Viva La sports

日本サッカーの総合力が優ったゲーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本は不動のキャプテン長谷部がいない。 UAEも日本戦2得点のハリルがいない。 お互いに怪我人はいる状況で、 何が勝敗の差になったか?

それは日本サッカーの選手層の厚さであり、経験値の高さだ。 今野のポジションの良さは素晴らしかった。それが二点目に繋がったし、守備でボール奪取率が確実に上がった。そして吉田の相手が迷ったら、スッーと体を入れ替え、ボールを奪う技術は、何度なくピンチを救った。

さらに香川はボールを落ち着かせる事ができ、大迫は体を張り、隙あらば前を向く。久保はサイドから仕掛けた結果の1ゴール1アシストである。

一方、UAEはオマルがマークされた結果、ボランチまで下がり、リズムを作ろうとするが、下がり気味になった分、ゴール前の迫力がなくなった。さらに孤立し始め、結果、ボールを捌き続けるしかない。ハリルがいたら、2人で仕掛けられたが、それが出来なかった。

この差は日本の総合力である。 これは長年、育成してきた日本サッカーの経験値であり、海外で活躍してきた選手の成長である。海外に行けば、自分より上手い選手は腐るほどいる。ならば、何処で差をつけるか?

それは勝つために何をするかを考える事が出来るかだ。 良い例が原口だ。 今の彼は上手いだけではない。 運動量と切り替えの早さは天下一品だ。それが彼がチームで活きる方法だった。

久保も成長した。昔は技術に頼っていたが、体を張れる選手になった。大迫もしかり。 戦えるか否か。ハリルホジッチが言い続けた言葉を体現できる選手が今回のUAE戦のスタメンだった。 それをできる日本の選手層の厚さであり、強さであった。その差を埋める事は簡単ではない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ロシアワールドカップ アジア地区最終予選 UAE対日本【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ハリル・ジャパンUAEで初勝利【スポーツ えっせい】

負けられなくて、勝ちたかったアウェーで勝利。【燃えドラ】

黒田博樹投手から後輩選手へのメッセージ 『1年1年を大事に』【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

未来のスター選手を占う? 「高卒一年目選手」の二軍成績比較【でっかい花道がどーーーーん】

ハリルホジッチ vs 日本サッカー【バンザイサッカー】

アフリカ野球の歴史的挑戦:西アフリカ選抜軍対高知ファイティングドッグス(7月24日高知市営球場)1【阿佐智の「アサスポ・ワールド・ベースボール」】

川崎・浦和・広島の3―6―1が日本でしか成し得ない理由~ベーシック編~【キキアシワアタマ】

ブロガープロフィール

profile-icontabubu

元音楽ライター、現在デザイナーの
異常なスポーツ好きが語るコラムです。
50万もの方に読んでいただいて、
本当にありがたいです。
サッカーはバルサが好き!
新婚旅行もバルセロナ。
けど、やっていたスポーツはバスケット。
ジャンルレスのコラムです。
※間違い等はないようにチェックしていますが、
あったら、許してください。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2411703

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 引き分けは妥当だが、AFCにはモノ申す
  2. イラク戦にみるアギーレの采配力
  3. 常勝の空気すらある日本
  4. マンUが王者ではなくなった理由
  5. 日本の総合力が浮かび上がったブラジル戦
  6. 今のミランは、チームでない
  7. 田中陽子に釘付けです。
  8. 香川のライバルは、チャチャリートとウェルベック
  9. 香川にはシルバのような選手になってほしい。
  10. デシャンが日本戦でやりたかった事

月別アーカイブ

2017
06
05
03
2016
12
11
10
09
08
05
03
01
2015
12
10
08
07
06
01
2014
09
08
07
06
03
01
2013
11
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss