そうか、もう4月…新しい1年が始まったなと感じる今日この頃。

野球界は、セ・リーグの監督が全員40代という異例の若さで牽引する。

監督が3人変わった。これまでの世代から新しい世代に移り変わる--プロ野球の大きな転換期になるだろうこの1年、スタートダッシュを決めたのは、読売巨人軍だった。

ーー新生・由伸巨人 プロ4年目となる菅野が、エースのピッチングを見せて開幕勝利。そこから怒濤の勢いで勝利を重ね、新人監督としては最多となる4連勝を飾り、3カードが終了した時点で首位に立っている。 そんな新生・由伸巨人を語る上で欠かせいのは、去年光を浴びることのなかった打撃陣だろう。 新加入したギャレット・ジョーンズ、ルイス・クルーズを中心として積み上げたホームランは両リーグでトップだ。(4月7日時点)

監督と共に、コーチ陣も一新された今シーズン。数々の名打者を育て上げた名伯楽・内田コーチの影響は大きいものがあることは明白だ。

しかし、それ以上に筆者が取り上げたい由伸巨人の特徴がある。

それは、各打者に徹底された『積極性』だ。

今シーズン、巨人の各打者はとにかく積極的に打つ。1球目からスイングを繰り出すその様は、天才・高橋由伸を彷彿とさせた。 その大性として、三振の数も増えたが、そこには目を瞑ろう。

ファーストストライクから振っていく。そこでタイミングを取ることで、2打席目以降のタイミングが取りやすくなる。

あるインタビューで、選手由伸はそう語っていた。

加えて、ファーストストライクを振るということは、相手投手は容易にストライクを取ることを躊躇うようになる。

また、三振が多くなったと先程記述したが、三振を恐れなくなった、とも考えられる。

三振を恐れない強気なバッティングで、巨人軍伝統の打ち勝つ野球が、今年は久し振りに見れるかもしれない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
泥だらけ巨人軍
タグ:
巨人ファン
プロ野球
読売巨人軍
巨人
野球

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

勝ちやすい投手と負けやすい投手【虎一喜一憂】

《マリーンズ》ヒジョーに嬉しいアジャのホームラン【南大阪に吹くマリンの風】

今シーズン貴重な!?完敗の試合を観戦【一生涯阪神ファンの想い】

首位陥落の危機を救う圧巻の完封劇【巨人 大鵬 卵焼き】

4/6 巨 3-0 阪 → エース同士で1勝1敗 見応えのある好カードになったなぁ!【ジャイアンツ愛・いやそれ以上!】

【巨人vs阪神 第2回戦】六甲おろし、今日は1度も響かず!~菅野の完封ショーでジャイアンツ、勝利!【孤独のプロ野球】

【読売三塁遊戯】村田修一「ベタでいこうぜムラタさん」【プロ野球死亡遊戯】

ジャイアンツ 菅野 真のエースの「背中」。【YGマークを追いかけて・・・】

ブロガープロフィール

profile-icontachibana_giants

巨人についての記事とかを書きます。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:8812

(11月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【泥だらけ巨人軍】巨人ファンよ、腹を括ろう
  2. 【泥だらけ巨人軍】首位発進!由伸巨人が強い理由とは

月別アーカイブ

2016
04
03
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss