Viva La sports

今の本田は外すべき。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日のオマーン戦、 大迫の成長が見えた影で、 本田のポジショニングの悪さが 見えた試合だった。 大迫の先制点が一番わかりやすい。

大迫はFWの定跡通り、 ニアに入ろうとして、 ファーに逃げる事でフリーになった。

だが、何故かそこには本田がいた。 あの場面、普通に大迫があの動きをする事は想定できたはずなのにだ。

しかも、何故か本田は中でボールを受けたがった。それが結果として、逆サイドの斎藤のスペースすら奪う。 大迫も試合序盤、スペースを探しに 尽力せざる得ず、ボールを受けれない。

この問題は最初の頃のメッシとスアレスの関係性に似てる。 スアレスとメッシはセンターに来たがるため、メッシをセンターにすると、 スアレスもセンター寄りにプレーするため、メッシのスペースがなかった。

が、スアレスのセンターにして、メッシをサイドにしてポジショニングを入れ替え、基本的にメッシのボールを受けるスタートポジションをサイドにした。

こうすると、メッシがボールを受けた時点では、トリデンテはワイドに広がる分、簡単にボールを受けれる。 あと世界屈指のドリブラーがスピードに乗って中央に進入。 すると、スアレスはクロスするように、サイドに流れる。

こうすると、二人に付いてるマーカーは混乱する。マークを受け渡すのか、 そのまま付いていくのか? この迷いを突き、メッシとスアレスが決定的な仕事をする。

ところがスタート時点で本田が中央寄りにいる事で最初からスペースがない。 しかも、試合勘が悪いせいで、 ポジショニングも悪く、 ボールの受け方も悪いから、 ミスが出る。

大迫の二点目は狙ってなのかは不明だが、清武がサイドから内に切れ込んだ結果、クロスするように大迫が進入。 半身で大迫が受けた結果のゴールだった。

つまり、本田のポジションに清武がいた事で生まれたゴールでもある。 清武と大迫の相性が良いのは、 セオリーの動きができる二人だからだ。しっかりとした型があるから、 ハマるのだ。

だが、今の本田にはそれがない。 不幸なのは、起用法が統一されなかった結果によるポジショニングの悪さなのだ。

セビージャの監督、サンパオリはポジショニングをこだわる選手だ。 ケルンもツートップの関係性を 重んじる。

本田は今、それが出来ていない。 そうなると、サイドは本田てある必然性はない。 本田をセンターで使うなら、 まだ余地があるが、 サイドなら違う選手が良いのではないか?本田に固執する意味が見えない。 それが如実に表れた試合だった。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「今の本田は外すべき。」へのコメント


コメント失礼します。

逆ですよ!!
本田は昨日良かったですよ!
多分相手がもう少しオフェンスに力を入れてくれればもっと分かりやすかったのかなと思いますが。

清武、斎藤との距離感良かったですし大迫の得点シーンも
2人が詰めたことによる得点だと思いますし
事実マークズレてますし。

2点目も清武、本田が起点になりました。
蛍と永木がしっかりボール取ってくれたことも大きいですし
最後の大迫の落ち着きたまらないもんですが
いやぁ昨日の試合で本田が不要となるのはうーん。

ハリルも言ってましたが
私には少し分かりかねますね。

本人も言ってるように
新しいことにチャレンジしてたのも理解できますし
前線に本田、清武は現状外せないかなと。

こんな記事も読みたい

オマーン戦圧勝劇に思う、ハリルJは”V字回復”したのか?【でぷスポ13号館】

サウジ戦の左ウイングは?当たり前だろう誰だと思ってんだ,【キキアシワアタマ】

中盤の守備力の必要性が高くなっている3つの理由。【FCKSA66】

ブロガープロフィール

profile-icontabubu

元音楽ライター、現在デザイナーの
異常なスポーツ好きが語るコラムです。
50万もの方に読んでいただいて、
本当にありがたいです。
サッカーはバルサが好き!
新婚旅行もバルセロナ。
けど、やっていたスポーツはバスケット。
ジャンルレスのコラムです。
※間違い等はないようにチェックしていますが、
あったら、許してください。
  • 昨日のページビュー:413
  • 累計のページビュー:2440947

(09月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 引き分けは妥当だが、AFCにはモノ申す
  2. イラク戦にみるアギーレの采配力
  3. 常勝の空気すらある日本
  4. マンUが王者ではなくなった理由
  5. 日本の総合力が浮かび上がったブラジル戦
  6. 今のミランは、チームでない
  7. 田中陽子に釘付けです。
  8. 香川のライバルは、チャチャリートとウェルベック
  9. 香川にはシルバのような選手になってほしい。
  10. デシャンが日本戦でやりたかった事

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
03
2016
12
11
10
09
08
05
03
01
2015
12
10
08
07
06
01
2014
09
08
07
06
03
01
2013
11
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
02
2011
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss