Viva La sports

日本代表の課題を解決できる柴崎岳の成長

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、リーガのプレイオフを戦っている柴崎を見てると、確実に戦える選手になっている。

まず守備。 奪い切る事ができるし、 奪われても即座に奪いにいき、 キープもできるから、 縦に速いテネリフェのサッカーに順応している。

しかも、昇格ギリギリの戦いをしてる事で経験値が上がる。

さらにJリーグでの軽いプレーもなく、ミスをしたら即座に自分で取りに行く。 Jではそこまで必死ではない。 なぜなら、プレースピードが遅いからだ。

だが、リーガは違う。二部だろうが、 スピード感は違う。 だからこそ、切り替えが速くなる。

二つ目に自分が点を取る意識。 常に何か起きる位置に入れるようになっている。 もともと視野が広いから、 ポジショニングが絶妙である。

さらにシュートに行く意識が強くなっている。特にミドル。 打てる時には迷いなく、 打つ。 これは本当に変わった部分で、 迷いがない。

そして、柴崎の成長が日本代表の弱点を補強する。 それはプレーメーカー不足である。 香川が怪我をした結果、 ゲームが作れる選手がいなくなった。

今のセンターハーフの能力は、 パス能力はもちろん、トラップから前に向く引き出しを如何にたくさん持つか、さらに運動量と切り替えの速さが求められる。

そう考えると、柴崎の能力は合致する。そもそも香川はプレーメーカーでないのだから、香川を活かす意味でも起用はするべき案件だ。

オーストラリアは必死でくる。 こういう修羅場を経験した柴崎はうってつけな選手だと思うのだが。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

攻撃についてはかなり手強そうなオーストラリア。 【 ドイツ vs オーストラリア 】【FCKSA66】

天皇杯らしい一戦〜湘南vs国士舘大学(6月21日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

イラク戦選手評価 【 長友佑都。酒井宏樹。昌子源。吉田麻也。川島永嗣。倉田秋。今野泰幸。酒井高徳。 】【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-icontabubu

元音楽ライター、現在デザイナーの
異常なスポーツ好きが語るコラムです。
50万もの方に読んでいただいて、
本当にありがたいです。
サッカーはバルサが好き!
新婚旅行もバルセロナ。
けど、やっていたスポーツはバスケット。
ジャンルレスのコラムです。
※間違い等はないようにチェックしていますが、
あったら、許してください。
  • 昨日のページビュー:47
  • 累計のページビュー:2418418

(07月12日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 引き分けは妥当だが、AFCにはモノ申す
  2. イラク戦にみるアギーレの采配力
  3. 常勝の空気すらある日本
  4. マンUが王者ではなくなった理由
  5. 日本の総合力が浮かび上がったブラジル戦
  6. 今のミランは、チームでない
  7. 田中陽子に釘付けです。
  8. 香川のライバルは、チャチャリートとウェルベック
  9. 香川にはシルバのような選手になってほしい。
  10. デシャンが日本戦でやりたかった事

月別アーカイブ

2017
07
06
05
03
2016
12
11
10
09
08
05
03
01
2015
12
10
08
07
06
01
2014
09
08
07
06
03
01
2013
11
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月12日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss